~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いよいよ明日 7/6(土)昼から開催!

山崎ジャーナル!3周年記念!読者 無料御招待イベントのお知らせ!

明日正午に受付にて、「山崎ジャーナル!ご招待」で先着10名様。

♪♪♪ お待ちしてます ♪♪♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

講演会イベント 

『森・土・海は 食のゆりかご 命のゆりかご』

 【自然の回復によって『森・土・山・川・海』の循環をとりもどそう】

■URL:http://mori-tsuchi-umi.jp/

■Facebook:https://www.facebook.com/mori.tsuchi.umi

           ※ おかげさまで、講演チケット完売しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【2013年7月6日(土) 12:45~16:30・懇親会 17:00~19:00】

【東京農大 世田谷キャンパス 百周年記念講堂】

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

■木村秋則・・・『奇跡のリンゴ』

http://www.amazon.co.jp/奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家-木村秋則の記録-幻冬舎文庫-石川-拓治/dp/4344416457

リンゴ栽培には農薬が不可欠。誰もが信じて疑わないその「真実」に挑んだ男がいた。農家、木村秋則。「死ぬくらいなら、バカになればいい」そう言って、醤油、牛乳、酢など、農薬に代わる「何か」を探して手を尽くす。やがて収入はなくなり、どん底生活に突入。壮絶な孤独と絶望を乗り越え、ようやく木村が辿り着いたもうひとつの「真実」とは。

1949年生まれ。世界で初めて無農薬・無施肥のリンゴの栽培に成功した日本の農家。株式会社木村興農社代表取締役。

木村秋則HP : http://www.akinorikimura.net/

映画『奇跡のリンゴ』 : http://www.kisekinoringo.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

畠山重篤・・・『森は海の恋人』

http://www.amazon.co.jp/森は海の恋人-文春文庫-畠山-重篤/dp/4167717042

豊かな汽水域の恵みは森があってこそ生まれる―ダム開発と森林破壊で沿岸の海の荒廃が急速に進んだ1980年代、おいしい牡蛎を育てるために一人の漁民が山に木を植え始めた。漁師だからこそ見出し得た森と海の真のつながりとは!?

「森は海の恋人」運動の火付け役。

1943年中国上海生まれ。「牡蛎の森を慕う会」代表。京都大学フィールド科学教育研究センター社会連携教授。高校卒業後、牡蛎、帆立の養殖に従事する。家業のかたわら「森は海の恋人」を合い言葉に、気仙沼湾に注ぐ大川上流の室根山へ植樹運動を続ける。

NPO法人森は海の恋人 : http://www.mori-umi.org/base.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■中洞正・・・『幸せな牛からおいしい牛乳』

http://www.amazon.co.jp/幸せな牛からおいしい牛乳-中洞-正/dp/4861870305

広い牧場に放牧され、自由に草を食べ、狂牛病とは無縁の牛たち。
ホンモノの味が高い評価を受けるビン入りの低温殺菌牛乳。
理想的な酪農と牛乳を実現し、他業種から注目を浴びる男の熱いメッセージ。

1952年岩手県宮古市生まれ。酪農家。東京農業大学農学部在学中に猶原恭爾( なおはらきょうじ ) 先生が提唱する山地酪農に出会い、直接教えを受ける。卒業後、岩手県岩泉町で酪農を開始。 24時間 365日、畜舎に牛を戻さない通年昼夜型放牧、自然交配、自然分娩など、山地に放牧を行うことで健康な牛を育成し、牛乳・乳製品プラントの設計・建築、商品開発、販売まで行う中洞式山地酪農を確立。

・中洞牧場 http://nakahora-bokujou.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

top_img~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【イベント開催のお知らせ】 中洞牧場よりのメール転載

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも中洞牧場を応援してくださっている皆さま

————————————————————————————–

■ このメールは、これまで私ども中洞牧場の商品をお買い上げ戴いた方や、

   中洞牧場・企業農業研究所・山地酪農研究所にメールで問い合わせ戴いた方、

   および牧場関係の仕事でやりとりをさせて戴いた方にお送りしています。

・・・略・・・

————————————————————————————–

いつもありがとうございます。

今回のメールは、いつもとちょっとちがって講演会のお知らせです。

・・・略・・・

来る 7/6(土)、中洞牧場長が、『森・土・海は 食のゆりかご 命のゆりかご』というトークイベントに出ます。

 

