~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Mighty Jack @Mightyjack1

2014年07月27日(日) のtweet

http://twilog.org/Mightyjack1/date-140727

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昭和ヒトケタ生まれの母が、ガザの惨状をニュースを見ながら「戦争っていうのは、ホント『生き地獄』だよ」って呟いていた。
ガザの惨状は、空襲を生き延びた母に色んな記憶を思い起こさせたのだろう。

戦争は生き地獄なんだ。

posted at 23:22:36

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカが中国との戦争に備えて行っている軍備強化。

エアーシー・バトル構想はアメリカの覇権を脅かす恐れのある国家を

米軍の空軍力と海軍力で潰す戦争計画で中国とイランがその対象。

アメリカの考える戦争計画では沖縄は一瞬にして中国のミサイルで破壊され、

主戦場は日本列島になる。

2014/8/1 伊波 洋一
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのとき、戦場「日本」に潜む中国兵と日本人の見分けはつかない。

(ハマス、ベトコンのように)中国ゲリラ・テロの退治と称して

一般市民が殺戮されることになるだろう。

2014/8/3 山崎ジャーナル!川崎泰彦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国連=United Nations=連合軍の敵国・日本

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本が戦争の歴史を反省する姿勢を見せなければ、敵国条項の削除はない。

米国も、首相が靖国神社に参拝すれば、敵国条項について想起する。

2014/8/1東京大学名誉教授・板垣雄三

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆「岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー」

IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

2014年08月01日(金) のtweets より

http://twilog.org/IWJ_ch1/date-140801/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

16.板垣氏「国連憲章には、日本の敵国条項がいまだに残っています。国連憲章の改正のためには加盟国の3分の2が賛成し、安保理を含む国が批准をしなければなりません。日本が戦争の歴史を反省する姿勢を見せなければ、敵国条項の削除はないでしょう」@iwakamiyasumi

posted at 17:20:59

――――――――――――――――――――

18.岩上「日本人の多くは、国連憲章に敵国条項が残っていることを忘れてしまっていると思います。改憲草案が持ち上がった時も、集団的自衛権行使容認の閣議決定の時も、そのことが失念されています」。板垣氏「これは甘えですね」@iwakamiyasumi

posted at 17:24:50

――――――――――――――――――――

21.岩上「日本人の多くは、米国陣営にくっついて冷戦を勝った、これまでも米国にくっついていけば良い、『敵国』などではない、と思っている人が多いと思います」。板垣氏「しかし米国も、首相が靖国神社に参拝すれば、敵国条項について想起するわけです」@iwakamiyasumi

posted at 17:33:12

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカが南西諸島や日本列島を戦場にする中国との戦争計画を立てている

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

伊波 洋一 (いは よういち) @ihayoichi

2014年07月31日(木)  のtweets より

http://twilog.org/ihayoichi/date-140731/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

日本列島と南西諸島各地で進む基地建設や軍事強化は、自衛隊が日本を防衛するためではなく、アメリカが中国との戦争に備えて行っている軍備強化である。始末が悪いのはアメリカが南西諸島や日本列島を戦場にする中国との戦争計画を立てていることだ。さらに驚くのは日本政府が積極的に協力している事。

posted at 18:48:48

――――――――――――――――――――

エアーシー・バトル構想はアメリカの覇権を脅かす恐れのある国家を米軍の空軍力と海軍力で潰す戦争計画で中国とイランがその対象とされている。アメリカの考える戦争計画では沖縄は一瞬にして中国のミサイルで破壊され、主戦場は日本列島になる。 https://pic.twitter.com/q0M8Tm36Lz

Bt3Z-nFCAAI_9G_-731-1

posted at 19:26:31

――――――――――――――――――――

2011年4月15日初めて読んだ「エア・シー・バトル」の記事。ワシントン発、沖縄タイムス・平安名純代(へんな・すみよ)米国駐在契約記者の「エア・シー・バトル」を主管している戦略予算評価センター上級研究員へのインタビュー。内容に驚く。 https://pic.twitter.com/G9dgnxRelD

Bt3c87xCMAEm8k4-731-2

posted at 19:39:31

――――――――――――――――――――

2011年5月に創刊された海上自衛隊幹部学校の戦略研究誌「海幹校戦略研究」は、創刊号から「エアシー・バトルの背景」、「統合エア・シー・バトル構想の背景と目的」など関連論文が毎回掲載された。「エアシー・バトル」はリアルな戦争計画なのだ。 https://pic.twitter.com/QBaXK5fomS

Bt3gCmhCQAMwEDl-731-3

posted at 19:53:00

――――――――――――――――――――

誰も日本列島を戦場にして米中戦争が起こるとは考えていない。しかし、戦略予算評価センター上級研究員のインタビューや「海幹校戦略研究」の主要な論文を読む限り、日本列島を戦場にして米中戦争を行おうとアメリカが計画していることがわかる。 『海幹校戦略研究』はネットに公開され誰でも読める。

posted at 20:11:20

――――――――――――――――――――

90年代の中国はアメリカが左手で潰せるような存在だった。しかし、その中国が今年中にGDPでアメリカを抜くと日経ビジネスが書いた。そんな中国はもう潰せないとの認識が米軍にも広がっている。「海幹校戦略研究」の最近の論文にも反映されている。 https://pic.twitter.com/rFedC3L0nB

