~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本最大の薬と研究者に関わるスキャンダル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

安倍晋三首相の「成長戦略」における医療分野への期待は、風前の灯?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本の医学系研究費の半分を民間資金に頼る『産学連携』

『研究費と利益誘導という癒着』の構図による【降圧剤「バルサルタン」の臨床試験疑惑】は

「日本発の医薬品の国際的な信用の大きなマイナス」となった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

疑惑の薬・バルサルタン:/上・中・下/連載担当:毎日新聞・河内敏康、八田浩輔

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

医学誌ランセットに、これらの臨床試験への「懸念」を示す論文が掲載。執筆した京都大病院の由井芳樹医師は、降圧剤の効果で血圧はいずれも下がるものの、下がり方には当然差が出るはずだと指摘。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆疑惑の薬・バルサルタン:/上 血圧データ、不自然な一致 4大学、別々の臨床試験

毎日新聞 2013年06月21日 東京朝刊

http://mainichi.jp/select/news/20130621ddm002040062000c.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

医学系研究費の半分を民間資金に頼る日本の現状。

宮坂信之・東京医科歯科大名誉教授「医学の発展のためには製薬企業の支援は今後も欠かせない。国策で産学連携を進めた結果として今回のような問題が起きた」。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆疑惑の薬・バルサルタン:/中 臨床試験に懸けた製薬企業 不透明な産学連携

毎日新聞 2013年06月22日 東京朝刊

http://mainichi.jp/select/news/20130622ddm002040034000c.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

安倍晋三首相が期待する医療分野における「成長戦略」に水を差す降圧剤「バルサルタン」の臨床試験疑惑。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆疑惑の薬・バルサルタン:/下 日本医学に深まる不信 成長戦略、阻む恐れ

毎日新聞 2013年06月23日 東京朝刊

http://mainichi.jp/select/news/20130623ddm002040087000c.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆バルサルタン:臨床試験疑惑 「統計解析、元社員任せ」 慈恵医大が陳謝

毎日新聞 2013年07月31日 東京朝刊

http://mainichi.jp/select/news/20130731ddm041040195000c.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【抜粋引用開始】

 「遺憾ながら、何者かによってデータが人為的に操作されていると考えられる」。慈恵医大で記者会見した橋本和弘調査委員長。

 調査報告書は「データ操作は統計解析段階でなされた」と推認し、元社員の不正への関与を強く示唆。 一方、今月27日元社員は、データ操作への関与を否定、統計解析を行ったことも否定。しかし、責任者の望月正武元教授ら大学側の研究者十数人は「統計解析をしたのは元社員」と証言。調査委は「元社員の供述は虚偽」と判断。

【抜粋引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆降圧剤データ:慈恵医大も操作認める 論文撤回へ

毎日新聞 2013年07月30日 21時48分(最終更新 07月30日 23時28分)

http://mainichi.jp/select/news/20130731k0000m040066000c.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【抜粋引用開始】

 論文の責任者は望月正武教授(71)=2007年に退職。研究チームは、バルサルタンの発売後、慈恵医大病院とその関連病院などで臨床試験を実施した。高血圧患者約3000人を、バルサルタン服用の約1500人と別の降圧剤服用の約1500人とに分けて、経過を比較。「バルサルタンには他の降圧剤と比べ脳卒中を40%、狭心症を65%減らす効果があった」などと結論付け、07年に一流英医学誌ランセットで 発表した。

 調査委が調べると、論文に使われた解析用データの血圧値と、実際のカルテの記載とが異なるケースが多数見つかった。また、残っていた約3000人分のデータを再解析したところ、患者群の血圧の変化が論文と異なり、「論文は人為的に操作された」と認定した。

 その結果、論文が脳卒中や狭心症などの予防に効果があるとした結論については、「論文に欠陥があり、正しかったかは判断できない」と指摘した。

 降圧剤バルサルタンに宣伝された脳卒中予防などの効果に科学的な根拠がなかった.。

患者には個人負担の増加、公的には医療費の増大をもたらしたという意味で、看過できない問題。

【抜粋引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆クローズアップ2013:降圧剤疑惑、製薬会社初会見 社内調査、甘さ露呈

毎日新聞 2013年07月30日 東京朝刊

http://mainichi.jp/opinion/news/20130730ddm003040086000c2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【抜粋引用開始】

府立医大はカルテまでさかのぼって検証し、「データ操作された」と判断しているのに、スイス本社が委託した第三者機関の調査結果からは、データ操作に関与した形跡が見つからなかった。

 今回、第三者機関が聴取できたのは経営陣、社員15人と元社員2人のみ。臨床試験が実施された当時の幹部社員の中には、別の製薬会社に移っている人物が複数いるが、「強制力がない」(ノ社)として聴取できていない。また、元社員が府立医大の試験の統計解析に使ったパソコンのデータも調べられなかった。

【抜粋引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆バルサルタン:服用で皮膚障害か 厚労省が調査開始

毎日新聞 2013年07月29日 14時51分(最終更新 07月29日 16時31分)

http://mainichi.jp/select/news/20130729k0000e040198000c.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤ディオバン(一般名・バルサルタン)を服用後、皮膚の広範囲がただれるなどの重い症状が出たとの報告がわずかながらあるとして、厚生労働省などが29日までに調査を始めた。薬の添付文書に副作用情報として記載するようノ社に指示するか、8月にも判断する。

・・・略・・・

 服用を急に中止すると血圧が上がって脳卒中や心筋梗塞につながる恐れがある。(共同)

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)