~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆山本太郎氏、参議員内閣委員会にて初質疑131105

fukusima311

http://www.youtube.com/watch?v=jH7-LHIN6M8

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Published on 4 Nov 2013

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2013/08/19 次の選挙を見据えて、無所属の勢力結集へ 

~岩上安身による参議院議員 山本太郎氏インタビュー

IWJ Independent Web Journal

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/96945 11/5のみ無料公開

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

サポート会員限定記事 8/19山本太郎議員インタビューを蔵出し!

 本日11/5のみ無料公開


一般会員は11/11まで
  この機会にぜひ会員登録を 会員のご案内

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

IWJウェブ速報

@IWJ_sokuhou 10/5 のtweets より

http://twilog.org/IWJ_sokuhou/date-131105/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

山本太郎議員「国会議員になって初めての質問。一番緊急の課題である、福島原発事故による子供たちの被爆、健康の問題、食品の安全基準、収束作業員の労働環境について質問したい」

「9月7日に安倍総理が東京オリンピック招致の際、『我が国の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい。被爆量は日本のどの地域でもこの基準の100分の1』と発言。菅官房長官、安倍総理の発言の事実確認を」
――――――――――――――――――――

菅官房長官「そのように発言したことは事実」

――――――――――――――――――――

山本議員「安倍総理の発言は重大な事実誤認では。福島県民健康管理調査で、18歳以下の検査受診者17万人強のうち43人が甲状腺ガンの疑い。18歳未満の発生率は100万人に一人か二人。すでに百倍以上の発生率。東電原発事故の放射線被爆による健康被害では」

――――――――――――――――――――

塚原環境保健部長「今回のように高い精度の検査を、無症状の子供に実施した例が他にない。最新の機器で、熟練した医師の丁寧な検査により、早期の小さなガンがこれまでの発生率以上の割合で確認された可能性が高い。原発事故によるものとは考えにくいとされている」

――――――――――――――――――――

山本議員「放射線被爆防護に関する質問趣意書に対する内閣からの答弁書で、ホールボディーカウンターではセシウム以外の核種は検査できないものもあり、尿など生体資料検査が必要と。日本全国で、子供も大人も、血液検査・尿検査を政府の責任で行うべきでは」

――――――――――――――――――――

塚原部長「調査の項目は、医師や専門家による検討委員会において決定された。福島県外でも有識者会議を開催し、特段の健康管理の必要はないと結論づけている。WHOや国連科学委員会でも、健康影響の増加の可能性は低いと。当面は現在の検査を着実に実施し続ける」

――――――――――――――――――――

山本議員「健康問題について安倍総理は『抜本解決に向けたプログラムを責任を持って決定し、すでに着手している』と明言した。菅官房長官、この約束を政府として責任を持って実行されるか」
――――――――――――――――――――

菅官房長官「総理の約束は政府の約束。責任をもって対応するのは当然」

――――――――――――――――――――

山本議員「食品の安全基準について。安倍総理が断言するように現在の基準の100分の1を目指して、食品の内部被曝の基準値を大きく引き下げるべき。かなりの数の国が、我が国の食品を輸入禁止にしている。解除してもらうためにも有効ではないか」

――――――――――――――――――――

森まさこ大臣「食品の基準値は厚生労働大臣の担当。食品の安全について、食品安全委員会では、食品中の放射性物質について科学的知見に基づき、客観的かつ中立公正に調査審議し、平成23年10月に食品健康影響評価をとりまとめ厚労省に答申した」

――――――――――――――――――――

山本議員「環境放射線データベースでは、事故前は1キロあたり0.1ベクレル以下が水準。現在は1キロあたり100ベクレル。事故前の千倍。子供たちの給食に使われる食材、限りなく事故前の数値に近づける努力をお願いしたい」

「放射性セシウム以外は測定に時間がかかるという。セシウム以外の核種はほとんどストロンチウム90。約15分でストロンチウム90を測定できる分析システムがある。このシステムを一刻も早く活用して、食品中のストロンチウム90を測定すべきでは」

