~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

選挙で選ばれた結果、現代版「ヒトラー」が誕生したとしてもそれは国民が選んだのだ、と

参院選大勝した安倍政権を自らナチス政権と同定するかのような発言。

選挙で選ばれた(安倍・ナチス)政権によって憲法がいつの間にか変わっても当然、という暴論。

サマンサ @nuichakka さん 8/1のtweetより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山崎 雅弘@mas__yamazaki  氏 7/30tweetより

1930年代のドイツで国民から圧倒的な支持を得ていた時、ヒトラーが訴えたのは「英仏等とヨーロッパ全土で戦争しまくります」ではなく「混迷する経済を立て直し、ヴェルサイユ条約で不当に奪い取られたドイツ人の権利 と誇りを取り戻そう」だった。つまり「ドイツを、取り戻す」が国民に支持された。

2013年7月10日 – 12:35

https://twitter.com/mas__yamazaki/status/354806095883141124

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

派手な大衆運動とその過激な主張

当時不景気に喘いでいたドイツ国民にとってこれ以上ない歓喜をもたらす媚薬。

「ナチスとアドルフ・ヒトラー」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【7/29麻生氏発言】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。 ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください

「(ヒトラーは)ワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところ」

・・・略・・・

「憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、お れたちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。・・・略・・・そのときに喧々諤々やりあった。極めて静かに対応してきた」

「中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。・・・略・・・憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が 変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。・・・略・・・あの手口学んだらどうかね。 わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆麻生副総理のナチス発言、【宮台真司】はこう考える! 【11:42】

happyvideolife  【8/8 視聴数 1,427】

http://www.youtube.com/watch?v=kTkLXNd78kk

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Published on 2 Aug 2013

麻生副総理兼財務大臣のナチス発言について首都大学教授の宮台真司氏の見方を語ります­。

TBSラジオ 「荒川強啓 デイ・キャッチ」
画像:http://www.tbs.co.jp/radio/dc/index-j…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆麻生氏が発表したコメント全文

2013年8月1日11時46分

朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201308010051.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

 私は、憲法改正に ついては、落ち着いて議論することが極めて重要であると考えている。この点を強調する趣旨で、同研究会においては、喧騒(けんそう)にまぎれて十分な国民的理解及び議論のないまま進んでしまった悪(あ)しき例として、ナチス政権下のワイマール憲法に係る経緯をあげたところである。私がナチス及びワイマール 憲法に係る経緯について、極めて否定的にとらえていることは、私の発言全体から明らか【?】である。ただし、この例示が、誤解を招く結果となったので、ナチス政権を例示としてあげたことは撤回したい。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆麻生副総理の憲法改正めぐる発言の詳細

2013年8月1日2時18分

朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201307310772.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■Case 05-02「ナチスとアドルフ・ヒトラー」

http://www.cwo.zaq.ne.jp/bface700/frs_plus/bd_Case%2005-02.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

1934年のナチス・ヒトラー政権の成立は、当時の世界情勢の縮図を体言したものであった。

当時、「ヴァイマル憲法」と言う世界で有数の進歩的な憲法を基本とする民主国家での総選挙で、大勢の人々の拍手と喝采に包まれて第一党となったのは、議会を否定する政党だった
これは、当時のドイツ国民がいかに不景気に喘いでいたかを現すもので、また不景気の影に共産主義ありと言われるように、共産主義に言いしれぬ脅威を感じていた感情の裏返しとも言える行動だった。

世界で初めての総力戦、第一次世界大戦で敗戦国となり、それまでの常識からは考えられない多額の賠償金を科せられたドイツは、国内では深刻なインフレと青天井の失業者の増大に悩まされていた。
大戦後のドイツには、「ヴァイマル憲法」のもと普通選挙権や社会権を保障した高度な民主主義体制が表面上築かれていたが、大戦前まで皇帝の強権により国 家運営されていた国で強力な政党が突如出現する筈もなく、各政党はドイツ経済を立て直す抜本的な政策を打ち出すことができず、だからといって当時隆盛して いた共産主義という得体の知れないものに自らを委ねることも出来ず、人々の政治に対する失望や無力感が募っていった。

