~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆【2013年3月8日・生活の党本部】小沢一郎とニッポンの明日を語ろう!

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MsbDf9adkME

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

生活 党本部

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆130308 【小沢一郎とニッポンの明日を語ろう!】第1回

http://www.youtube.com/watch?v=i0As7Loejps

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

YamasakiJournal

公開日: 2013/03/17

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「小沢一郎とニッポンの明日を語ろう!」

第1回 外国特派員との座談会

日々坦々 @hibi_tantan24 さん 3/8のtweets より、まとめ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リンダ・シーグ氏(ロイター記者)、

サム・ジェームソン(ジャーナリスト、世界平和研究所客員研究員、元ロサンジェルスタイムス記者)

――――――――――――――――――――

シーグ氏質問「民主党敗北の理由」

――――――――――――――――――――

小沢氏

「非常に残念だと思っている。09年マニフェストとして国民に約束したことについてたぶんよくリーダーの人たちが理解が十分ではなかったと思っている」

「私自身の責任も大きいが、私自身は政治活動を規制されていたのでその意味でも残念ですし、官僚支配からの脱却、官僚主導から政治主導ということが、はっきり認識できてなかった。官僚任せになったということが国民の失望をかった。」

――――――――――――――――――――

シーグ氏「政治改革を進めようとしてきた政治家のイメージが強いが、同時に『壊し屋』のイメージが強いが」

――――――――――――――――――――

小沢氏

「ずっと前からマスコミを中心に言われてきたことだが、ある意味は当たり前のこと。旧体制を壊さなければ新体制ができない」

「旧体制のほうがいいという考えの人には大きな抵抗感があったと思う。今なおそうだと思う。叩いても叩いても考えを変えない私がシンボリックで叩かれてきた」

――――――――――――――――――――

サム・ジェームソン氏「安倍内閣の支持率が高く、支持政党が減っているのは?」

――――――――――――――――――――

小沢氏

「安倍内閣の支持率が高くなっているということは、一つは自民党体制が戻ってよかったということでムード的に安倍内閣に対するメディアの論調も好意的」

「小泉政権の時に景気はよくなったといいつつも国民所得は減っている。去年も所得が減っている。その所得を増やしてくれる政策があればいいが…」

「小泉さんの時から7年後に政権交代がなされたが、それぞれ非自民の政党は独立して参院選も戦うことになると思います。だから自公で衆参ともに過半数をとる可能性が非常に高い。ただ次の選挙まで続くとは思っていない。」

「国民が不正常な感情にとらわれなければ、大政翼賛会のような自民政治が続くとは思っていない。」

「自民党に対抗できうる政党がない。第二政党を育てていくのか?小沢氏「自民党は長期的に低落傾向になっていたのは今も変わってないと思う。自民がだめだから民主にやらせたらそれが期待外れだったのが自民党の勝利につながった」

「きちんとした受け皿がありさえすれば、もう一度国民の期待に応えることができると思っている。その受け皿がなければ、全く自民党の一党になってしまうので、国民のみなさんもそれでは困ると思います。総選挙には時間がある」

――――――――――――――――――――

アベノミクスについて、

――――――――――――――――――――

小沢氏

「アベノミクスといってマスコミを通じてはやし立てているが皆さんの期待、イメージにあう実質的に応えてない。長年、金融緩和でやってきて、お金はジャブジャブあるが、本当に必要なところ被災地に届かない。」

「岩手県でいえば昨年、要望の三分の一しかお金がこなかった。金融機関でお金をジャブジャブさせても、庶民や中小零細には回ってこない。ムード的に為替も株も、円高にもなっているが、ユーロや中国の状況などを見ても心配。」

「安倍さんが経団連にいって給料あげてくれというパフォーマンスは大変いいことだと思う。ただ上がるかは疑問。経団連は大企業ですから多少の効果はあるかもしれないが、日本の大多数を占める中小零細などは給料を上げるという実体ではない。」

「雇用政策をやるべきだと思っている。財政の出動はいいが、それがほとんど旧来通りの各省庁の寄せ集めたもの。公共事業でインフラ整備がいらないとはいってないが、地場の商店や零細企業を再建させるために、もう少し違ったお金を使うべき」

――――――――――――――――――――

憲法96条改正問題、集団的自衛権について、

――――――――――――――――――――

小沢氏

「96条については条件緩和は絶対だめだとは思ってないが、要件を緩和して何を変えたいのかという中身の議論が全くなく、三分の二は難しいから簡単にしようというのは、あまりにも短絡的。 」

「改定規制の基本原則は感嘆には変えてはならないというもの。96条を変えれば、政権が変わるごとに改憲されてしまう。自衛権の行使は自然権で、個人の正当防衛と同じ。アフガンの時にカナダとオーストラリアは集団的自衛権で参加した。 」

「日本に危害を加えようとするものに対する攻撃は、集団的自衛権と言わなくても、自己防衛として戦うことができると思っている。日本国に対する集団的であれ個別的であれ、介入できるのは日本国憲法に則ったものだと思っている。 」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日々坦々 @hibi_tantan24 さん

2013年03月08日(金)  の tweets より

http://twilog.org/hibi_tantan24/date-130308/allasc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

