~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国家の対テロ戦争【企業の資源権益支配のため】

1/25 Bill Van Auken  2/1 マスコミに載らない海外記事

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-80d9.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フランス、アレバが運営するウラン鉱山を守る為、ニジェールに特殊部隊兵士を派兵。

対イスラム教“テロリスト”戦争とマリ中央政府防衛という美名の下、

フランス帝国主義は軍事力を駆使して、資源豊富な旧アフリカ植民地に対する支配力を強化

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代表Column】

アルジェリア人質事件でマリや周辺国の治安維持のためとされる

日本政府の108億円提供は、

ニジェールのアクータ鉱山を操業するアレバのコミナック社に参加している

日本の海外ウラン資源開発(株)=原発燃料ウラン権益を守るための資金と考えられる。

 

国際機関【NATO?】を、通じて関係国【仏?】に渡る?

 

マリのトゥアレグ族地域の一般市民を爆撃した仏軍や、

ニジェールに派遣された仏・特殊部隊の経費であろうか。

地域の安定のためという美名のもと、

また我々の税金が、原発と武器と流血のために使われる。

 

2013/2/4   山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル! 編集長  川崎泰彦 記

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆テロ対策でマリ支援 日本政府、108億円提供

MSN産経ニュース

2013.1.29 13:41

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130129/plc13012913440016-n1.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 岸田文雄外相は29日の記者会見で、アルジェリア人質事件を受けた政府のテロ対策強化の一環として、隣国のマリや周辺国の治安維持や人道支援を支える資金として1億2千万ドル(約108億円)を拠出する方針を表明した。国際機関【?】を通じて関係国【?】などに提供する。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【参考記事】

130117 ニジェールのウラン権益 より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【原発燃料であるニジェールのウラン権益】

仏国立企業アレバ子会社Areva NCと日本の海外ウラン資源開発(株)、他の合弁会社コミナックCOMINAK

ニジェールでは、2009年にアフリカ最大であり世界第2の規模を持つウラン鉱床であるImouraren鉱床の開発でニジェール政府と合意し ており、権益を約3分の2(66.65%)所有する。Imouraren鉱床では年間5000トン規模のウラン生産が見込まれ、Arevaグループ全体の ウラン生産量が倍増する見通し。Imouraren鉱床からの生産開始は2012年頃。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日本のウラン権益】

日本の海外ウラン資源開発(株)【 OURD http://www.ourd.co.jp/ 】がアクータ鉱山を操業するコミナック社に参加。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆Areva NC(アレバNC)

資源について

http://resource.ashigaru.jp/top_company_arevanc.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

Areva NCは原子力世界最大手のAreva(アレバ)の完全子会社・・・ニジェールでは・・・日本のOURDなども含めた合弁のCOMINAK(Compagnie Miniere d’Akouta)といった2つの企業を設立し、1971年からウラン生産を行っている。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆仏特殊部隊が西アフリカのウラン工場警護、アレバ施設に配置計画

2013年 01月 25日 11:27 JST

REUTERS  ロイター

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE90O01K20130125

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

[パリ 24日 ロイター] フランスは、西アフリカのニジェールにある仏原子力大手アレバ(AREVA.PA: 株価企業情報レポート)のウラン製造施設を警護するため、軍特殊部隊を派遣することを決めた。マリへの軍事介入を受けた措置という。軍事筋が24日明らかにした。

・・・略・・・

ただ、国防省当局者によると、ニジェール当局はまだこの方針を承認していないという。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆フランス、ニジェール・ウラン鉱山保護の為、派兵

マスコミに載らない海外記事

2013年2月 1日 (金)

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-80d9.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

Bill Van Auken

2013年1月25日

2,000人以上の外国人部隊兵士でマリに侵略してからわずか二週間後、フランスはフランス国営原発企業アレバが運営するウラン鉱山を守る為、隣国ニジェールに特殊部隊兵士を派兵した。

フランスの新たな北西アフリカ軍事介入は、最初週刊誌ル・ポアンが報じ、他のフランス・マスコミが接触した軍事筋が確認した。フランス国防相ジャン・イヴ・ルドリアンは、アーリットから80キロ離れているイムラレンのアレバ・ウラン製造サイト防衛の為に派兵するよう、特殊部隊司令部に命令する“新機軸”に今週早々、素早く同意したとル・ポアンは報じた。直接、企業資産を防衛する為のフランス特殊部隊兵員派兵は史上初だと、同誌は報じている。

