#Kidnapping 【Sunday of Sept. 17 is the 15th Anniversary of PM Koizumi’s visit to DPRK. Also the 40th. Year since 13 years old girl “Megumi Yokota”had been abducted by DPRK government in Nov, 1977】

Attached below is an English translation of a letter for Kim Jong-un (English translation) from Mr. Shigenobu Kanno, who is the advisor of “Fukushima Branch of Rescue Mission of supporting the Japanese Abductees kidnapped by DPRK”. In the letter Kanno Wrote he claims to Kim Jong-un, saying “Return Megumi-san to us and let her parents to see her, before it’s too late!”. #DPRKabductees #YokotaMegumi #YokotaSakie

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【コラム:山崎ジャーナル】

北朝鮮による核実験やミサイル発射実験に対する国連安保理の制裁決議採択など、朝鮮半島情勢が緊迫の度を深め、日本政府の対応と圧力も厳しさ増す中、明日の9月17日(日)に都内・永田町の砂防会館別館で、拉致問題解決と被害者全員の早期帰国を願う、決起集会『拉致被害者救出を訴える国民大集会』が開かれます。

他方、【 #年内解散 へ与党が準備本格化/公明・山口氏「常在戦場」 】 という「解散風」速報が、本16日(土)にメディアを駆け巡り「風雲急?」を告げた。野党が、敵失や離党ドミノなどで精彩を欠き、野党共闘が危ぶまれる中、自民党と内閣の支持率が回復傾向の今のうちに、解散総選挙に打って出ようとの与党の動きが「官邸主導か?」と報じられた。

今月末の臨時国会開会直後の衆議院「解散風」が、政界に吹き荒れる渦中での国民大集会の開催。「北朝鮮ミサイル危機」がリアルな現実であるなら、今は、政局どころではない情勢のはずだろう。政界が、「解散モード」でドタバタする時期ではない、との国民の不満が聞こえてくる。現在の日本国は、Jアラート=行政から発せられる警戒サイレンが鳴り響き、「屋内・地下室へ避難せよ」と警戒警報が村々、町々に響き渡る、緊急事態下のはずでは?

民間飛行機の飛行は禁止にならない「緊急アラート」発令下で鉄道が停止し、防災ズキンが復活して防災訓練が各地で決行され、その模様を「まるでジョークだ」と海外報道でからかわれる「危機管理モード」下の、ニッポンで解散総選挙…?

危機がホンモノなら、このタイミングでの「総選挙」はないだろう。

それとも、「北朝鮮危機」とは、政界やメディアが扇動する「緊急事態」が創出されただけの、「フェイク」事態であって、大騒ぎするほどのこともない程度の“危機”ということか?

政局優先の、リアルな騒動ではない、ということか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、国民大集会を明日に控え、拉致被害者を救う活動と横田ご夫妻を支える応援を20年間、民間レベルで続けてこられた福島在住の【北朝鮮に拉致された日本人を救出するための福島の会(略称:救う会ふくしま)】の顧問・菅野重信さんが、金正恩宛てに手紙を書かれ、山崎ジャーナルへの掲載を希望されました。

菅野さんと私は、5年来の知り合いです。

2000年以来、月に1度、都内いのちのことば社チャペルにおいて開催されている、「横田早紀江さんを囲む祈り会」に参加する常連仲間として、共に、拉致問題の早期解決を祈ってきました。もちろん横田早紀江さんも毎月、欠かさずご出席され、近況報告いただいています。この会は、今年9月21日に第172回目を数えました。独立主権国家として、40年間も、自国民である拉致被害者を隣国から救出できない現実を、横田早紀江さんは「国家の恥。真に恥ずかしいことです」と嘆いています。

2002年10月の拉致被害者5名の奪還交渉で、帰国のお迎え役をつとめられ、ご活躍した代議士の中山恭子さんとも長年の交流がある菅野重信(かんのしげのぶ)さんのご依頼により、菅野さんが私信として金正恩へ書き送った手紙の英訳の全文を、下記に貼付いたします。