そうした中から、当時としては斬新なスタイルを見せる政党が出現した。その政党の最も目立った点は、派手な大衆運動とその過激な主張にあり、これは当時不景気に喘いでいたドイツ国民にとってこれ以上ない歓喜をもたらす媚薬として効果を発揮した。
そしてその政党こそがナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)である。ナチスはやがて総選挙で大勝利を収め、党首ヒトラーはその後合法的に独裁制を実現させた。
そして第一党となったナチス党は、共産党による国会焼き討ち事件を契機として、ナチス以外の政党の活動は禁じて独裁体制を強化し、「ドイツの復活」、後には「レーベンス・ラウム(生存圏)」の確立をスローガンとした挙国一致体制を確立する。
そして、これ以後のドイツの政権運営の基本は、ナチス指導による官僚主導の統制経済という「国家社会主義」にあり、この統制経済が国内の失業問題を一気に、たった数年で解決し、さらには国民にはレジャーを楽しむ時間までも与えてしまう。
余談だが、今のドイツ人の旅行好きは、この頃生み出された流れの延長なのではないかと思う。

なお、ナチスの特徴の一つとして「宣伝省」の存在があるのはあまりにも有名だが、ドイツ国内にあるほとんどのマ ス・メディアがこの宣伝省の統制下におかれ、宣伝省は映画や音楽などを使って大衆を扇動することに成功した点は、功罪はともかく時代を反映したと言えるの ではないだろうか

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サマンサ★ @nuichakka さん

2013年08月01日(木) のtweets より

http://twilog.org/nuichakka/date-130801/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言①】「ヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。 ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください」

posted at 11:17:30

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言②】「(ヒトラーは)ワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところ」http://www.asahi.com/politics/updat/0801/TKY201307310772.html…

posted at 11:18:37

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言①②分析ー1】このように、麻生氏は、選挙で国民がヒトラーを選んだことを講演の初めから強調する (ヒトラーの名前が、講演会の前半で6回も出ている)。ワイマール憲法が優れた憲法であっても、ヒトラーは国民による選挙の結果登場し、「いつの間にかナチス憲法に変わった」と。

posted at 11:22:17

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言①②の分析ー2】この麻生氏の発言には、日本での昨年末の衆院選、先日の参院選の結果で、日本国民は 憲法改正を主張する自民党を選んだではないか、それならば現行憲法がいかに優れた憲法であっても、憲法改正は「ありうる」んだということを分かっておいてくれ、という意図がある。

posted at 11:24:26

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言①②分析ー3】つまり、麻生氏発言には、選挙で選ばれた結果、現代版「ヒトラー」が誕生したとしてもそれは国民が選んだのだ、というまるで安倍政権を自らナチスと同質に自らも見ているかのような発言であり、ヒトラーを、ナチスを肯定する発言と言える。

posted at 11:25:54

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言③】「私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の意識は、今回の世論調査でも、20代、30代の方が、極めて前向き。一番足りないのは50代、60代。 ここが一番問題なんです」

posted at 11:27:14

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言④】「今の20代、30代は、バブルでいい思いなんて一つもしていないですから。記憶あるときから就職難。記憶のあるときから不況ですよ。 この人たちの方が、よほどしゃべっていて現実的。50代、60代、一番頼りないと思う。しゃべっていて」

posted at 11:28:38

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言③④分析ー1】麻生氏は、世論調査で2,30代が憲法改正に前向きだという結果を出してきて、就職難 世代が憲法改正に積極的だと言う。では、逆にお聞きしたい。山本太郎議員が約66万票 三宅洋平候補は17万超え、改憲反対の社民、共産、生活、みどりの風の得票数を足せば、(続く)

posted at 11:31:01

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言③④分析-2】続き)2,30代の中にも、そしてそれ以上の世代にも多く改憲反対者はいるということである。麻生氏は、憲法改正に前向きな有権者しか憲法改正論議の輪に入れていない。自分の身内とのみ、憲法改正について話し合う姿勢しか見せていない。

