~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

川崎 泰彦(泰蔵)  @taizoh1028 11/2 のtweet

戦前の天皇主権国家と比較?@tarareba722 @BB45_Colorado 田中正造氏は「国会で何度も鉱毒事件を内閣に質問→歴史に残る大演説を披露→首相はガン無視→微罪で逮捕→広く訴えるため議員辞職→遺書を執筆し直訴→逮捕」という流れです。一緒にしていいかよく考えましょう。

posted at 01:06:28

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆「議員辞職もの、政治利用そのものだ」下村文科相 「田中正造に匹敵する」

2013.11.1 10:07

MSN 産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131101/edc13110110070000-n1.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 山本太郎参院議員(38)=無所属=が10月31日に東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた秋の園遊会で、陛下に直接、手紙を渡した問題について、下村博文文部科学相は1日の閣議後会見で「議員辞職ものだ。政治利用そのものだ」と批判した。

 下村文科相は「これを認めれば、いろんな行事で天皇陛下に手紙を渡すことを認めることになる」と指摘した。

 明治時代の足尾銅山鉱毒事件を引き合いに出しながら「田中正造が(明治天皇に)直訴して大問題になったことに匹敵するようなこと。こういうことを安易に看過するようなことがあってはならない。非常に重いことだ」と述べた

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2013/11/04 【大阪】「山本太郎議員の天皇への手紙に対する下村文科相の発言、日本の現状を考える」安冨歩教授緊急対談

IWJ Independent Web Journal

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/109905

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 11月4日(月)、大阪大学会館で、東京大学東洋文化研究所の安冨歩教授と大阪大学法学研究科の福井康太教授による緊急対談「山本太郎議員の天皇への手紙に対する下村文科相の発言、日本の現状を考える」が行われた。

 参加者 福井康太教授 大阪大学法学研究科、安冨歩教授 東京大学東洋文化研究所

 ※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Video streaming by Ustream

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山本の手紙の内容は「子どもと事故収束作業の労働者を被ばくからお守り頂くようお力をお貸し下さい」との趣旨。山本は、陛下に「子ども達の未来が危ない。健康被害が出てきています。収束作業の労働者がひどい環境で働いています」と話しかけたという。メディアは子供抜きに報道。

 

山本太郎が天皇への手紙で言いたかったのは、過酷で劣悪な福島第1原発作業員の状態と、被曝し続けている福島の子供たちの状態であった。

それが今回の事件の現実(リアリティ)である。

その現実を隠蔽したかった政府・メディアは、「天皇の政治利用」といった物語(ストーリー)に話をもっていった。

 

これがかれらの常套手段なのである。ほとんどの国民がこれにだまされている。

おそらく手紙の内容を、宮内庁官僚が公開することはないであろう。

政府と官僚が恐れるのは、手紙の内容(現実)が国民に知られ、外国のメディアで喧伝されることだからだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

兵頭正俊 氏のtweets より

@hyodo_masatoshi 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2013年10月31日(木)

http://twilog.org/hyodo_masatoshi/date-131031

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

自民が復興3次提言。原発汚染水で東電を分社化し、一部組織の独立行政法人化する。危機はチャンス。これで官僚の天下り先がまた増える。除染作業や福島県内の廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設・管理に税金を使う。東電と官僚は大喜び。国民は奴隷扱いの無責任構想。

posted at 15:11:47

――――――――――――――――――――

日本は官僚のやりたい放題になっている。特定秘密保護法案の、(1)防衛(2)外交(3)特定有害活動(スパイ) の防止(4)テロ活動の防止の4分野のうち、(1)(2)は物語であり、引っかけである。官僚(公安)の狙いは(3)(4)であり、ここの「その他の重要 な情報」で公安権力が拡大する。

posted at 20:20:04

――――――――――――――――――――

山本太郎が園遊会で天皇に手紙を渡した。「(東京電力福島第1)原発事故の収束にあたる労働者が劣悪な環境で作業 している現状を知ってほしかった」と。参院自民党の脇雅史が「議員としての品位をおとしめている。懲罰対象となる可能性も」と。国会では売国奴がふんぞり返り、悪政の暴露を恐れている。

posted at 21:13:54

――――――――――――――――――――

山本太郎が天皇へ手紙。「原発労働者の劣悪環境知ってほしかった」。ほんとうはこれはメディアが報道し、天皇も知らなければならなかった問題。だから、メディアは、けっして手紙の内容を報道しない。特定秘密保護法案が通れば、これは長官が秘密に指定し、内容を山本に訊いて発表した者は逮捕される。

posted at 22:36:10

――――――――――――――――――――

山本太郎が園遊会で天皇に手紙を渡した。今後の議員達の動きに関心がある。おそらく、ろくでもない、前近代的な発言が飛び出すだろう。ちなみに中国には今でも直訴制度「信訪」がある。今では世界が日本の棄民を知っている。この問題にも大きな関心を払うだろう。

posted at 23:25:26

――――――――――――――――――――

田中龍作によると、山本の手紙の内容は「子どもと事故収束作業の労働者を被ばくからお守り頂くようお力をお貸し下さい」との趣旨。山本は、陛下に「子ども達の未来が危ない。健康被害が出てきています。収束作業の労働者がひどい環境で働いています」と話しかけたという。メディアは子供抜きに報道。

posted at 23:47:33

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2013年11月01日(金)

