~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大きな利権が、人々の命を軽く扱っている

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆著名科学者が警告するHPVワクチンの危険性

Beyond 5 Senses

Tamekiyo.com

掲載2010年2月23日

http://tamekiyo.com/documents/mercola/hpv.php

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジョージフ・マーコラ博士

By Dr. Joseph Mercola

(Mercola.com)

2008年10月25日

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

そうすると、次のように質問しなければならないだろう。以下のような事実があるにもかかわらず、何故これほど必死にHPVワクチンを推進しているのか?

 

1. そもそも、非常に稀なタイプの癌の予防である。

2 予防対象のウィルスは、98%の場合、子宮頸癌の原因でないウイルスである。

3. 定期的な婦人科検診を推進すれば、簡単に発見・治療できるタイプの癌を防止するものである。

4. 安全な性習慣の促進によって実現できるほどの予防効果もない。

5. ワクチンは約三年間の予防価値しかないかもしれないのに、性的活動を始める前の年齢の少女に対して推進されている。

6. HPVの100種類以上のウィルス株の内、たった4種類の予防にしかならない。その全種類が、90%以上の症例で、身体本来の力で対処可能なものである。

7. 安全だと証明されて「いない」。例えば、癌を発生させたり、不妊症になる可能性があるかは誰にも分からない。

・・・略・・・

◆子宮頸がんワクチン接種を「一人でも少なく」しよう!◆

90%の確率で自然に消える感染症を予防するために、

深刻な副作用の危険のあるワクチンを接種する理由は、全然ない。

それに、予防できるという保証はない。

ワクチンを受けてもHPVに感染する可能性は依然としてあるからだ。

ワクチンを接種する人が有利になる状況は、本当にない。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆子宮頸がん:接種勧奨中止 ワクチン副作用検証へ 厚労省

毎日新聞 

2013年06月14日 21時43分(最終更新 06月14日 21時44分)

http://mainichi.jp/select/news/20130615k0000m040081000c.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 4月から予防接種法に基づく定期接種が始まった子宮頸(けい)がんワクチンについて、厚生労働省の専門家検討会は14日、接種後に体に痛みを訴える中高生らが相次いでいることを受け、積極的に接種を勧めることを一時差し控えることを決めた。原因や症例が詳しく分かっていないための措置だが、定期接種自体は中止しない。定期接種の積極勧奨を控えるのは2005年の日本脳炎に次いで2例目。

 定期接種を受けることは同法で国民の努力義務となっている。厚労省は、自治体に通知を出し、接種対象者に郵送している予診票の郵送を見合わせる。定期接種を広報する際も、積極的に勧めていないと注釈を付け、医療機関でも同様の説明をするよう求める。

 検討会には、全身や体の広範囲が痛む症例が43例報告され、うち11例は未回復だった。日本より先に公的接種を開始した海外でも重篤な体の痛みの副作用が計108例あることも報告された。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東洋医‏ @touyoui 2012年4月3日 のtweet より

http://www.youtube.com/watch?v=HYLucO1wuzs&feature=related これは恐ろしいことですね~!しかし、これは日本での話しですが、実は全世界でこのワクチンが推進されており、とくにアフリカの少女たちには銃口をつきつけられワクチン接種をさせられているそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆不妊になる危険性を知ってて断種ワクチンを推進する新日本婦人の会

http://www.youtube.com/watch?v=HYLucO1wuzs

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

tomato7501 さんが 2010/07/25 にアップロード

220723子宮頚がん予防ワクチンの危険性(全文PDF版)
http://kokutaigoji.com/teigen/pdf/220723HPV_vaccine_PDF.pdf
220723公開質問状 その一(全文PDF版)
http://kokutaigoji.com/teigen/pdf/220723koukaishitsumon_1.pdf
緊急提言
http://kokutaigoji.com/teigen.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆小学6年生の娘の父として『子宮頸がんワクチンについて』

平成22年12月10日 川口市議会(定例会) 稲川和成議員 質問

http://www.youtube.com/watch?v=h6Ccn5zv8UI

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


 

aromaism さんが 2011/03/13 にアップロード

小学6年生の娘の父として『子宮頸がんワクチンについて』平成22年12月10日川口市議会における稲川和成議員の質問内容1を収録致しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆子宮頸がん対策