posted at 11:33:14

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言⑤】「憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、お れたちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。略)そのときに喧々諤々やりあった。極めて静かに対応してきた」

posted at 11:35:09

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言⑥】「中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。略)憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が 変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。略)あの手口学んだらどうかね。 わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね」

posted at 11:37:05

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言⑤⑥分析ー1】「憲法改正は静かにみんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと」と 言うなら、まずは自民党憲法改正草案についての情報開示し説明を広く行い、憲法改正について同草案を分析できる専門家を交え、賛成派、反対派をバランスよ く交えて話し合いを重ねるべき。

posted at 11:42:30

――――――――――――――――――――

【麻生氏発言⑤⑥分析ー2】麻生氏は、選挙結果のみに重点を置いて憲法改正を進めようとしている。憲法改正反対の人間の言葉、意思表示を「わーわー騒ぐ」と一蹴する麻生氏の姿勢は、卑怯である。改正に反対する人間の疑問、指摘にひとつひとつ、丁寧に説明し回答することが、あるべき議論である。

posted at 11:45:03

――――――――――――――――――――

麻生氏発言の最大の問題は、憲法改正問題を、ワイマール憲法が誰も知らないうちにナチス憲法に変わっていたことを例に、進めようとしている事。国民が選挙でヒトラーを選んだのだから、ヒトラー政権によって憲法がいつの間にか変わっても仕方ない、という先の大戦の犯罪を否定する暴論を使っている事。

posted at 11:51:00

――――――――――――――――――――

マスコミ関係者は、麻生氏の今回の発言を招いた要因として、マスコミの報道姿勢にも大きな原因があることを猛省し てもらいたい。選挙前、また昨年の大飯原発再稼働前の情報の隠蔽(再稼働反対の抗議活動や生活の党をはじめとした脱原発政党や候補者隠し)を猛省しなけれ ばダメだ。

posted at 11:55:41

――――――――――――――――――――

麻生氏発言は、国際社会の、先の大戦による莫大な犠牲や、戦争に対する反省の営為を完全に無視している。ましてや ファシズム国家であった自国(日本)の過去の戦争責任は棚上げしたまま。かつてのファシズム国家の副総理が、ナチスを持ち出してそれに倣おうと言えば、当 然、国際社会から袋叩きに遭う。

posted at 12:04:47

――――――――――――――――――――

NANAMI@nanachin1990

福島から子どもが消えた~ 福島12市町村
避難区域の小中学生 実に8割減少 原発事故で大量転校
(河北新報) | Finance GreenWatch http://p.tl/bEbx
◇ https://pic.twitter.com/RjgNx4UflW

Retweeted by サマンサ★

retweeted at 12:08:59

――――――――――――――――――――

野党も麻生氏に発言の撤回と辞職を求めるだけでなく、自民党憲法改正草案自体を検討し、国民に周知し、議論を重ねるよう強く提案すべきだ。憲法改正反対派も交えることを提案すべき。ー麻生副総理発言、野党が批判「発言撤回と辞職求める」 – 朝日新聞http://t.asahi.com/byg0

posted at 12:13:30

――――――――――――――――――――

朝日新聞官邸クラブ@asahi_kantei

麻生氏が発表したコメント全文 (http://www.asahi.com) http://t.asahi.com/byod

Retweeted by サマンサ★

retweeted at 12:23:55

――――――――――――――――――――

「マッカーサー率いるGHQはソ連ならびに共産党の躍進を脅威と捕らえ反米勢力と決定づけていた。参謀本部内の特務機関を使い、様々な工作を仕掛け、共産分子の検挙に力を入れていた」
RT@hanayuu 【麻生ナチス発言の背景】ドイツ国会議事堂放火事件と下山・三鷹・松川事件は類似点が多い

