~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米国の国家安全保障局は、PRISM』を使って、これらのネット企業の中央サーバーに直接アクセス

MicrosoftYahoo!、GoogleFacebookPalTalkAOLSkypeYouTubeApple

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【プライバシーと民主主義の破壊】

『特定秘密保護法』が施行される日本の近未来

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

The Internet and the mobile phone turned out to be the perfect tools for the surveillance state.

Marcus Ranum said that the United Statesis right now treating the Internet as it would be treating one of its colonies.

インターネットと携帯電話は、監視国家にとって絶好の道具になってしまった。

マーカス・ラナムはと言った。

「アメリカは今インターネットを植民地のように扱っている」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「プライバシーの権利がないなら 真の表現と言論の自由は存在せずしたがって民主主義もあり得ない」

ブラジル大統領ジルマ・ルセフ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

必見!動画集:

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

パイプの煙(反原発) ‏@pipenokemuri  さんのtweet より

ドキュメンタリーWAVE 「監視社会への道~愛国者法とアメリカ」 http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2011031383SC000/?capid=sns002 … 9.11以降米国は「愛国者法」によって監視国家となり、今自由の喪失した国におちぶれた。が笑って人事とは言えない。官僚独裁国の日本も利権の犬マスゴミ記者クラブと官僚も目論む!!

■必見!動画サイト→ http://www.at-douga.com/?p=10068

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆TED日本語 – ミッコ・ヒッポネン: NSAはいかにして世界の信頼を裏切ったのか – 今、行動の時

■必見!動画サイト→ http://digitalcast.jp/v/18641/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

The two most likely/ largest inventions of our generation are the Internet and the mobile phone.//

我々の世代における 最大の発明といえば インターネットと携帯電話でしょう

 

They’ve changed the world.//

それは世界を変えました

 

However,/ largely/ to our surprise,/ they also turned out/ to be the perfect tools/ for the surveillance state.//

しかし多くの人が予期しなかったのは それが監視国家にとって? 絶好の道具になるということです

・・・略・・・

And this here is the infamous NSA data center/ in Utah.//

これはユタ州にある悪名高き NSA の データセンターです

――――――――――――――――――――

■必見!動画サイト→ http://democracynow.jp/video/20120321-1

ユタ州に巨大監視センターを建設するNSA

2012/3/21(水)

Democracy Now!

――――――――――――――――――――

・・・略・・・

And this kind of wholesale surveillance means/ that they can collect our data/ and keep it basically forever,/ keep it/ for extended periods of time,/ keep it/ for years,/ keep it/ for decades.//

このような大規模監視が意味するのは 彼らは集めた私たちのデータを いつまでも保存できるということです 何年 何十年と 保持し続けるのです

 

And this opens up/ completely new kinds of risks/ to us all.//

これは私たちみんなに全く新しい種類の リスクをもたらします

 

And what this is is/ that it is wholesale blanket surveillance/ on everyone.//

すなわち 全個人の 包括的大規模監視です

・・・略・・・

And let me actually quote the president of Brazil,/ Ms.// Dilma Rousseff.//

ブラジル大統領のジルマ・ルセフの言葉を引用しましょう

 

She was one of the targets of NSA surveillance.//

彼女は NSA の監視対象でした

 

Her email was read,/ and she spoke at the United Nations Headquarters,/ and she said,/ “If there is no right/ to privacy,/ there can be no true freedomof expression and opinion,/ and therefore,/ there can be no effective democracy.”//

メールを読まれていたのです 彼女は国連本部での演説で言いました 「プライバシーの権利がないなら 真の表現と言論の自由は存在せずしたがって民主主義もあり得ない」

・・・略・・・

And to quote a fellow security researcher,/ Marcus Ranum,/ he said/ that the United Statesis right now/ treating the Internet/ as it would be treating one of its colonies.//

セキュリティ研究者のマーカス・ラナムは言っています 「アメリカは今インターネットを 植民地のように扱っている

 

So we are back to the age of colonization,/ and we,/ the foreign users of the Internet,/ we should think about Americans/ as our masters.//

だから植民地時代に逆戻りして 我々 外国のインターネットユーザーは アメリカ人を主人として見なければならないのだ」

・・・略・・・

The solution is open source.//

解決法はオープンソースです

 

By building together open, free, secure systems,/ we can go around such surveillance,/ and then/ one country doesn’t haveto solve the problem/ by itself.//

オープンでフリーでセキュアなシステムを一緒に作ることで あのような監視を回避できます 一国ですべての問題を解決する必要はなく

 