http://twilog.org/hyodo_masatoshi/date-131101

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

御用メディアは、山本太郎の説明から、福島の子供のことを抜いて報道している。そして「天皇の政治利用」と批判す るのだが、「天皇の政治利用」を利用して、山本太郎を指弾し、広告をくれる東電や政府にへつらっているのである。山本の手紙の内容は、御用メディアがいわ ねばならなかった問題だった。

posted at 00:07:51

――――――――――――――――――――

山本太郎が天皇に手紙を手渡した問題で、右翼も左翼も、天皇は政治的存在ではないと物語のなかで考えている。外国 も自民党も、国民統合の象徴としての天皇制を物語として、現実は政治的存在として利用してきた。最近ではIOC総会や主権回復式典での皇室利用がある。こ れが現実である。

posted at 11:40:27

――――――――――――――――――――

自民党の憲法草案では、天皇は元首として位置づけられ、より明確に天皇の政治利用が企図されている。しかし、この 元首も物語であり、現実的には、三島由紀夫の夢想した、軍を統括する神としての天皇へ大きく動き始めるだろう。戦前へ日本は戻るのであり、中国との軍事的 衝突に突き進む可能性が高い。

posted at 11:58:20

――――――――――――――――――――

三島由紀夫の渇望した神としての天皇は、皮肉なことに、すでに山本太郎バッシングの中に現れている。天皇を政治的に利用するな、という天皇への敬意の強さは、天皇に政治的軍事的に命令されれば、尽忠赤誠の子として戦場を駆け巡る精神と表裏一体のものである。

posted at 12:22:05

――――――――――――――――――――

野党は、単純に山本太郎の行動を「天皇の政治利用」などで捉えるべきではない。天皇が、人から神へ復活する局面と して捉え、手紙の内容(福島第1原発の作業員と福島の子供たちの過酷な現実)を問題にしてゆかねばならない。山本バッシングは、神としての天皇復活の一里 塚である。

posted at 12:45:37

――――――――――――――――――――

山本太郎の件について、政治家が黙っているのは、小沢一郎の件で、沈黙を守り通した件と同じである。政治家が官僚とメディアを恐れ、選挙の影響でソロバンをはじいている。つまり、戦争に向かうご時世に何の役にも立たない連中が政治家になっているということだ。

posted at 17:42:02

――――――――――――――――――――

「天皇の政治利用」という物語を政治利用して、山本太郎をバッシングする。これが政治家、官僚、メディアといった 既得権益支配層の戦略だ。政治家も小粒でダメになったね。考えているのは、保身だけだ。山本はカメラの前で、すれ違う議員に抱きついたらいいのだ。必死で 逃げるだろう。

posted at 18:00:12

――――――――――――――――――――

山本太郎が園遊会で、天皇に手紙を渡した問題について、下村博文文部科学相は「議員辞職ものだ。政治利用そのもの だ」と批判した。しかし戦後、一貫して自民党は天皇を政治的に利用してきた。これは手紙を渡したことではなく、手紙の内容(現実)が国民に知られ、外国に 拡散することを恐れているのだ。

posted at 21:19:39

――――――――――――――――――――

山本太郎は、二度と園遊会に呼ばれないことも知っていた。それでも目前の1日を争う現実として、仕方のない行動 だった。福島の作業員と子供の悲鳴が聞こえて、今、ここで、当選させてもらった政治家としてやるべきことを決めた。立派な人間は3日やって辞めても立派。 ダメな奴は何十年やってもダメ。

posted at 21:54:18

――――――――――――――――――――

山本太郎は狙い撃ちされている。手紙の内容が、福島第1原発の作業員と、被曝に放置されている福島の子供、といっ たタブーにふれていたからだ。このふたつは、日本の政治の貧困が集約的に顕在化したものである。国際的な批判も出始めていた。その矢先の手紙だったので、 自・公・民の連携に要警戒。

posted at 22:53:48

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆山本参院議員の懲罰めぐり協議、園遊会で手紙手渡し

2013年11月01日

兵頭に訊こう

http://m-hyodo.com/court-case-3/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

フォーブス恒例の、首脳・投資家・慈善家・企業家ランキングで、安倍晋三は北朝鮮の金正恩よりも下位の57位だった。

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」で報道の自由度ランキングで、われらのマスメディアは53位だった。

この最悪のコンビが、マスコミ鵜呑み度70%の国民に対して、山本太郎は天皇を政治利用したとわめき散らしている。

このトリオにかかれば、戦争など簡単だ。マスメディアは煽ることしか知らないし、これからますます日中戦争の危機は高まるだろう。

山本太郎が天皇への手紙で言いたかったのは、過酷で劣悪な福島第1原発作業員の状態と、被曝し続けている福島の子供たちの状態であった。

それが今回の事件の現実(リアリティ)である。

その現実を隠蔽したかった政府・メディアは、「天皇の政治利用」といった物語(ストーリー)に話をもっていった。

これがかれらの常套手段なのである。ほとんどの国民がこれにだまされている。

おそらく手紙の内容を、宮内庁官僚が公開することはないであろう。

政府と官僚が恐れるのは、手紙の内容(現実)が国民に知られ、外国のメディアで喧伝されることだからだ。

政治・官僚・メディアが一体化し、国富を収奪し続けていること。ここに日本の不幸がある。

今回の事件では、戦後一貫して天皇を政治的に利用してきた官僚と自民党が、そして改憲草案で元首として天皇の政治化を深化させようとしている自民党が、「天皇の政治利用」を非難した。

それは自分たち以外の者の政治利用を排除したのであり、かれらの天皇利用は、これまで以上に強化されてゆくのである。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)