手紙の主旨は、

「新潟で、横田めぐみさんが北朝鮮へ拉致されて今年で40年経ちました。(2002年9月17日の小泉・安倍訪朝と「日韓平壌宣言」から、9月17日で、ちょうど15年)、あなたの父・故金正日氏は“拉致”を認めましたが、あれからちょうど15年。まだ、めぐみさんは帰ってきません。拉致被害者全員を早く返してください!病と闘う、ご高齢のご両親には、一刻の猶予もありません、会わせて差し上げてください。待ちわびる拉致被害者のご両親たちには、もう時間がありません。待てません。お願いします!」。

という、被害者ご家族の悲鳴を代弁する、切なる悲願と、嗚咽の「魂の叫び」の手紙です。

涙なしには読めない、思い詰めた悲壮な手紙です。

この英訳版を、世界配信します。

この、ご高齢のご支援者、菅野重信さんの素朴で熱烈なメッセージを世界中に、1人でも多くの心ある方々にお届けしたい一心で、菅野さんご本人と横田早紀江さん同意のもと、英訳版を「山崎ジャーナル!」に掲載し、同時に外国特派員協会に配信します。

北朝鮮拉致被害者ご家族と、彼らを長年支えてきた、ご高齢のご支援者の切なる声が、どうかあなたの心と、金正恩に届きますように。

祈りと願いを込めて!

max拡散を、どうぞ宜しくお願いいたします。

山崎淑子の生き抜くジャーナル!主宰者、編集長より感謝を込めて。

2017/09/16

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【転載開始】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

20170909 菅野重信氏の手紙.01

 

20170909 菅野重信氏の手紙.02

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Dear Honorable Kim Jong-un,

Chairman of Workers’ Party of the Korea.

Supreme Leader of the Democratic People’s Republic of Korea.

 

With respect, I am honored to have this opportunity to write my first letter to you, Mr. Kim Jong-un.

I am a Japanese citizen and bespoke tailor to be proud of its skill.

We are happy to live now on this planet Earth floating in the universe, with the teachings of “love your neighbor” no matter of what either Eastern or Western world we live, from the old days.

I believe almost 100% of people in every country wishes and is longing the dream coming true of what the united peaceful one village of the Planet Earth.

I have learned enough of what country of Japan had caused enormous damages to your country in the past, and I regret and have been felt so sorry about the history of what Japan have done to your country. And also that there have been not enough compensation to be paid yet.

Presently, as we human living on this planet earth of hundreds of millions of planets floating in the universe, I believe that living in peace is the happiest thing for us all.

 

From the bottom of my heart, I sincerely hope this abduction cases of Japanese citizens, must solve immediately. Megumi Yokota’s father Shigeru is now getting 84 years old, and he has been crying every day saying “I want to see my daughter Megumi, I want to see her”. I’ve also kept thinking of this as well. At least, let his long waited dream come true sooner as “just for meeting her once…” Let him hear her live voice of Megumi over the phone, it will make Megumi to be so happy to hear from her parents.

 

I believe that there is no loss to you, Mr. Kim Jong-un, even if you release all the Japanese abductees who were kidnapped. People of the whole world will definitely admire you because of your the courageous decision.

 

Once to witness of the achievement of your action to release them, it will eventually be a great benefits for both yourself and for the people of DPRK. I believe that your decision will surely improve the peace negotiation and relationship between DPRK and Japan. Remember, your country and Japan are the closest neighbors.

I sincerely wish that the long waited day of when both citizens of DPRK and Japan will make it possible to visiting each other freely very soon.

I sincerely pray for you to make yourself as a successful ruler, and believing in your contribution to create the world peace.

I keep dreaming of to witness the day we’ll be able to meet each other, someday.

 

9 September, 2017 – on the National Foundation Day of

the Democratic People’s Republic of Korea.

 

Yours sincerely,

 

Shigenobu Kanno

2017/09/16

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【転載終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

Related Posts

関連記事

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)