It only has to solve/ one little problem.//

それぞれが問題の一部を解決すればいいのです

 

And to quote a fellow security researcher,/ Haroon Meer,/one country only has to make/ a small wave,/ but those small waves together become a tide,/ and the tide will lift all the boats up/ at the same time,/ and the tide/ we will build with secure, free, open-source systems,/ will become the tide/ that will lift all of us/ up and above the surveillance state.//

セキュリティ研究者のハルーン・ミーアの言葉です 「1つの国は小さな波を起こせばいい その小さな波が積み重なって潮流になり 潮流はすべての船を同時に高く引き上げる セキュアでフリーで オープンソースのシステムが作り出す潮流は 我々みんなを 監視国家の上に引き上げるだろう」

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

NSAのネット監視を告発したスノーデンが心情を吐露(香港)

Thu.2013.06.13

カレイドスコープ

http://kaleido11.blog.fc2.com/?no=2149

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

オバマが、NSA(国家安全保障局)が世界的なインターネット監視を行っていることを認めた

エドワード・スノーデンという29歳の元CIAの技術アシスタントが「勇気ある内部告発」。

「米国家安全保障局(NSA)がグーグルやフェイスブックなど、ネット企業9社のサーバーに直接アクセスし、大量に個人データを収集している…

命がけの内部告発をした彼は、果たして「英雄」か、それとも「犯罪者」か。

スノーデンが段階的に表沙汰にする米政府による全方位監視システムの実態。
今後、世界中(日本では危機意識がないのか騒ぎになっていない)で、米政府の秘密性と違法性を糾弾する狼煙が次々と上がっていくでしょう。

問題のネット9社というのは、MicrosoftYahoo!、GoogleFacebookPalTalkAOLSkypeYouTubeAppleの各社。

これらのサービスを利用しなければ、インターネット上におけるコミニュケーション活動を行うことができません。

私たちは、否が応でも、米・国家安全保障局の前に、丸裸にされてしまうのです。

こうした米・国家安全保障局(以下NSA)によるネット監視と個人情報の収集は、政府に協力的な、このネット9社が、それぞれの中央サーバーへの日常的な侵入を許すことから始まっています。

これは、2007年のブッシュ政権時から始まったもので、最近ではAppleが新たに加わっています。

米国が開発した個人情報収集プログラム『PRISM』を使って、これらのネット企業の中央サーバーに直接アクセスして、特定の人物のSNSの個人情報、チャット記録、画像、メール交信の中身、アクセスログの記録はもちろん、携帯電話の通話も傍受しているというわけです。この瞬間も。

「NSAは、自由自在に、あなたの通話を傍受し、アクセスログを収集し、あらゆる行動形態を分析している」と、スノーデンは、事前に接触していた米紙「ワシントンポスト」、英紙「ガーディアン」に、NSA内部から持ち出した機密文書を手渡しながら告発したのです。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆NSA whistleblower Edward Snowden: ‘I don’t want to live in a society that does these sort of things’

Kevin M. Gallagher

https://www.youtube.com/watch?v=5yB3n9fu-rM

【12:34】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2013/06/09 に公開

2,929,376 views on 2014/8/31

http://freesnowden.is/ | http://chelseamanning.org/ | http://justice4assange.com | http://freebarrettbrown.org | http://freejeremy.net | https://pressfreedomfoundation.org/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

暴露:スノーデンが私に託したファイル

作者:グレン・グリーンウォルド
出版社:新潮社
発売日:2014-05-14

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スノーデンの学歴は高卒だが、腕一本でまたたくまにCIAのフルタイムスタッフの地位を得、赴任先のスイスではテクノロジーとサイバーセキュリティについて「スイス一の専門家」と見なされるようになる。

大手メディアが最初に伝えたスノーデン像は「高校を中退した負け犬」「どこまでも孤独な人間」「誇大妄想型ナルシスト」といった非社会性を前面に出したものだった。要するに「こいつは異端である」というレッテルを早々に貼ったのである。

2014/5/18  By nacamici

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 “バウンドレス・インフォーマント”は「全世界の特定人物が発信したメール」や「その人物が誰にいつ電話を掛けたか」などのメタデータをも記録している。電話のメタデータからなにが判るのだと不思議に思われるかもしれない。

しかし、膨大な通話記録をコンピュータで処理するだけで、起床・就寝時間など の生活習慣、安息日などの特定による信仰、友人や取引先の特定、政治・市民活動の状況、病院への通話で健康状態などの個人情報が、瞬く間にリストになって 目の前に現れることであろう。