柏崎を真剣に考える掲示板

http://hpcgi3.nifty.com/miida/sbbs/bbs/miida.cgi?mode=view&no=939&list=all

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

8ワクチンの危険性 - 2011/02/16 17:42

著名科学者が警告する子宮頸がんワクチンの危険性が述べられています。
http://tamekiyo.com/documents/mercola/hpv.html
何故これほど必死に推進しているのか?
大きな利権が、人々の命を軽く扱っているのはないでしょうか。
では、どうすればよいか。大きなヒントが以下にあります。
抗ガン剤で殺される(船瀬俊介)
http://www.youtube.com/watch?v=xBkgcU7B9TU
医療と健康(リチャードコシミズ氏)
http://www.youtube.com/watch?v=yy1x0corZq4&feature=PlayList&p=A207290BB4F6FAE5&index=0&playnext=1

・・・略・・・

[36エイズ、そして子宮頸がんワクチン - 2011/07/21 21:25

アメノウズメ塾中級編③ 人口削減計画 ワクチン 
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=reDecq9mikA

[37強制ワクチン接種 - 2011/08/02 09:37

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は逃げ惑うアフリカのマラウイの子供たちに銃口を突きつけ無理やりワクチンを注射し、子供の親を逮捕しました。子供たちはワクチンを注射するか警察に殺されるかしかありませんでした・・・・これはビル&メリンダ・ゲイツ財団の「人道主義」の後ろの汚い現実です
http://www.naturalnews.com/033119_vaccinations_gunpoint.html#ixzz1TEIMapdD
知ってた?親は子供がワクチンを受ける権利に干渉する権利を持っていません。
国連で決まっているそうですよ。

シガレットとタバコ
化学添加物のないタバコの葉だけで喫煙するならば、健康上のリスクは低い。
有毒な化学物質が詰まっている高度に加工製造されたシガレットと、自然のタバコ植物の違いを明確にする必要がある。
実際、加工食品には加工シガレットと同じくらい豊富な種類の化学添加物が含有されたものがある。それでも人々は深く考えることもなく、 既知の発癌性化学物質で作られた極めて毒性の高いデリカテッセンの加工肉と加工パンで作られたサンドイッチをむさぼり食っている。
http://ja.naturalnews.com/?p=673#more-673

[38牛乳神話 - 2011/08/04 17:53

なるべくなら牛乳は飲まないほうがよい!
http://blue.ap.teacup.com/97096856/3185.html

乳酸菌はいいから、豆乳ヨーグルトを。
http://tonyu.tnashi.com/howto1.html

[39ぺんぺん草 - 2011/08/07 02:50

牛乳は健康飲料だから体によいことは実証済み。豆乳は糖分

[40ぺんぺん草 - 2011/08/07 03:00

豆乳は研究段階だからなんともいえないのが実態だ。理由は糖尿病となる糖分が多いのが問題だそうだからである。

[4114歳、子宮頸がんワクチン接種後死亡国内初 - 2011/09/13 09:35

子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種を受けた国内在住の14歳の女子中学生が、2日後に死亡していたことが分かり、12日、厚生労働省の専門調査会で報告された。

 ワクチンは英グラクソ・スミスクラインが製造した「サーバリックス」で、接種後の死亡例は国内では初めて。ワクチン接種との直接的な因果関係は認められないという。

 報告によると、中学生は今年7月28日に接種を受け、30日朝に心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。中学生には突然不整脈を起こす「心室頻拍」の持病があり、直接の死因は不整脈と推定されている。

 サーバリックスは2007年5月に豪州で初承認され、日本では09年12月に販売が始まり、これまで約238万人が接種を受けたと推定される。同ワクチン接種後の死亡は今回が世界で5例目。因果関係がはっきりした事例はないという。
(2011年9月13日07時02分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110912-OYT1T00716.htm

[42テキサスの女子生徒がリック・ペリーの強欲で今だに亡くなっている - 2011/09/29 10:41

HPVワクチン~ワクチンを受けた11人が1週間未満で死亡、その内7人は2日未満で死亡
http://www.naturalnews.com/033715_Rick_Perry_HPV_vaccine.html

