~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは「交渉」ではない―日本は「何に参加するのか」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7/23 鶴岡首席交渉官が参加国間でテキスト「守秘義務」契約を交わす。

しかし参加国と守秘義務っていうが、国民への「説明責任」はまったく無視!

すでにTPP24分野での議論は大きくは終了しており、マレーシア政府の発表によると29章あるうちの14章はテキストの策定も終わっている。

7/23 内田聖子 マレーシア、コタキナバルTPP交渉会合の会場より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆自民TPP対策委員長「100点満点はない」

tbsnewsi

http://www.youtube.com/watch?v=uGeyhW0Ltoc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

公開日: 2013/07/21

日本は23日からTPPの交渉会合に初めて参加しますが、自民党のTPP対策委員長は­農業重要5品目の関税が守れるかについて「100点満点はない」と厳しい見通しを示し­ました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

TPP交渉会合会場からのライブその2:日本の交渉官が行列つくって並ぶ!驚き。しかももっと驚きは、大量にいるマスメディアは何の質問も声掛けもしない!!!驚愕です。私はいろいろ聞きましたがみな一切答えない!

14:20過ぎにNZが日本の「守秘義務」の契約書を受け取る。その後各国へ通知。つまりまだテキストは十分に読み込まれていない、ということになる。(日本のメディアセンターから)

現在、日本政府が交渉会合会場のホテルに設置した「日本のメディアルーム」に来ています。大勢の記者が一生懸命に記事を書いています。でも、はっきりいってほとんどが政府の発表に基づき書いているだけと思います。ううむ。この後UST中継します。

7/23 内田聖子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆TPP交渉、日本政府が正式参加 12番目の参加国に

2013年7月23日15時34分

朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/business/update/0723/TKY201307230231.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆日本、23日にTPP交渉会合に初参加

読売新聞 

7月22日(月)19時28分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130722-00001430-yom-bus_all

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 【コタキナバル(マレーシア東部)=辻本貴啓】日本政府は23日午後、当地で今月15日から開かれている環太平洋経済連携協定(TPP)の第18回交渉会合に初めて参加する。
 税撤廃の例外品目などに関する協議などは22日までに終わっているため、全部で24の作業部会のうち日本が参加できるのは、著作権や模倣品取り締まりルールを議論する「知的財産」など六つに限られる。

 ・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆TPP、23日にも日本が交渉参加 抗議へ管内統一行動

2013年07月20日 13時30分

十勝毎日新聞

http://www.tokachi.co.jp/news/201307/20130720-0016185.php

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆TPP 危険性 浮きぼりに

「日本農業の除外 同意してない」米議会で通商代表が証言、下院歳入委公聴会

2013年7月20日(土)

しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-20/2013072003_02_1.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 オバマ米政権の通商政策をめぐり18日に開かれた下院歳入委員会の公聴会で、日本の環太平洋連携協定(TPP)参加の危険性が改めて浮き彫りになりました。

 同委員会のキャンプ委員長は、TPP交渉に関連して「自動車、保険、農業分野での日本の非関税障壁について重大な懸念を持っている」と強調し、米政権に対し障害除去の作業に取り組むことを要求しました。レビン委員も、日本は自動車輸入に対し厳しい制限があるとした上で、「米国が日本と何を交渉するかが米経済に重要な影響を及ぼす」としました。

 米通商代表部(USTR)のフロマン代表は、「参加以前の段階で米国産牛肉輸入の規制緩和などで日本とは合意に至っている」と指摘。自動車、保険分野でも日本と事前交渉の中で進(しん)捗(ちょく)があったと強調しました。さらにフロマン代表は、「非関税障壁がTPP協定の重要な分野だ」としてTPP交渉および並行して行われる日米2国間交渉で「目的に達することができる」としました。

