http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E6%98%A5%E7%94%B7
上原 春男(うえはら はるお、1940年 – )は、日本の教育者、工学者。
特定非営利活動法人海洋温度差発電推進機構理事長。
専門は海洋温度差発電(OTEC)、凝縮熱伝達。
効率的な海洋温度差発電システムであるウエハラサイクルの発明者。
上原氏案のまとめ
 ・地震津波の被害考えると、今の冷却系を修理してもまともに動かない。
  修理にも何倍も時間がかかる。
  そんならカカッと外付けの冷却システムを新規に取り付けたほうが良い
 ・新規冷却系は、遠くに配置すれば良い。
  100メートルくらい離しても問題ない。
 ・この案はずっと早くできる(つまり作業者の被曝も劇的に減らせる)
 ・薬剤注入ですぐに水漏れも止まる、その後に後付けの冷却装置を設置するだけ
 ・垂れ流し汚染水が一日分増えたら、その分処理するのに一ヶ月伸びる
 ・官邸から電話があって、官房長官から図面送れって言われたので、
  設計図送ったけど今までシカトされた

Related Posts

関連記事

Tags: , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)