――――――――――――――――――――

新村食品安全部長「食品摂取による被ばく線量が年間1mSvを超えないよう、セシウム濃度を検査対象とすることで管理可能。ストロンチウムを測定する必要はない。新手法については承知しているが、汚染水の測定を目的としたもので、食品への利用可能性は未確認」

――――――――――――――――――――

山本議員「原発事故収束作業員の労働環境について。最悪な環境で、命を削りながら作業している。労働環境だけでなく、賃金も搾取されている。健康管理、放射線管理がずさんな実状があるのではないか。電離放射線障害防止規則が厳格に守られていると断言できるか」

――――――――――――――――――――

半田安全衛生部長「被ばく線量管理、健康管理に万全を期していく。被ばく線量の低減、迅速な測定評価、日常の健康チェックなど、東電や元請け事業者に指導している。発電所に対する立ち入り調査などで、不適切なものがあれば厳しく指導していく」

――――――――――――――――――――

山本議員「電離則では作業員には6ヶ月に1度、特別健康診断をすることになっている。しかし、この健康診断は在職中のみ。職を離れた人についても、緊急作業従事者に実施されている甲状腺検査など、生涯に渡って健康管理に責任を持つべきでは」

――――――――――――――――――――

半田部長「緊急作業に従事された方に関しては、被ばく線量限度を年間250mSvまで引き上げた。その方々については指針に基づき検診を行い、離職後も国が責任を持ってやっている。被ばく限度を超えない人に関しては、法令に基づいてこれまで通りの対応が適当」

――――――――――――――――――――

山本議員「搾取の問題では、下請けの構造が問題。元請けに8万円で発注したものが、末端の作業員の方は数千円しかもらっていないと聞いている。今後の事故収束に必要な作業員を確保するためにも、経産省が責任を持って適切な労働条件を確保するべきではないか」

――――――――――――――――――――

糟谷汚染水特別対策官「具体的な賃金レベルに口を出すことは控えるが、作業員の方々がしっかり説明を受けて納得して働くことが大事。廃炉措置の中長期ロードマップで、作業安全管理などの進捗を確認。東電でも作業内容や賃金について書面での明示を徹底している」

――――――――――――――――――――

山本議員「賃金の問題も、労働者が納得したからということではなく、国が責任をもって進めていただきたい。
最後に、特定秘密保護法について、原発情報が特定秘密になるのか、ならないのか」

――――――――――――――――――――

森大臣「原発事故に関する情報は特定秘密にならない。他方、警察による原発の警備の実施状況などに関する情報などは、テロリズム防止のための措置として特定秘密になるものもある」

――――――――――――――――――――

山本議員「先日ベトナムへの原発輸出に関する資料請求をしたが、ほとんど真っ黒。秘密保護法、この線引きがあまりにもざっくりしていてわかりづらい。何が保護されるものなのか、もっと詳細を発表すべき。ありがとうございました」

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

mai(脱原発に一票【沖縄一区】)

@jrmmnisi さん

2013年11月05日(火) のtweets より

http://twilog.org/jrmmnisi/date-131105/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

山本太郎さんの国会質問を視聴中。http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

posted at 14:03:45

――――――――――――――――――――

太郎さん「県民調査、今の時点で、子どもの甲状腺ガンの発生率は100倍になっている。どうなのか」環境大臣の答えは、症状が出ていない者も含め広範囲の人数に対して精密な検査を行ったために、小さなものまで発見するに至った。事故との関連はないと考えている。

posted at 14:07:05

――――――――――――――――――――

山本太郎さん「チェルノの事故では白血病だけでなく、様々な病をかかえている。私は福島県だけでなく、関東、日本全域のこどもたち、日本国民の健康検査を、日本政府の責任で行うべきだと思っている。」

posted at 14:08:33

――――――――――――――――――――

答え「科学的には特段の検査は必要ないと考えている」(担当者名聞き逃した・・)

posted at 14:09:13

――――――――――――――――――――

山本太郎さん「どうしてこれだけ多くの人たちに結果が出たのかと質問したら、症状が出ていない人にも検査をしたため、多くの結果が出た、と答えだった。それなら、福島のみでなく、もっと広い範囲で検査したら、さらに多くの人たちにも何かみつかるかもしれない、ということですよね。」