 カインド委員が「安倍自民党がコメ、小麦・大麦、豚肉・牛肉、乳製品、砂糖を交渉の対象外にしようとしている」と指摘し、TPP交渉をゆがめるものだとしました。

 これに対しフロマン代表は、「日本がすべてを交渉のテーブルに乗せることに合意したことはわれわれにとって非常に重要なことだった」「日本農業に関し前もって除外することに同意していない」としました。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆米通商代表、TPP事前協議で「進展」 日本との重点3分野で

(07/19 00:51)

北海道新聞

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/480308.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)のフロマン代表は18日、通商政策をめぐる下院歳入委員会の公聴会に臨み、日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加について、・・・事前協議で政府が重視する自動車、保険、農業の各分野で日本の市場参入に向けた話し合いに「進展があった」との認識を示した。

 フロマン代表は「交渉議題のすべてに合意することが重要だ」と指摘し、関税撤廃に例外を求める日本の姿勢をけん制した。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆TPP交渉マレーシアその1 【7/23  ustream live 妨害音?あり】

PARC Events

内田聖子

http://www.ustream.tv/recorded/36236163

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆TPP交渉マレーシアその2 【7/23  ustream live 妨害音?あり】

PARC Events

内田聖子

http://www.ustream.tv/recorded/36237813#/recorded/36236163

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

内田聖子 @uchidashoko 氏

2013年07月23日(月)  のtweets

http://twilog.org/uchidashoko/date-130723/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

―――――――――――――――――――

確かに私もそういうこと気になって仕方ないです。RT @fullertoffler: @uchidashoko 妄想し出すと止まらない。国家機密専用の回線でしかテキストダウンロードできないとか。それでコピー数管理されてるとか。しかも登録したパソコンでしか閲覧できないシステムになって

posted at 00:54:12

―――――――――――――――――――

明日、日本がTPP交渉参加の場合、①米国議会からの通知(昼頃)、②鶴岡首席交渉官が参加国間でテキスト「守秘義務」契約を交わす、③テキストへのアクセス権を与えられインターネット上で閲覧可能、という運びに。しかし参加国と守秘義務っていうが、国民への「説明責任」はまったく無視かよ、と。

posted at 01:33:00

―――――――――――――――――――

★ブログ更新★まとまった分析ではありませんが、「日本のTPP交渉参加」という政府、それを報じるマスメディアに、改めて大きな疑問を感じ短く書きました。→「これは「交渉」ではない―日本は「何に参加するのか」」 http://ow.ly/ncLWo

posted at 02:22:20

―――――――――――――――――――

マレーシアから:何と急きょ、「一人UST中継」をしています。朝、ウェブカメラを購入し、ホテルでUST中継中!随時流しますのでぜひご覧を!この時間は、日本政府の参加を控えた状態。 http://ow.ly/ndScU

posted at 14:20:32

―――――――――――――――――――

さっきから日本のマスメディアの人たちは、暑い中2時間以上も入口で交渉官が入ってくるのを待っている。私は座ったりメールしたり電話したりと適当に過ごしているけど、とにかくみな、「交渉官がいよいよ参加!」という画をとらないといけないようです。

posted at 15:00:25

―――――――――――――――――――

TPP交渉会合会場からのライブその2:日本の交渉官が行列つくって並ぶ!驚き。しかももっと驚きは、大量にいるマスメディアは何の質問も声掛けもしない!!!驚愕です。私はいろいろ聞きましたがみな一切答えない! http://ow.ly/ndW16

posted at 15:31:19

―――――――――――――――――――

14:20過ぎにNZが日本の「守秘義務」の契約書を受け取る。その後各国へ通知。つまりまだテキストは十分に読み込まれていない、ということになる。(日本のメディアセンターから)

posted at 15:58:33

―――――――――――――――――――

現在、日本政府が交渉会合会場のホテルに設置した「日本のメディアルーム」に来ています。大勢の記者が一生懸命に記事を書いています。でも、はっきりいってほとんどが政府の発表に基づき書いているだけと思います。ううむ。この後UST中継します。

posted at 16:00:25

―――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆これは「交渉」ではない―日本は「何に参加するのか」

