~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本人はこれ以上、米欧系“越境する投資主体”たちが

巧みに仕掛けてくるあの手この手に、“騙され”てはいけない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆騙されない日本勢への最後の言葉

2010.07.28

元外交官・原田武夫の『国際政治経済塾』

マネーのまぐまぐ!

http://money.mag2.com/invest/kokusai/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

日本勢は「騙されない」か?

・・・略・・・

私が読者の方々に訴えかけてきたことはただ一つである。――「日本勢よ、これ以上、騙されるな!」ということである。このコラムでも繰り返し引用してきた マーケットの格言に「アラブ人と日本人がやってきたらば、そのマーケットは終わりだ」というものがある。“情報リテラシー”が相対的に乏しいこれら二つの勢力がやってきたらば、既にそのマーケットは旧聞に属するものなのであって、新規参入ではなく、むしろ「EXIT(=売り抜け)」をすぐさますべき代物に他ならないという趣旨である。しかし、ここでいうアラブ人たちはまだ良い。どんなに“騙され”“奪われ”たからといっても、さしあたっての間は地球の生み 出す錬金術=「原油」がその財布を満たしてくれるからだ。だが、日本人はそうはいかない。日本人にあるのはその「頭」と「体」だけである。戦後日本が必死になって貯めてきた富が“騙され”“奪われ”た先にあるのは、もはやその肉体を使って最低限の富を日々の暮らしのために生み出すことしかできなくなる日本人の哀れな姿しかない。――だから、絶対に日本人はこれ以上、米欧系越境する投資主体”たちが巧みに仕掛けてくるあの手この手に“騙され”てはいけないのだ。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆株価2万円に備えよ! 年明けまもなく、株はぐんぐん上がる・・・・・・株をやる人も、やらない人も 全国民必読

「週刊現代」2014年12月20日号

経済の死角 現代ビジネス 抜粋まとめ

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41440

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○11月下旬、財務官僚と証券会社国債担当者の意見交換会合「国債インナーサークル」

円安が止まらなかった場合に、(日銀)当局にそうした流れを止める手段がない。

 

非常に不幸な物価上昇【ハイパーインフレ】につながるおそれ。

円安の裏にある「日本売り」

 

○12/1、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが日本国債を格下げ。

格下げの理由

「景気後退局面に入った」

「デフレ脱却は困難」

 

安倍総理は「日本経済はデフレから脱却しようとしている」と言うが、

世界の見方はそれとは違う。

 

12/2には、日本銀行がETF(上場投資信託)を374億円購入し、株価を下支え。

 

○マーケットアナリスト・豊島逸夫氏。

海外のヘッジファンドや年金ファンドはすでに日本株から離れ始めている。

 

ドル建てチャートで、日本株市場は140~150ドルの間で株価が上下に動くボックス相場に突入。最高値は年始の株価であり、以降これが更新されていない。

 

○RFSマネジメント・田代秀敏・チーフエコノミスト

世界がアベノミクスの限界に気付いている。

日本株市場は短期筋の「カジノ場」と化した。

 

○11月末、ブルームバーグ記事

中国の株式市場の時価総額が日本のそれを上回り、日本が「世界2位」の座から転落。

中国の時価総額が年始から33%増加したが、日本は約3%減少。

 

日本の株式市場はすでにシュリンク(収縮)を始めている。

 

安倍政権誕生から2年間、ドル建てで見た日本のGDPが、約1兆ドルも縮んだ。

 

○ジャーナリスト・山田順氏

GDP推移を見ると、この20年ほどで米国は2倍以上、中国は10倍以上も成長。

日本は20年間ほぼ横ばい状態を続けてきた上、アベノミクスが始まったここ2年ほどでさらに大きく縮み、いまや日本のGDPは中国の半分にも及ばない水準にまで落ちた。

アベノミクスは日本の経済成長になんの影響も与えず、実は日本経済はドルベースでは衰退を続けているだけ。

 

○在NY投資銀行家・神谷秀樹氏

アベノミクスが始まって以来、4割円安。国際基準で日本人が4割貧乏になったのと同義。

 

国が縮み、国民は貧しくなる—これが世界から見た日本のリアルな姿。

 

景気がよくなったと思っているのは一部の資産家と大企業だけ。

日本人の7割が勤める中小企業は円安の影響でむしろ業績が悪化。

 

○RFSマネジメント・田代秀敏・チーフエコノミスト

「実体を伴わないアベバブル相場を百戦錬磨の海外投資家たちが売り崩す

上げに上げておいた相場を今度は大暴落させ、空売りで巨額の利益を得ようとしてくる。それは’89~’90年にかけてのバブル相場崩壊時に投機家たちがやった手法そのもの。

その時に1ドル=120円だと想定すると155ドルの日経平均株価は約1万8600円。1ドル=130円であれば、日経平均株価は約2万円。このあたりが臨界点

日本売りラッシュが始まれば、日本市場は一気に崩落する。」

 

以上

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , , , ,

1件のコメント on “騙され”てはいけない12/2日銀が株価を下支え【アベノミクスの限界】に世界が気付いている。RFSマネジメント田代秀敏・チーフエコノミスト。日本のドル建てGDPが2年間で約1兆ドルも縮んだ。 アベノミクスで4割円安=日本人が4割貧乏と同義。神谷秀樹氏12/20号・週刊現代。 アベバブル相場を海外投資家たちが売り崩す。大暴落させ空売りで巨額の利益を得ようとする。田代秀敏氏

  1. 名前 より:

    【通貨発行権デモ】(ARTE)
    http://ameblo.jp/arte-geijitsu.....02013.html

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)