~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8/9 マイナーメディア向け記者会見 より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本もアメリカも同じ軍隊に支配されてきた。

日本はいまだに自分のアイデンティティーと主権を回復するに至っていない。

日本は明治維新で西欧化しようとしたが、それは他のアジア人を劣等で人間以下のものとして扱う態度を生んだ。

日本がアジアの中でアメリカの主な同盟国だと思った事はない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカは今や宇宙空間から下を歩いている人間の瞳を追跡して、それがだれのものか同定し、その持ち主を空から狙い撃ちできるようになろうとしている。

最新式の無人攻撃機をもち、サイバー攻撃もできる。あらゆる意味で圧倒的だ。

ユタ州や、カリフォルニア州に置かれた一室に座って、ドローン(無人攻撃機)をセットして、スクリーンに映る映像を戦闘ゲームのように見ながら、遠くにいる敵ひとりひとりを攻撃している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆オリバー・ストーン「アメリカ史から見た原爆投下の真実」全@長崎 8/8/2013‬ 【1:29:14】

‪iss2013

http://www.youtube.com/watch?v=p9ie1TLmLTE&noredirect=1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

公開日: 2013/08/08

‪http://www.ustream.tv/recorded/37015323
オリバー・ストーン「アメリカ史から見た原爆投下の真実」長崎公開イベント 8/8/2013 
長崎ピースウィーク実行委員会主催 中継IWJ長崎
‪http://peacephilosophy.blogspot.ca/20…
@長崎県勤労福祉会館
2013/08/09 【長崎】

「1943年5月の段階で、原爆は白人国家のドイツではなく、日本に投下する­と決まっていた」 ~オリバー・ストーン監督、ピーター・カズニック教授記者会見 | IWJ 
”掲載期間終了後は、会員限定記事となります”
‪http://iwj.co.jp/wj/open/archives/95556

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2013/8/9 オリバー・ストーン監督、ピーター・カズニック教授 記者会見 【3:35】

Movie Iwj·

http://www.youtube.com/watch?v=jDj55gzEh2g

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

公開日: 2013/08/20

8月9日に長崎市内で行われたオリバー・ストーン監督とアメリカン大学のピーター・カ­ズニック教授の記者会見の様子。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長崎原爆記念式典出席後のマイナーメディア向け記者会見・翻訳

@reservologic 萩原一彦 氏

10th August 2013

from TwitLonger

http://www.twitlonger.com/show/n_1rlraac

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

質問; 原水協の3つのイベントに参加した感想。

・・・略・・・

ストーン:私が知る限り日本政府は国民に情報をあまり与えていない。だから日本国民は戦争犯罪について知らずに来たし、日本の軍人にアジア人、なかでも中国人、韓国人、東南アジア人、それから捕虜になった白人、イギリス人やアメリカ人や他の国の国民がどういう扱いを受けたかも知らなかった。

日本人はそのように自分の歴史を否定されてきた国民だが、それはアメリカ人も同じだ。ピーター(カズニック)も指摘したが、アメリカ人も自分の歴史を否定されてきた。どうしてか。それは日本もアメリカも同じ軍隊に支配されてきたからだ。アメリカ人は自国の軍隊に支配され、そしてそれは今でも続いている。

米軍はすぐに日本を占領した。原爆のことを話すことをタブーにした。(アメリカのしている)戦争の事なんか全然話題にもできないようにした。それらの話題について、言わば厳しい検閲が行なわれている。ヒバクシャはひどい扱いをうけ、長いことまともに医療も受けられなかった。放射能で人は死んで行き……それは大混乱だ。

・・・略・・・

アメリカは日本を朝鮮戦争の発進基地として使い、それ以来ずっと、日本はベトナム戦争でも使われ、クウェートの戦争でも戦費の支払いに(財布として)使われ、イラク戦争のときも再び沖縄が使われた。私の見る限り、日本はいまだに自分のアイデンティティーと主権を回復するに至っていない。

・・・略・・・

岩上安身氏の質問:日本人が中国人朝鮮人に対して残虐になれるのか。日本は帝国であった。今、大帝国アメリカと一体化しようとしている。それについてどう思うか。

カズニック:残虐性というのは、普遍的な問題だ。人はどこでも残虐になる
ようにできている。グアテマラで起った事は、まず兵士を意図的に虐待するすると、兵士は残虐になり、民衆にひどいことをするようになる。赤ん坊を捕まえ、頭を岩に打ち付けたりというようなことを平気でするようになる。そんなこと、ふつうはどんな人間にできるだろうか。