posted at 14:11:20

――――――――――――――――――――

山本太郎さん「コーデックスの指標での基準値、私はもっともっと引き下げるべきじゃないかと思う。食品安全担当の 森大臣に聞くが、基準値を大きく引き下げるべきであると思う。海外の多くの国が日本の食品を輸入禁止にしている。それを解除してもらうためにも、引下げは 有効であると思うが。」

posted at 14:13:04

――――――――――――――――――――

山本太郎さん「事故前の環境放射線に比較すると、今は1000倍に近いものを許容されている。一刻もはやく、子どもたちの食へるものについて基準を戻してほしい。特に子どもたちの放射線の影響は大人の3~5倍と言われている。何とかして早く基準値を下げてほしい、というお願いであります。」

posted at 14:15:18

――――――――――――――――――――

山本太郎さん「ストロンチウム90が15分で検査できる機械がつくられたということであるので、ストロンチウムも検査するべきであると思うが。」答え「セシウムを検査対象とすることで、それ以外の核種からの影響も予測できるので、検査の必要はない。」

posted at 14:17:08

――――――――――――――――――――

山本太郎さん「食品自体を検査することも大事だが、そのおおもとの土壌を事細かに調査、検査することが安心につながるのではないかと思う。」

posted at 14:17:59

――――――――――――――――――――

山本太郎さん「原発作業員について。我々が今日ここで話ができるのも、今まで通りの生活ができるのも、現場で作業員の方々が命を削りながら作業していただいているおかげだと思っている。」

posted at 14:19:04

――――――――――――――――――――

山本太郎さん「作業員の健康診断について。これは在職中のみであって、職を離れた人には行われない。離職者についても生涯にわたって健康に責任を持つべきだと思うが、いかがか」厚労省「専門家の検討会の指針にもとづき、検診をやっている。限度を超えていない方についてはこれまで通りやっていく」

posted at 14:22:44

――――――――――――――――――――

山本太郎さん、ピンハネについて「作業員への報酬、8万円のものが、末端になると数千円になるという。今後原発での労働者を確保するためにも、適正な労働条件を確保するのは重要だと思うが。」答え「具体的数値には触れないが、作業員の方々が条件に納得したうえで働いていただくということが大事。」

posted at 14:24:48

――――――――――――――――――――

山本太郎さん「労働者が納得したから、というのではなく、国が責任をもって、労働の対価を保障するという態度をとっていただきたい。」

posted at 14:25:28

――――――――――――――――――――

山本太郎さんの質問に対し森大臣「原発事故に対する情報は、特定秘密にはあたらない。しかし、原発警備に対する情報は特定秘密にあたる。」山本太郎さん「資料をとりよせたが、すでに黒塗りの資料。何が犯罪にあたって、何が犯罪にあたらないのか、はっきりしていただかないと」

posted at 14:28:09

――――――――――――――――――――

太郎さんの質問終わった。質問の内容は、食品の基準値引き下げについて、福島県民調査の子どもの甲状腺ガンの結果について、原発作業員の労働環境と検診の体制について、特定秘密保護法案について。特定秘密保護法案については、ほとんど時間がなかった。

posted at 14:30:31

――――――――――――――――――――

太郎さん、ストロンチウムの検査についても言及していたが、「新しく見つかった解析方法は汚染水を調査するための ものであって、食品に対しての検査に有効ではない。セシウムの調査で他核種も予測できるので今まで通りでいい」との答え。がっくり。海産物なんかストロン チウムかなり多そうやのに

posted at 14:34:32

――――――――――――――――――――

まだ、さっきの太郎さんの質問が頭にこだましてる。彼の質問に対する答えは誰も彼もが判で押したかのような、いつもの回答だった。福島出身の森まさこ大臣は、どんな心境だっただろうか。事故後当初は、まだまともだったと思うんだけどな。

posted at 15:22:23

――――――――――――――――――――

国会中継、沖縄はテレビで放送してなかったけど、多分全国でもなかったよね。偶然でもいいから多くの人の目に止まってほしかったのにな…あの単調な話の中で、太郎さんの関西弁はただでさえかなり目立つし、彼の心からの訴えが耳に入れば、みんな引きつけられたはず。

posted at 15:27:45

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)