2014/05/13 成毛 眞

http://honz.jp/articles/-/40445

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆『暴露 スノーデンが私に託したファイル』世界24カ国同時発売−世界最速レビュー

成毛 眞

2014年05月13日

http://honz.jp/articles/-/40445

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

“バウンドレス・インフォーマント”と呼ばれるプログラムが、2013年3月8日から1ヶ月間で世界中から傍受したメールは970億件以上、通話は 1240億件以上だ。なかでもイランやパキスタンなどは140億件を超えている。それどころか、傍受が禁止されている米国内や、技術的に難しいはずの中国 からですら30億件以上のメールと通信データを収集している。もちろん日本も例外ではない。米国企業に勤務した経験がある人物が特定人物として登録されて いてもおかしくはないのだ。

 

この“バウンドレス・インフォーマント”とはNSA(National Security Agency)、アメリカ国家安全保障局が運用している全世界ユビキタス監視システムのことだ。NSAの前身は1949年に設立された AFSA(Armed Forces Security Agency)すなわち軍保安局であり、現在も陸軍大将が長官をつとめる米軍の巨大組織である。職員数は3万人を超え、予算は1兆8000億円を上回ると 言われるが、その実態は明らかにされてはない。

 

“バウンドレス・インフォーマント”は「全世界の特定人物が発信したメール」や「その人物が誰にいつ電話を掛けたか」などのメタデータをも記録している。電話のメタデータからなにが判るのだと不思議に思われるかもしれない。しかし、膨大な通話記録をコンピュータで処理するだけで、起床・就寝時間などの生活習慣、安息日などの特定による信仰、友人や取引先の特定、政治・市民活動の状況、病院への通話で健康状態などの個人情報が、瞬く間にリストになって目の前に現れることであろう。

 

この想像を絶するシステムの存在を明らかにしたのがエドワード・スノーデンだった。2013年6月6日、スノーデンは本書の著者であるグレン・グリーンウェルドと協力し、イギリスの新聞であるガーディアン紙上で、NSAの活動について内部告発を開始したのだ。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【動画×3:国家安全保障局の内幕】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆NSA 国家安全保障局の内幕 第1回 大規模監視プログラムの始動

by tvpickup

2014.8.17(再放送)

http://www.dailymotion.com/video/x23zr64_%EF%BD%8E%EF%BD%93%EF%BD%81-%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E5%B1%80%E3%81%AE%E5%86%85%E5%B9%95-%E7%AC%AC1%E5%9B%9E-%E5%A4%A7%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%A7%8B%E5%8B%95_news

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


NSA 国家安全保障局の内幕 第1回 大規模監視プ… by tvpickup

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆NSA 国家安全保障局の内幕 第2回 内部告発

by tvpickup

2014.8.17(再放送)

http://www.dailymotion.com/video/x23zvc2_%EF%BD%8E%EF%BD%93%EF%BD%81-%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E5%B1%80%E3%81%AE%E5%86%85%E5%B9%95-%E7%AC%AC2%E5%9B%9E-%E5%86%85%E9%83%A8%E5%91%8A%E7%99%BA_news

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

NSA 国家安全保障局の内幕 第2回 内部告発 by tvpickup

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆NSA 国家安全保障局の内幕 最終回 侵害されたプライバシー

by tvpickup

2014.8.17(再放送)

http://www.dailymotion.com/video/x23ziet_%EF%BD%8E%EF%BD%93%EF%BD%81-%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E5%B1%80%E3%81%AE%E5%86%85%E5%B9%95-%E6%9C%80%E7%B5%82%E5%9B%9E-%E4%BE%B5%E5%AE%B3%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%BC_news

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

NSA 国家安全保障局の内幕 最終回 侵害された… by tvpickup

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆『暴露 スノーデンが私に託したファイル』世界24カ国同時発売−世界最速レビュー

成毛 眞

2014年05月13日

http://honz.jp/articles/-/40445

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

これらの文書のなかに数回にわたってMISAWAという単語が登場する。米軍三沢基地である。米軍関係者だけでも1万人以上、下北半島の付け根のこの町には 日本におけるNSAの本拠地があるらしい。スノーデンも三沢基地での勤務経験があり、ここで無人攻撃機がどこかの村を攻撃する映像をみて、アメリカの監視能力に疑問を持つようになったらしい。

 