2013年7月23日火曜日

Acts for Democracy

(内田聖子)

http://uchidashoko.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

7月19日より、マレーシア・コタキナバルに来ている。

第18回TPP交渉会合の現場は、これまでの交渉と同じように、粛々と、秘密裡に交渉が進められ、その進展内容は外側からは見えない。

日本の参加がいよいよ明日23日というタイミングとなった。

2年間、日本のTPP交渉参加に反対してきた者として、言葉では表せない怒りと失望に耐えない。昨日の参院選での自民党圧勝の報せがさらにその思いを強くさせる。

 

日本でのTPP報道は、やはり偏っている。現地ではデモもあり、国際NGOらはTPPへの懸念を最大限、交渉官にアピールし、「秘密交渉」に対する監視と批判のまなざしを今回も努力して続けている。しかしそれらの声は何も報じられていない(唯一報じたのは私がチェックする限り『日本農業新聞』と『赤旗』のみ)。私たち反対側の力の足りなさは反省してもしすぎることはないのだが、しかしこうしたマスメディアの状況が、これだけ不利なTPP交渉にまい進する自民党政権を許してきた面もある。

昨日、今日も、マスメディアでは「日本がいよいよ交渉参加」「聖域を守れるか」などのニュースにとどまり、日本がいかに不利であるかを明らかにした記事はほとんどない。

改めて言いたいのは、日本が参加するのは「交渉」ではない、ということだ。

すでにTPPの24分野での議論は大きくは終了しており、マレーシア政府の発表によると29章あるうちの14章はテキストの策定も終わっている。もちろんこれからいくつかの分野で交渉は進む。しかし日本はそこで何を「勝ち取る」と設定しているのだろうか。

昨年12月の衆院選にて、自民党はTPP交渉に関する6項目というものを掲げた。すなわち「農産物5品目を守る」「国民皆保険を守る」「食の安全・安心を守る」「国の主権を脅かすISD条項は認めない」等である。これらはすべて「守る」ことを宣言したにすぎず、「●●を勝ち取る」という宣言ではない。私たち反対運動をする側は、「TPPパラノイア(恐怖症)」と、「TPPによる不安を過剰に喧伝する集団」として『NEWS WEEK』(日本版)に紹介されたことがある。しかし、「TPPパラノイア」と呼ばれてしかるべきは、「守る、守る」としか言えない日本政府そのものの姿ではないのか。

・・・以下・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

内田聖子 @uchidashoko 氏

2013年07月22日(月) のtweets

http://twilog.org/uchidashoko/date-130722/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

―――――――――――――――――――

本日から、コタキナバルTPP交渉会合の会場に、自民党から4名の議員が来るという。西川公也氏、宮腰光寛氏、小里泰弘氏、葉梨康弘氏。いずれも自民党内の農業分野がメインイシューの人たちだ。しかし国会議員であっても日本の交渉官にアクセスできないという説もある。

posted at 16:02:24

―――――――――――――――――――

本日は交渉官やNGO、その他ステークホルダー、他国メディアと立て続けに会い、情報収集。交渉現場では様々な情報(断片的なものや、必ずしも事実でないようなものも)が混在しているので、拙速な発信は控えますが、後でまとめの分析を送ります。

posted at 16:04:00

―――――――――――――――――――

TPP交渉会場のホテルには明日から日本のメディア・関係者向けのメディアルームが設け―――――――――――――――――――

られ、毎日夕方にブリーフィングをやるらしい。私も参加してみよう。しかし何か発表できる内容があるのだろうか、と疑問だ。そもそも内容は話さないし聞くなと箝口令が敷かれているので中味に期待はできない。

posted at 16:06:39

―――――――――――――――――――

日本は昨日、参院選だったため(その結果は最悪だが)、昨日・今日のマスメディアは選挙一色だったと思う。TPP交渉会合の場では日本のメディアもたくさん来ているが、どこまで報道されているのかつかめない(ネットニュースの検索はしていますが)。皆さん、日本のTPP報道はどんな様子ですか?