米国について言えば、戦争は年々匿名性を帯びてきた。ますます非人間的で。ますます遠くで起るものになってきた。ユタ州や、カリフォルニア州に置かれた一室に座って、ドローン(無人攻撃機)をセットして、スクリーンに映る映像を戦闘ゲームのように見ながら、遠くにいる敵ひとりひとりを攻撃している。

私がベトナムで従軍した時は、戦闘はもっと敵と面と向かってやるものだった。今では敵の顔を知る事もない。

日本が第二次大戦で見せた残虐性は、戦争プロパガンダにあらわれていた。そしてそれはアメリカの行なったプロパガンダと平行線をなすものだった。アメリカは日本人の事をダニやゴキブリのような虫けら、またサルだと吹聴した。

一方日本もアメリカ人に対して同じような仕打ちをした、アジア人にはもっとひどいことをした。日本は明治維新でに西欧化しようとしたが、それは他のアジア人を劣等で人間以下のものとして扱う態度を生んだ。

アメリカ人も日本人を人間以下に扱った一回人間以下に扱えばもう二度と人間として扱うことはない。日本は中国人に対して、また朝鮮人に対してそういうことをしたわけだ。ベトナム人にもマレー人にもシンガポール人にも、さらに米国人、英国人、フィリピン人に対してもだ。

つまり、その同じ「非人間化」のプロセスが戦争において敵を憎み、殺す事を許すために行なわれた。

しばしばアメリカ人の間で一つの大きな疑問が話題になる、それはアメリカはドイツに原爆を落とす可能性があったかどうかというものだ。アメリカ人はドイツを人間以下と見なしていなかったのだ。そこが日本人に対する見方と違っていた。

ドイツに原爆を落とす事になったかどうか、我々にはわからないが、1943年5月5日(の原爆完成)以降、原爆のターゲットは常に日本だった。もし、爆弾が不発でも(サルみたいな)日本人にはそれが何か分かりもしないだろうと。…いや、本当かどうかわかりませんよ。

本当にそれが日本を原爆のターゲットにした唯一の理由かどうかはわからない。だって、ドイツは原爆が準備できる前に降伏していたから。日本に落としただろうか、ドイツに落としただろうか、オリバーはどう思う?

ストーン:ドイツには落とさなかったと思う。もし、どうしようもなかったら、つまりドイツが勝ちそうだったら落としたかもしれない。でも、ドイツはソ連に負け続けていた。1942年以降、誰の目にもソ連が勝ちそうだと分かっていた。

・・・略・・・

岩上:周囲の民族を見下す「帝国」そんな傾向をもった日米が軍事的に一体化しようとしている危険について。中国に対する脅威をしきりに煽りながら日本に兵器を買わせている。これは危険なゲームでは?

ストーン:日本がアメリカと対等な同盟関係であるか、小帝国であるかどうか、私にはわからない。物質的な意味では帝国かもしれない。日本は世界第三位の経済大国だ。しかし興味深い事に世界第4位の軍事予算を使う国でもある。だから、まあ、日本が軍事的な帝国かといえば、そうかもしれない。でもまだ完全にそうなってはいないと思う。

米国の軍事同盟と言うと、私は日本よりも英国を思い浮かべる。まちがっているかもしれないが、英国はいつでも米国にとって最大の同盟国だったから。で、英国は小さい島国で、日本も小さい島国とという点では同じだが、日本がアジアの中でアメリカの主な同盟国だと思った事はない。

米国のアジアの同盟国はいつも環状をなしてきたと私は思っている。
北から韓国、日本、台湾、フィリピンはとても大切な同盟国だ。台湾にはいつでも大量の大規模兵器を売っている。フィリピンの国土はきわめて重要だ。アメリカは完全にフィリピン政府を支配しているように見える。

日本については日本人が原子力と核兵器に対して忌避的であるという点がアメリカにとっての問題だ。そこは微妙な点で、とりあえず日本に圧力をかけることはできる。だがかければ日本の人々はそれに対抗して行動を起こすだろう。米国はそこまでバカではない。

沖縄問題は大変センシティブな問題だ。(軍の兵士による)交通事故、レイプ、殺人などもあるし、報道もされている。米国もバカではない。しかし米国は無慈悲でもある。

・・・略・・・

私は、米国は今、中国を敵だとは見ていないと思う。しかし、米国防総省は中国の脅威は増大していると見ている。私がここに来る前に寄ってきた韓国の済州島では、太平洋最大の海軍基地が作られつつある。

