~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ツワネ原則重要15項目】

ブログ「Peace Philosophy Center」より転載します:

http://peacephilosophy.blogspot.jp/2013/09/global-principles-on-national-security.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【貼付転載開始】

 

1. 国民は政府の情報を知る権利がある

 

2. 知る権利を制限する場合、政府がその必要性を説明しなければならない

 

3. 防衛計画や情報機関の情報源など狭く限定した情報は非公開にできる

 

4. しかし、人権や人道主義に違反する場合は公開しなければならない

 

5. 国民は政府による監視システムについて知る権利がある

 

6. いかなる政府機関も情報公開請求の対象から免除されない

 

7. 公益のために内部告発した人を、政府は報復してはいけない

 

8. 公共の利益を損なう場合以外に、情報漏えいについて罰してはならない

 

9. 秘密情報を入手し、公開した市民を罰してはならない

 

10. 市民に情報源の公開を強要してはならない

 

11. 裁判は公開しなければならない

 

12. 人権侵害の救済を妨げる国家秘密は公開しなければならない

 

13. 安全保障分野の情報に対する独立した鑑識官を置く

 

14. 永遠に秘密にしてはならない

 

15. 秘密解除を求める手続きを定めなければならない

 

【貼付転載終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

cialis

Related Posts

関連記事

2件のコメント on 【ツワネ原則:重要15項目】11月15日にも強行採決されようとしている #特定秘密保護法案 はツワネ原則違反です。! #ツワネ原則 とは?

  1. Name より:

    11月16日 裁判資料をネットで公開したら起訴された! 恐ろしい話(草の実アカデミー(第二言論サミット))
    http://kusanomi.cocolog-nifty......-809c.html

  2. Name より:

    秘密保護法「一般人は処罰対象外」はミスリード(GoHoo)
    http://gohoo.org/alerts/131116/

Name にコメントする コメントをキャンセル

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)