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は逃げ惑うアフリカのマラウイの子供たちに銃口を突きつけ無理やりワクチンを注射し、子供の親を逮捕しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆Gates Foundation partner forces vaccines on Malawian children at gunpoint, arrests parents

Natural News .com

Saturday, July 23, 2011

by: Ethan A. Huff, staff write

http://www.naturalnews.com/033119_vaccinations_gunpoint.html#ixzz1TEIMapdD

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆著名科学者が警告するHPVワクチンの危険性

Beyond 5 Senses

Tamekiyo.com

掲載2010年2月23日

http://tamekiyo.com/documents/mercola/hpv.php

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PROMINENT SCIENTIST WARNS OF HPV VACCINE DANGERS

ジョージフ・マーコラ博士

By Dr. Joseph Mercola

(Mercola.com)

2008年10月25日

 (翻訳:為清勝彦 Japanese translation by Katsuhiko Tamekiyo)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガーダシル(Gardasil)とサーバリックス(Cervarix)の潜在的危険性について持ち上がっている問題を追っていれば、これらHPVワクチンが(意図的か偶然か知らないが)不妊症を引き起こす可能性のことは、以前にもまして耳にしていることだろう。

米国連邦政府のワクチンの有害事例通知システム(VAERS)には、2006年にワクチンが導入されて以来、9,000件以上の問題報告を受け取っている。その問題の中には、少なくとも28件の自然流産と27件の死亡例がある。

・・・略・・・

『ブリティシュメディカルブルティン』で発表された1993年のジャーナル論文

 

「多様なhCG(性腺刺激ホルモン)ベースのペプチドと結び付いた破傷風トキソイド(毒素)またはジフテリア・トキソイドを組み込む」方法で、不妊ワクチンは開発されていた。

その論文の著者は、

この避妊ワクチン開発の方式の背後にある基本的な考え方は、hGCに対する免疫状態を誘発することで、母体が妊娠したことを自覚しないようにすることである。hGCは、母体の内分泌系に胎児の存在を知らせるホルモンだから。

・・・略・・・

たとえば、ガーダシルにはL-ヒスチジン(L-histadine)も含んでいるが、ヒスタミンは、何かと一緒になると、凝血(クロット)の発生率を5倍も引き上げることが分かっている。何だと思う? 界面活性剤だ! (L-ヒスチジンは、胎盤の壁を突き抜けて胎児まで到達可能だ)

確かに、この研究所の「界面活性剤はガス塞栓を減らす:トロンビン生成の誘発」という調査報告書では、試験にポリソルベート80ではなく、パーフトラン(Perftoran)のような界面活性剤を使っている。だが、ポリソルベート80にも似たような効果がありうるのでは?

ガーダシルを接種した後に死亡する形態として、一番よくあるのは、数時間後ないしは数日以内の凝血による死亡であるが、それをうまく説明してないだろうか?

HPVワクチンには、明らかに解明すべき疑問が沢山ある。そして、こうした疑問は、疑うことを知らない人々に今のように急き立てるようにガーダシルを押し付ける前に、解明されなければならない。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

4件のコメント on 2013/6/14接種勧奨中止!【子宮頚がんワクチン接種を「一人でも少なく」しよう!】90%の確率で自然に消える感染症を予防するために、深刻な副作用の危険のあるワクチンを接種する理由は、全然ない。予防できるという保証はない。ワクチン後もHPVに感染する可能性は依然としてある。ワクチンを接種する人が有利になる状況では、本当にない。2008/10/25ジョージフ・マーコラ博士

  1. Name より:

    子宮頸がんワクチン、国に接種中止求める請願書-全国初、大和市議会で可決(世界日報社)
    http://www.worldtimes.co.jp/sp.....30607.html

  2. Name より:

    子宮頸がんワクチン、検討会「一時的に接種推奨控える」(朝日新聞)
    http://www.asahi.com/tech_scie.....40296.html

  3. 名前 より:

    子宮頸がん予防ワクチンの厚労省審議委員7割が利益相反――委員の4割が受領「不申告」(週刊金曜日ニュース)
    http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=4421

  4. 名前 より:

    新医学宣言 プレスリリース記者会見
    http://www.dreamnews.jp/press/0000108542/

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)