・・・

実際は、ニジェール・ウラン鉱山へのフランス特殊部隊派兵は、フランスのマリ軍事介入の背後にある最も重要な経済的・地政学的な動機を強調するものでしかない。いわゆる対イスラム教“テロリスト”戦争とマリ中央政府防衛という美名の下、フランス帝国主義は軍事力を駆使して、資源豊富な旧アフリカ植民地に対する支配力を強化しているのだ。

・・・

ニジェールの鉱山から抽出されたウランは、歴代フランス政権によって戦略的重要物質と見なされてきた。ニジェールのウラン鉱石から製造されるイエローケーキは、フランスの核爆弾製造と、フランスの電力の75パーセント以上を占める原発燃料に使われている。

・・・

しかも採鉱は、ニジェール内で、民族的、地域的緊張を悪化させている。ウラン生産は、北部の少数派の遊牧民トゥアレグ族の本拠に集中しており、彼等は採鉱事業から得られる、あらゆる資源は南部の首都ニアメイに行ってしまうと主張して、繰り返し反乱を起こしてきた。ニジェール軍と闘っている、大半がトゥアレグ族武装民兵である「正義の為のニジェール運動(MNJ)」の主要要求の一つは、ウラン収入の、より平等な配分だ。

しかもアレバによるウラン採掘は、鉱区で環境と健康上の災害を引き起こしている。環境団体グリーンピースは、2010年の報告書で 地域の井戸は通常の500倍も高い放射能レベルで汚染されていることを明らかにした。アレバの主要鉱山の一つがあるアーリットでは、呼吸器疾患に起因する死亡は、全国平均の二倍だ。

フランスには、フランスが支援するマリ軍が、主としてトゥアレグ族地域で、既に一般市民を爆撃し、拷問・処刑しているマリ介入で、武装衝突が、国境を越え、ニジェールに飛び火しかねないことを恐れるあらゆる理由がある。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆France sends troops to secure Niger uranium mines

By Bill Van Auken 
25 January 2013

World Socialist Web Site

http://www.wsws.org/en/articles/2013/01/25/nige-j25.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

Barely two weeks after invading Mali with over 2,000 troops of the Foreign Legion, France has dispatched special forces troops to neighboring Niger to secure uranium mines run by the French state-owned nuclear power company Areva.

The new French military intervention in northwest Africa was first reported by the weekly magazine Le Point and confirmed by military sources contacted by other sections of the French media. Le Point reported that French Defense Minister Jean-Yves Le Drian had quickly agreed earlier this week to a “major innovation” in ordering the Special Forces Command to send troops to protect the Areva uranium production sites in Imouraren, and 80 kilometers away in Arlit. The magazine noted that this is the first ever use of the French commandos to directly defend the assets of a corporation.

・・・

In reality, the dispatch of French commandos to the uranium mines in Niger only underscores the overriding economic and geo-strategic motives behind the French military intervention in Mali. Under the cover of a supposed war against Islamist “terrorists” and a defense of the central government in Mali, French imperialism is using its military might to tighten its grip on its resource-rich former African colonies.

・・・

The uranium extracted from the mines in Niger have been considered of strategic importance by successive French governments. The yellowcake produced from Niger’s uranium ore has been used to make France’s nuclear bombs as well as to fuel its nuclear reactors, which account for over 75 percent of the country’s electricity.

・・・

Moreover, the mining has exacerbated ethnic and regional tensions within Niger. Uranium production is concentrated in the northern homeland of the nomadic Tuareg minority, which repeatedly has risen in revolt, charging that whatever resources do accrue from the mining operations go to the southern capital of Niamey. One of the main demands of the Niger Movement for Justice (MNJ), a largely Tuareg armed militia that has battled the Nigerien army, has been the more equitable distribution of uranium revenues.

Moreover, the exploitation of uranium by Areva has created an environmental and health disaster in the mining areas. The environmental group Greenpeace found in a 2010 report that water wells in the region were contaminated with radiation levels up to 500 times higher than normal. In Arlit, site of one of the major Areva mines, deaths from respiratory diseases occur at twice the national average.

France has every reason to fear that its intervention in Mali, which has already seen the bombing of civilian populations and the torture and execution of civilians by the French-backed Malian army in predominantly Tuareg areas, could cause armed conflict to spill over the border into Niger.

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関連記事

Tags: , , , , , , , , , , , ,