登壇者は、当牧場の中洞正、

『奇跡のリンゴ』の木村秋則(きむら あきのり)さん、

『森は海の恋人』の畠山重篤(はたけやま しげあつ)さん、

農好きキャスターの伊藤聡子さん(←武田鉄矢の『週刊鉄学』のサブキャスターでした)

の4人。

 

自分たちで云うのもなんですが、かなりの豪華メンバーです。

 

テーマは、顔ぶれからもお分かりいただけますように

【自然の回復によって『森・土・山・川・海』の循環をとりもどそう】です。

 

日時は【2013年7月6日(土) 12:45~16:30・懇親会 17:00~19:00】

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

場所は【東京農大 世田谷キャンパス 百周年記念講堂】。

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

いつも中洞牧場を支えてくださっている皆さまは無料招待!!

といきたいところですが、そうもいかず、入場料は【3,000円】です。

ごめんなさい!

 

講演終了後には、懇親会もあります。

なが~い1日になってしまいますが、どうぞ奮ってご参加ください。

7/6(土) はぜひ当イベントへ!!

よろしくお願いいたします。

詳しくはこちらへ >>>>> http://mori-tsuchi-umi.jp/

 

(添付の PDF ファイルは、5/15 配信のプレスリリースです。

 転送は自由です。拡散にご協力ください!)

プレスリリース:pressrelease

 

不明不詳は info@nakahora-bokujou.jp または 050-2018-0110 まで

お気軽にどうぞ。

 

中洞牧場

店主敬白

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆映画『奇跡のリンゴ』予告編

http://www.youtube.com/watch?v=pUPNxZwpx5Y

公開日: 2013/04/16

『ポテチ』の中村義洋がメガホンを取り、『舞妓 Haaaan!!!』の阿部サダヲと『ジーン・ワルツ』の菅野美穂が夫婦を演じた感動­作。石川拓治原作のノンフィクションを基に、夢物語だといわれていたリンゴの無農薬栽­培を成し遂げた農家の苦難の道のりを映し出す。笹野高史や伊武雅刀、原田美枝子や山崎­努らベテラン俳優たちが豪華共演。実話をベースに描かれる、地道な研究から奇跡を成し­遂げた家族の波瀾(はらん)万丈の生きざまに感極まる。
http://www.cinematoday.jp/movie/T0013726
配給: 東宝
オフィシャルサイトhttp://www.kisekinoringo.com
(C) 2013「奇跡のリンゴ」製作委員会

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

元プレジデント編集長の田舎暮らし奮闘記

第235回 「奇跡のリンゴ」を食べた

2010年01月07日

日経トレンディネット

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/lcc/20100107/1030715/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆Shigeatsu HATAKEYAMA 畠山重篤

http://www.youtube.com/watch?v=s6h1VHmmR3Q

公開日: 2012/10/23

http://www.yonaoshi311.com

牡蠣(かき)養殖者、牡蠣についての本も書いている、NPO『海は森の恋人』を立ち上­げ活 動,2012年、国連で森林救済の立役者として表彰される。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆NEW WORKER #2 中洞正さんインタビュー

http://www.youtube.com/watch?v=6pA5mmj3TEA

 comedyclubking·

アップロード日: 2011/12/12

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , ,

2件のコメント on いよいよ明日7/6 → 山崎ジャーナル!3周年記念!読者無料【先着10名】ご招待、明日受付にて正午「山崎ジャーナル!ご招待」とお申し出ください→【イベント開催のお知らせ】『森・土・海は 食のゆりかご 命のゆりかご』 2013年7/6(土)【株式会社 リンク】主催の講演会。登壇者は、今をときめく『奇跡のリンゴ』の木村秋則さん、『森は海の恋人』の畠山重篤さん、『幸せな牛からおいしい牛乳』の中洞正さんです!チケットお陰様で完売しました。日本の農業を応援する #TPP反対の山崎ジャーナル!拡散宜しくね。

  1. Name より:

    7・6(土) 牡蠣の森を慕う会 畠山重篤さんが来る!(高橋敏男のブログ)
    http://3620065.at.webry.info/201306/article_3.html

  2. 通りがけ より:

    「憲法違反内乱罪不正選挙の実行犯は小泉以来全身全霊地位協定スパイ組織になった霞ヶ関泥棒官僚組織(もちろん法務省麾下の奇形司法含む)そのものである」

    安倍は黒田と共謀して200兆円建設国債を統一教会本国に海外持ち逃げできることが決まったから後は自民党が勝とうが負けようが安倍蚤滓で日本経済がつぶれようが憲法破壊で日本人の若者が米軍の侵略戦争に狩り出されて戦場で何百万人野垂れ死にしようとどうでもよいんだよ。

    もともとユダ金の狙いはペリー以来沖縄のハワイ並み米国併合にあるんだからね。だから似而非日本人安倍に建設国債200兆円のえさを与えて日本を滅ぼさして日本からの借金米国債200兆円を踏み倒し(小泉竹中が始めた外乱誘致罪)、原発のない安全な沖縄を併合して中国ののど元を制するペリー以来の作戦を実施中なのさ。かつてキューバにのど元を抑えられて恐怖のどん底に陥った経験もあるから、ユダ金にとって沖縄の中国侵略の橋頭堡としての軍事的価値は無限大なのである。ペリー以来日本本土列島はもともとどうでもよかった。だからこそ先の大戦で本土市街地に原爆を2発も投下するような非人道戦争犯罪非戦闘員無差別虐殺という悪魔ならではの殺戮の限りが尽くされたのである。

    戦前まで日本を含むアジア黄色人種諸国は米英特にアメリカの先住民虐殺国土略奪の鬼畜以下の非道さを正しく熟知して黄色人種の共通認識としていた。明治天皇の詔に発する大東亜共栄圏構想はそれゆえにインド以東の非白人被占領植民地諸国民におおいなる賛同を持って迎えられたのである。

    さらに時代を遡れば、幕末時代の吉田松陰高杉晋作勝海舟坂本龍馬西郷隆盛はすでにインドを征服していた夷狄白人が北上して大清国を蹂躙したことの意味を正しく悟っており、この白人夷狄外道侵略を日本上陸前に打ち破る体制を整えるために維新回天の大業に身命をなげうって尽くしたのである。これにより日本は沖縄もアメリカの手に渡すことなく乗り切ってペリーの野望はすべて打ち砕かれた。

    第二次大戦でアメリカが対日戦争に参戦したのはペリーの失敗の雪辱を果たす好機であったからである。アメリカには建国以来正義などかけらもない。つねに詐術を用いて言いがかりをつけて先住民の国へ宣戦布告し、押し込み強盗虐殺略奪し侵略征服するのみ。戦争の狂犬のバカの一つ覚え国家である。ハワイの如く編入が目的の沖縄へは原爆投下せず本土へのみ原爆攻撃を行ったのもこれを証明している。

    「特攻隊悠久の世界平和に捧げたやまともののふの士魂」
    フィリピン航空隊司令大西中将はそのことを熟知していたため、時の天皇ヒロヒトが明君明治天皇の如き即時戦争中止対米条件講和の英断を下すこと(これこそが皇国における真の回天であった)に期待して、我が子同然に慈しみ育てた若きもののふを、悠久の世界平和に尽くすまほろばやまとの清らかなくにと人々を鬼畜国アメリカによる虐殺破壊略奪蹂躙の亡国に至らしめぬ為の最後のくさびとして、大和魂をとどめおくためなら身命をも名をも金をも惜しまぬ孝徳仁愛限りないもののふつわものを集めて神風特別攻撃隊を編成し、ともに回天の大業にその身を散らしたのである。

    身はたとひレイテの海に散らすとも留めおかまし大和魂。

    吉田茂源田実ヒロヒトは恥を知るがよい。もののふの大和魂に心底から敬意を抱く日本人常民の私はこのすでに鬼籍に入った大和魂無き似而非日本人たちを決して憎まない。大和魂は決して人を憎まない。罪を憎むだけである。よってこの者どもを靖国に集まる大和魂の英霊から遠ざけてただ軽蔑するだけである。
    なぜならば、真に大和魂を招魂して祀り供養礼拝できる者は大和魂を持つ者だけだからである。

    地球最高の品格ある伝統の大和魂士魂日本人常民ならば、戦後似而非日本人元官僚吉田茂が単独署名した下賎下劣な悪魔との奴隷契約地位協定を即時破棄してこそ大和魂の武士の誉れであり、ご先祖様の名を至高の高みに言揚げする何にもまさるご恩返しの先祖供養となるのである。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)