posted at 16:10:37

―――――――――――――――――――

TVニュース「日本は23日からTPPの交渉会合に初めて参加しますが、自民党のTPP対策委員長は農業重要5品目の関税が守れるかについて「100点満点はない」と厳しい見通し」  http://ow.ly/nbHr2 驚きである。交渉に行く前から「無理」と言い訳!

posted at 19:07:53

―――――――――――――――――――

明日、日本政府は米国議会の「承認」を受け、初めて読むことができるテキストを人海戦術で読む、と報道に出ていた。テキストは1000ページ以上。大急ぎで読むのだろうが、まるでドラマか映画の世界。私もボランティア要員に志願したらテキスト読ませてもらえるかしら(笑)

posted at 21:08:17

―――――――――――――――――――

そうですか。やはり。RT @ushiwakamaru02: @uchidashoko 札幌で講演聞いてからTPPについて、講演の内容をまとめてこんな可能性があるよと身の回りの高校生や大学生話しています。選挙報道から一日TPPの情報は全然入ってきません。

posted at 21:14:42

―――――――――――――――――――

ひどいですね。意図的に「触れない」空気(圧力)を感じます。RT @lamohkun: @uchidashoko TPPに関しては報道は皆無に近いですね。選挙ステーションで古館氏が山本太郎氏の活動内容でTPPと言った途端、解説者の論説委員が話を切り替えようとして遮りましたから。

posted at 21:15:42

―――――――――――――――――――

はい、例の山形JAを恫喝した御仁です。RT @xyn9: 西川=恫喝の人か…何だかなー QT @uchidashoko: 本日から、コタキナバルTPP交渉会合の会場に、自民党から4名の議員が来るという。西川公也氏、宮腰光寛氏、小里泰弘氏、葉梨康弘氏。

posted at 21:16:44

―――――――――――――――――――

本当ですか!やはりそう言ったか。絶対に信任などしていないと訴えなければいけません。RT @papillon234: @uchidashoko アベチンが「TPPについても信任をもらいました。」とほざいていました。(–;)

posted at 21:17:56

―――――――――――――――――――

日本のメディアでTPP交渉参加がほとんど触れられないという件について。①実際に現地でマスメディアは交渉官に会えるわけもないので情報が取れない、②日本の参加を待ち構えているだけなのであまり内容を取材しない、③日本政府から箝口令が敷かれている。さてこのうちどれでしょう?

posted at 21:22:42

―――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆TPP、23日にも日本が交渉参加 抗議へ管内統一行動

2013年07月20日 13時30分

十勝毎日新聞

http://www.tokachi.co.jp/news/201307/20130720-0016185.php

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用転載開始】

集会やチラシ配布計画
・・・略・・・
行政、農業、経済、消費者など30団体で組織する「TPP問題を考える十勝管内関係団体連絡会議」(代表・高橋正夫十勝町村会長)が市町村に呼び掛け、応じた。同会議は「十勝住民の総意として地方の声を訴え、交渉参加へのかじを切った政府に抗議する」としている。同会議では24日午後に帯広市内の十勝合同庁舎で会議と共同記者会見を開く。

管内町村の集会は、日本が交渉参加後の23日午後から開始。同日は先陣を切って午後1時半から上士幌町、同5時から芽室町内で開かれる。本別町では同6時半から酪農学園大の中原准一名誉教授を招き協定内容を学ぶ時間も設けた集会、更別村でも同7時から「モンサントの不自然な食べもの」を上映し、TPP協定の問題点を理解してもらう内容にしている。

24日は清水町、広尾町、足寄町、音更町でそれぞれ集会を開催。この他の市町村は全戸または新聞折り込み、街頭でのチラシやティッシュ配りなどを計画する。

全道集会はJA道中央会など第1次産業団体でつくる実行委員会が主催し、「TPP交渉参加に抗議しTPPから北海道を守り抜く総決起大会」を25日午後1時半から、札幌市内の中島公園で開く。(関坂典生)

【引用転載終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)