済州島軍港は水深が深いので、世界最新最大の核搭載空母ジョージワシントンが停泊できる。そしてその済州島は上海から500km圏内にあり主要なシーレーンを支配できる。だから韓国は米国にとって大変重要だ。

・・・略・・・

しかし事態は変わってきている。アメリカは、国をまたにかけたどでかい龍なのだ。千もの基地を持ち、しっかりした戦略ももっている。最新式の無人攻撃機をもち、サイバー攻撃もできる。あらゆる意味で圧倒的だ。

だからアメリカは日本を(軍事的に対等な)「パートナー」として必要としているわけではなく、同盟国の一部として必要としているにすぎない。日本をその一部として便利に使おうとしているのだと言えると思う。

カズニック:付け加えたい。日本は米国のアジアにおけるもっとも重要な同盟国だった。特に戦後、1949年の中国(共産党の南京制圧)以降はそうだった。日本は中東におけるイスラエルと同等の価値があった。その地域において米国に忠実で、米国の指示を受け入れ、米国の汚い物言いを許す存在だった。

・・・略・・・

 

質問:どうやったら核廃絶できるか

カズニック:
・・・略・・・

核兵器はもはや軍事的優位にとってかつてほど重要ではない。今アメリカは陸、海、空だけでなく、宇宙、サイバー空間も支配している。ロシアが米国ほど核兵器削減に熱心でない理由は、ロシアにとって核兵器だけが軍事超大国であることを保証するからだ。

アメリカは通常兵器においてもロシアよりはるかに進んでいる。ということはわれわれにとっての問題も大きい。われわれは(核兵器だけでなく)そういったものにかける軍事予算を削減する方法を見つけなければならない。

いまや、中国やロシアは宇宙空間を軍事化することに反対している。
なのに、アメリカは今や宇宙空間から下を歩いている人間の瞳を追跡して、それがだれのものか同定し、その持ち主を空から狙い撃ちできるようになろうとしている監視して、国家の安全を守るために、日本で交わされるすべての会話を盗聴し、メールやネットがどう使われているか調べる。そういうことは、われわれのこれまでのスコープをこえるものだ。

私は死ぬまでに核兵器を廃絶しようとしてやってきた。核兵器はこの惑星の全ての生命を終わらせてしまう可能性があるからだ。しかし、そうした視野をいまの状況ははるかに越えてしまっている。核兵器ではないが核兵器に匹敵する大きな問題に直面しているのだ。

いまや単に核廃絶だけではだめだ。つまりこれからは、帝国そのものを終らせる事、軍事化を終らせる事、そして基地を終らせる事、そして宇宙の軍事利用をやめさせる事、そして核兵器の廃絶だ。ジョージブッシュ政権が危険だったのは、かれらが核兵器をより使いやすくしようとしたからだ。

・・・略・・・

質問:広島と長崎の式典の印象は?

ストーン:日本に来る前に本やフィルムを見て、強い印象をすでに持っていた。ピーターは何度も日本に来ている。私にとっては初めてだった。でもここに来て印象が変わったということはない。しかし、骨に肉付きがあたえられたように、細部が見えた。

被爆者たちと語り、恐ろしい経験、悲しい経験の詳細を聞いた。原爆が落とされると、ある種のわけのわからない無力感に襲われるということもわかった。広島、長崎ふたつの都市を訪ねてそんなことを感じた。
・・・略・・・

ストーン:とにかく日本の人々には感心した。原爆を絶対忘れまいという意思に感動した。広島、長崎両市の式典はとてもパワフルで記憶というものがどういうものか思い知らされた。記憶が無ければわれわれはただの動物だ。日本人はその点とても優れている。

私は安倍の事は批判したが、政府の人間がここに来て死者を慰霊するのを見るのはうれしいことだった。アメリカはこのことを知っているのか。アメリカはこの式典にだれか送っているのか?

会場:ルース(駐日大使)は来た。広島に。長崎には来なかった。

ストーン:そうか。長崎には来なかったと。でも、米国内ではこの式典の事はまったく知られていない。しかし日本人がこのことを忘れまいとすることは大切だ。子供たちもたくさん来ていたが、子供たちには原爆そのもののことだけでなく、なぜそれが落とされるに至ったか、なにが戦争をひきおこしたのかその辺をしっかり教えてほしい。日本が1931年に満州を侵略した事なども


私はそれらを本で読んだ。今回はこの経験をアメリカに持ち帰ってまた考えたい。広島、長崎のことは忘れない。

怒りはある。でもそこには、許しもある。大切なのはこんなことを二度とまた起こしてはいけないということだ。みんな同じ人間なのだと認め合いましょう。

以上

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)