Bt3pdfUCIAAeM9V-731-4

posted at 20:34:10

――――――――――――――――――――

中国GDPはドルベースでは2024年頃にアメリカを追い抜く。2010年に日本を追い抜き既にドルベースで日本の2倍になった。イギリスの首相やドイツの首相が中国詣でを繰り返す理由がわかる。一方、安倍首相はアメリカの代わりに喧嘩を売る役目。 https://pic.twitter.com/7u2SkcXF2A

Bt3tEkECMAA5kco-731-5

posted at 20:49:56

――――――――――――――――――――

アメリカに代わって喧嘩を売る役目を「オフショア・バランシング」という。中国に近いアメリカの同盟国に軍事的に対抗してもらうのだ。安倍首相は自分の「信条」とも合うので積極的に中国包囲網作りに励んでいる。日本の国益を損なう可能性が大きい。 https://pic.twitter.com/tDDLsRShUA

Bt3w0_7CYAAhOq8-731-6

posted at 21:06:20

――――――――――――――――――――

日本にはオフショア・バランシングの役割で喧嘩を売らせている中国に対してアメリカは大統領と国家主席を始め、政府や軍のトップが相互に訪問し合って戦略的対話を行い、大国になった中国とアメリカがどう折り合いをつけるのかを話し合っている。 https://pic.twitter.com/wOMPOXfkV7

Bt4TuoVCIAAyTq9-731-7

posted at 23:38:50

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカは中国の核攻撃を避けるために中国本土を攻撃しない戦略へ転換

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

伊波 洋一 (いは よういち) @ihayoichi

2014年08月01日(金)  のtweets より

http://twilog.org/ihayoichi/date-140801/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

中国は既に数十発の大陸間弾道核ミサイルを保有する。アメリカはミサイル防衛網があっても全面戦争になれば核ミサイル攻撃を防ぐことはできない。アメリカは中国の核攻撃を避けるために中国本土を攻撃しない戦略へ転換をしようとしている。その1例。 https://pic.twitter.com/5FFnjjP2cO

Bt4Zr5cCEAEOnPM-iha-801-1

posted at 00:04:52

――――――――――――――――――――

海上自衛隊の『海幹校戦略研究』2012年5月増刊号の米海軍学校教授の論文「アメリカ流非対称戦争」http://bit.ly/152VZ3K は中国との戦争を南西諸島での制限戦争にするもの。アメリカが守りたいのは台湾。尖閣ではない。 https://pic.twitter.com/EkWIp0eXyl

Bt4fPLPCYAIuoW7-iha-801-2

posted at 00:29:08

――――――――――――――――――――

アメリカの計画する「アメリカ流非対称戦争」で日本の自衛隊の役割は南西諸島で太平洋に移動する中国艦隊に対し地対艦ミサイル攻撃を行うこと。そのために集団的自衛権の行使が必要となる。安倍首相は2013年9月にハドソン研究所の講演で約束した。 https://pic.twitter.com/KuvPyHksSU

Bt4h9mYCYAMjlhp-iha-801-3

posted at 00:41:01

――――――――――――――――――――

中国艦隊の南西諸島横断を阻止する地対艦ミサイル攻撃には主要な島々への陸自配備が必要。防衛省は南西諸島の防衛強化として陸自有事即応部隊を石垣、宮古、奄美の各島に350~400人配備と発表した。アメリカが求める対中国への有事体制だ。 https://pic.twitter.com/e8yTOsHIGj

Bt4mm8bCEAMUbXX-iha-801-4

posted at 01:01:19

――――――――――――――――――――

南西諸島の戦争は、尖閣防衛を口実にアメリカの台湾防衛支援で南西諸島を戦場にする戦争。自衛隊は演習も実施。戦争に備えオスプレイ17機、水陸両用車52両と強襲揚陸艦をお買い上げ予定。南西諸島に自衛隊水陸機動団が強襲揚陸艦で逆上陸するのだ。 https://pic.twitter.com/91X0ZO1TQN

Bt4q9YbCYAAmo7k-iha-801-5

posted at 01:20:19

――――――――――――――――――――

日米安保ではアメリカが日本を守るので米海兵隊と強襲揚陸艦が南西諸島に向かうべきだが、小野寺防衛相の話ではそうではなく自衛隊水陸機動団が駆けつける。南西諸島の戦争は日本がアメリカと一緒に中国と戦い台湾を防衛する戦争だ。自衛隊が中国艦隊を攻撃するから中国軍も南西諸島を攻撃する。

posted at 01:34:59

――――――――――――――――――――

防衛省は台湾有事に与那国、石垣、宮古3島へ陸自約7200名を事前に配置する計画を03年策定していた。空挺団約2千名も投入する方針。06年与那国防災訓練でパラシュート降下を当初計画。台湾有事に備えて配備する考えは現在も共通。尖閣は口実。 https://pic.twitter.com/XWW8evwZX9

BtilLgECUAAiXhO-iha-801-6

posted at 01:48:04

――――――――――――――――――――

日米安保条約は日本を守る条約ではなく、日本の国土を米軍に明け渡す条約であることが明らかになってきたように思う。日本の空は米軍のもの。日本政府の予算も防衛省も外務省も米軍の思いのままだ。米軍の訓練がどんなに日本国民に被害を与えても咎められることもない。そんな日米安保は脱ぎ捨てよう。

posted at 01:57:27

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)