posted at 12:33:56

――――――――――――――――――――

戦後日本はGHQの介入によって「共産分子」を社会から一掃することに血眼になっていた。その背景(蓄積)の結果、今日的状況があると言える。RT@hanayuu【麻生ナチス発言背景】ドイツ国会議事堂放火事件と下山・三鷹・松川事件は類似点多いhttps://www.facebook.com/hanayuu999/poss/455781161187974…

posted at 12:40:36

――――――――――――――――――――

戦前に大手を揮った三井・三菱・住友・安田などの財閥は、1945年の日本降伏後、1947年にGHQの指令によ り解体されたが、解体後の三井、三菱、住友などの財閥とGHQの関係は深く、これら財閥と警察(公安)、政界との闇の繋がりは密着なものだったと私は思っ ている。RT@hanayuu

posted at 12:58:10

――――――――――――――――――――

続)マスコミも戦後この闇と繋がった。そして、私たちは情報操作され今に至る。RT@hanayuu 【麻生ナチス発言の背景】ドイツ国会議事堂放火事件と下山・三鷹・松川事件は類似点多い(証拠はなかったが大衆は共産党が関与したと思い込んだ)https://www.facebook.com/hanayuu999/poss/455781161187974…

posted at 13:00:59

――――――――――――――――――――

@hanayuu 【松本清張「日本の黒い霧」より~戦後日本とGHQの闇~①】
「G2とGSは極めて仲が悪かった。ホイットニーとウイロビーはマッカーサーの前でいつも激論を繰返していた。日本の官僚は同時に同じことについて違う命令を出されてうろうろした」

posted at 14:31:12

――――――――――――――――――――

@hanayuu 【松本清張「日本の黒い霧」より②~戦後日本とGHQの闇~】
「G2はお得意のスパイを始め、汚職やアカの理由をつけて200余名の進歩派を本国に追放した。日本の警察も駆り出されてはGSやESS(経済科学局)の高官を尾行した。GSも負けてなかった」

posted at 14:32:49

――――――――――――――――――――

@hanayuu 【松本清張「日本の黒い霧」より③~戦後日本とGHQの闇~】
「彼らはCIE(民間情報教育局)と連絡して、日本政財界マスコミに触手を伸ばし、1947年頃までにアメリカの宣伝の主導権を握った」

posted at 14:34:06

――――――――――――――――――――

@hanayuu 【松本清張「日本の黒い霧」より④~戦後日本とGHQの闇~】
「1947年2月、CIAやPSB(心理戦略局)が日本にやってくると、全権を与えられたガールゲットはDRS(記録調査局)を設立、日本におけるスパイ機関を再編成した」

posted at 14:34:53

――――――――――――――――――――

@hanayuu【下山事件とGHQと今】実働部隊G2と財閥エリート民生局GSの対立「下山事件はGHQの関与なしには成立しない事件であり、今でもマスコミが沈黙していること自体がこの事件の重要さを示している。それは多分現代にも影響を及ぼす」http://oriharu.net/gabana_n/Zaaka/hibi0505/hibi-niisi-050514.htm…

posted at 14:38:23

――――――――――――――――――――

@hanayuu GHQにより解体された三井、三菱、住友などの財閥とGHQの癒着は、警察(公安)と政界以上に力を持っていたとも推測でき、それが原発や麻生発言の背景にあるのかも知れません。https://twitter.com/nuichakka/stats/362784295582052353…
https://twitter.com/nuichakka/stats/362785002959810561…

posted at 15:19:07

――――――――――――――――――――

@hanayuu ありがとうございます。戦後の三井、三菱、住友を筆頭とした財閥とGHQの関係について少し調べています。それから、松本清張が、かなり調査して(清張の 調査能力は秀でたものがあります)、いろいろとまとめているはず。ここらへんを明らかにしないと、日本の再生は難しいかも。

posted at 15:25:36

――――――――――――――――――――

@hanayuu  そんなことを考えていると、山本太郎議員の歩む道は本当にいばらの道だと思います。そして、「知識人はひるんでいる」という孫崎亨先生の指摘にも首肯できるところがあります。太郎さんをどうやってみんなで守って行くか、本当に知恵と高度な戦略が必要です。

posted at 15:28:10

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)