またこれらの文書のなかにはマイクロソフトからの協力についての報告書もある。2013年3月8日15時に書かれた「SSOニュース−〈スカイドライブ〉の情報傍受がPRISMの標準蓄積通信システムの一部に」という文書がそれだ。この前日からマイクロソフトの〈スカイドライブ〉のデータ収集を開始したというのだ。数ヶ月にわたるFBIとマイクロソフトの協力の賜だと自画自賛する。

スカイドライブとはマイクロソフトの提供するクラウドサービスであり、ユーザーはワード、パワーポイント、エクセルなどのファイルが作れる無料のウェブ・アプリケーションを使うことができる。マイクロソフトはその後スカイドライブをワンドライブに改称しサービスを続けている。

 

さらに2013年4月3日の文書では、マイクロソフト用PRISMの全セレクターをスカイプにも送信開始したことが報告されている。これによって ユーザーがスカイプのユーザーネーム以外でログインした場合でもPRISMがデータ収集することができるようになったというのだ。

・・・略・・・

第4章は「監視の害悪」という見出しが付けられた章だ。おもに過激派メンバーを対象としているとはいえ、「人間狩りタイムライン2010」や「ターゲットの信用を貶める」などというタイトルをもつ機密文書の存在には驚かされる。このなかではハニートラップ、SNS上のターゲットの写真を変更、ター ゲットの被害者になりすましたブログを書く、など現場での工作についての文書も現れる。

・・・略・・・

第5章では第4権力たるアメリカメディアの堕落についてだ。・・・ニューヨーク・タイムズの前編集主幹がイギリスのBBC放送の番組中に「何を公表するべきでないかについて、合衆国政府の指示を得ている」と発言したという記述にはショックを受けた。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆暴露:スノーデンが私に託したファイル

ペーパーバック – 2014/5/14

グレン・グリーンウォルド (著), 田口俊樹 (翻訳), & 2 その他

http://www.amazon.co.jp/%E6%9A%B4%E9%9C%B2-%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%81%8C%E7%A7%81%E3%81%AB%E8%A8%97%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%89/dp/4105066919

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

■内容(「BOOK」データベースより)

国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)という合衆国の二大情報機関に籍を置いたエドワード・スノーデンは、自身の運命と膨大な最高機密文書を筆 者に託した。稀代の情報提供者の実像と、監視国家アメリカの恐るべき実態がいま、白日の下にさらされる。権力の濫用によって危機に瀕する市民の自由、そして報道の自由―これはもはや、一国の問題ではない…。スノーデンと真っ先に密会して数万の機密文書を託され英紙『ガーディアン』にピューリッツァー賞をもたらした著者がいま、彼の実像とファイルの全貌を白日の下にさらす!

――――――――――――――――――――

■カスタマーレビュー

国家、テクノロジー、メディアについての新たな議論

By nacamici

2014/5/18

――――――――――――――――――――

【引用開始】

・・・略・・・

本書によれば、インテリジェンス・コミュニティでは、高度なコンピュータースキルに通じた人材が恒常的に不足しており、通常の教育の場からは疎外された独学でテクノロジーの専門的知識を身に付けた人間にまで触手を伸ばしているという。エスタブリッシュメント出身の人間が逆立ちしてもできないことを、スノーデンはまるでそうすることこそがごく自然な行為であるかのようにやってのけた。そう考えると、この一連の出来事は、インターネットがもともともっている非エスタブリッシュメント性による自浄作用とも見える。スノーデンがビデオゲームを通じて政治意識を養い、正義について深く考えるようになったという話は興味深い。

スノーデンの学歴は高卒だが、腕一本でまたたくまにCIAのフルタイムスタッフの地位を得、赴任先のスイスではテクノロジーとサイバーセキュリティについて「スイス一の専門家」と見なされるようになる。新聞でスノーデンのことを最初に読んだとき、防衛部門の政府請負業者大手であるブーズ・アレン・ハミルトンの社員と書かれていたので、兵士派遣の民間委託のようなものを思い浮かべ、経済的に恵まれない人が他に選択肢がなくて選んだ仕 事なのかと勘違いしていた。スノーデンはやがて公開するべき機密情報にアクセスするため、給料を下げてでもこの会社に入る必要があったのだ。本書にもあるが、大手メディアが最初に伝えたスノーデン像は「高校を中退した負け犬」「どこまでも孤独な人間」「誇大妄想型ナルシスト」といった非社会性を前面に出したものだった。要するに「こいつは異端である」というレッテルを早々に貼ったのである。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)