「小沢一郎とニッポンの明日を語ろう!」第1回外国特派員との座談会>をツイキャス生中継。リンダ・シーグ氏(ロイター記者)、サム・ジェームソン(ジャーナリスト、世界平和研究所客員研究員、元ロサンジェルスタイムス記者) moi.st/9a8c9a

posted at 16:03:30

――――――――――――――――――――

お二人とも日本在住が長いので日本語で、シーグ氏質問「民主党敗北の理由」小沢氏「非常に残念だと思っている。09年マニフェストとして国民に約束したことについてたぶんよくリーダーの人たちが理解が十分ではなかったと思っている」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:06:26

――――――――――――――――――――

小沢氏「私自身の責任も大きいが、私自身は政治活動を規制されていたのでその意味でも残念ですし、官僚支配からの脱却、官僚主導から政治主導ということが、はっきり認識できてなかった。官僚任せになったということが国民の失望をかった。」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:08:03

――――――――――――――――――――

シーグ氏「政治改革を進めようとしてきた政治家のイメージが強いが、同時に『壊し屋』のイメージが強いが」小沢氏「ずっと前からマスコミを中心に言われてきたことだが、ある意味は当たり前のこと。旧体制を壊さなければ新体制ができない」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:09:27

――――――――――――――――――――

小沢氏「旧体制のほうがいいという考えの人には大きな抵抗感があったと思う。今なおそうだと思う。叩いても叩いても考えを変えない私がシンボリックで叩かれてきた」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:10:32

――――――――――――――――――――

サム・ジェームソン氏「安倍内閣の支持率が高く、支持政党が減っているのは?」小沢氏「安倍内閣の支持率が高くなっているということは、一つは自民党体制が戻ってよかったということでムード的に安倍内閣に対するメディアの論調も好意的」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:13:32

――――――――――――――――――――

小沢氏「小泉政権の時に景気はよくなったといいつつも国民所得は減っている。去年も所得が減っている。その所得を増やしてくれる政策があればいいが…」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:16:16

――――――――――――――――――――

小沢氏「小泉さんの時から7年後に政権交代がなされたが、それぞれ非自民の政党は独立して参院選も戦うことになると思います。だから自公で衆参ともに過半数をとる可能性が非常に高い。ただ次の選挙まで続くとは思っていない。」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:17:49

――――――――――――――――――――

小沢氏「国民が不正常な感情にとらわれなければ、大政翼賛会のような自民政治が続くとは思っていない。」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:19:19

――――――――――――――――――――

自民党に対抗できうる政党がない。第二政党を育てていくのか?小沢氏「自民党は長期的に低落傾向になっていたのは今も変わってないと思う。自民がだめだから民主にやらせたらそれが期待外れだったのが自民党の勝利につながった」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:21:43

――――――――――――――――――――

小沢氏「きちんとした受け皿がありさえすれば、もう一度国民のきたいに応えることができると思っている。その受け皿がなければ、全く自民党の一党になってしまうので、国民のみなさんもそれでは困ると思います。総選挙には時間がある」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:23:11

――――――――――――――――――――

アベノミクスについて、小沢氏「アベノミクスといってマスコミを通じてはやし立てているが皆さんの期待、イメージにあう実質的に応えてない。長年、金融緩和でやってきて、お金はジャブジャブあるが、本当に必要なところ被災地に届かない。」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:27:07

――――――――――――――――――――

小沢氏「岩手県でいえば昨年、要望の三分の一しかお金がこなかった。金融機関でお金をジャブジャブさせても、庶民や中小零細には回ってこない。ムード的に為替も株も、円高にもなっているが、ユーロや中国の状況などを見ても心配。」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:29:20

――――――――――――――――――――

小沢氏「安倍さんが経団連にいって給料あげてくれというパフォーマンスは大変いいことだと思う。ただ上がるかは疑問。経団連は大企業ですから多少のこうかはあるかもしれないが、日本の大多数を占める中小零細などは給料を上げるという実体ではない。」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:31:50

――――――――――――――――――――

(続き)「雇用政策をやるべきだと思っている。財政の出動はいいが、それがほとんど旧来通りの各省庁の寄せ集めたもの。公共事業でインフラ整備がいらないとはいってないが、地場の商店や零細企業を再建させるために、もう少し違ったお金を使うべき」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:34:42

――――――――――――――――――――

憲法96条改正問題、集団的自衛権について、小沢氏「96条については条件緩和は絶対だめだとは思ってないが、要件を緩和して何を変えたいのかという中身の議論が全くなく、三分の二は難しいから簡単にしようというのは、あまりにも短絡的」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:36:46

――――――――――――――――――――

小沢氏「改定規制の基本原則は感嘆には変えてはならないというもの。96条を変えれば、政権が変わるごとに改憲されてしまう。自衛権の行使は自然権で、個人の正当防衛と同じ。アフガンの時にカナダとオーストラリアは集団的自衛権で参加した。」 moi.st/9a8c9a

posted at 16:39:46

――――――――――――――――――――

小沢氏「日本に危害を加えようとするものに対する攻撃は、集団的自衛権と言わなくても、自己防衛として戦うことができると思っている。日本国に対する集団的であれ個別的であれ、介入できるのは日本国憲法に則ったものだと思っている。 moi.st/9a8c9a

posted at 16:47:18

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)