~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

犯行声明のグループはマリ北部 に拠点を置く国際テロ組織アルカイダ系武装勢力

フランスのマリ共和国への軍事介入を非難。

リビアのカダフィ政権崩壊(11年8月)で、大佐の雇い兵だったトゥアレグ人戦闘員や武器が北部に大量に流入し、反政府組織が12年4月に北部独立を宣言していた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【フランスがマリ北部に軍事介入するわけ】

ニジェール共和国のマリ共和国国境近くで、アレバの子会社Areva NCが2つの企業(コミナック社など)を設立、ウランを採掘。

フランスは、反政府勢力を極秘に軍事支援し、ニジェールのウラン鉱区を独立させてフランスの傀儡国家を作ろうと画策、がニジェール政府にばれてしまった。

サルコジ大統領はニジェール政府に土下座、

フランスのウラン鉱山の権益を認める代償として反政府軍の討伐に協力。

フランスの掃討作戦でニジェールから隣国のマリ共和国に逃げ込んだ反フランス勢力と結託してマリ共和国の北部を武力支配。

マリ北部がこのままでは、フランスのニジェールのウラン権益があぶない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日本のウラン権益】

日本の海外ウラン資源開発(株)【 OURD http://www.ourd.co.jp/ アクータ鉱山を操業するコミナック社に参加。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆アルジェリア人質事件、日本人9人殺害か

2013年01月21日 07:02

発信地:イナメナス/アルジェリア

AFPBB News

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2922222/10128316

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

日本のプラント建設大手、日揮(JGC Corporation)で働いていたアルジェリア人目撃者らは「日本人9人が殺された」と語った。

・・・略・・・

現地時間16日午前5時30分(日本時間同日午後1時30分)ごろ、空港に向か うバスを武装勢力が襲撃。脱出しようとした日本人3人を銃殺。

その後、居住区画に行き、武装勢力の1人が強い北米なまりで「ドアを開けろ!」と叫んで発砲、日本人2人を射殺、数百人の人質を取った。

別の日本人4人の遺体も見たという。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆イスラム過激派に強硬対応=人命よりテロ対策-アルジェリア

時事通信  時事ドットコム

(2013/01/18-09:19)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013011800203

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

アルジェリア情勢に詳しい専門家は「アルジェリア政府はテロリストと交渉しないことで知られる。こうした事件の際には人命尊重などは考えない」と解説する。
・・・略・・・

社員が人質となった日揮の関係者は「軍部の政変で混乱した1992年以降、アルジェリアではイスラム過激派との対立で交渉解決に至ったことはほとんどなく、軍の作戦はある程度予想された」と指摘する。
武装組織は、隣国マリに軍事介入したフランスにアルジェリアが領空使用を容認したことも犯行声明で非難しており、ブーテフリカ大統領にとっては「国辱」がさらされた形となった。関係者は「(大統領は)人質の犠牲が多くとも、事件を一刻も早く片付けたかったのだろう」との見方を示した。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人質事件の陰に見え隠れするウラン権益の存在

陽光堂主人の読書日記

2013-01-21

http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-869.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

そもそも今回の事件の発端は、フランスが隣国マリに軍事介入したことにあります。犯人グループは、フランス軍のマリからの撤退を要求しています。

フランスのオランド大統領は、アルジェリア政府の強硬策を「最も適切なやり方だったと思う」と日本人からすればとんでもない発言をしていますが、これには裏があります。フランスはマリへの軍事介入で、アルジェリアからフランス軍機の領空通過容認や、マリとの国境封鎖などの側面支援を受けていますから、今回の迅速な対応を評価しているのです。

・・・略・・・

9人も殺されたとすると、我国はとばっちりを受けたことになりますが、マリのウランは我国が独占契約を結んで押さえていますから、被害者とは言い切れない側面があります。フランスが日本に代わってマリの権益を守っているか、それを引き継ごうとしている可能性があるからです。

安倍内閣は被害者のふりをしていますが、経産省と電力各社が関わっているはずで、これが明らかになると一大スキャンダルですから、マスコミも報道しようとしません。石破幹事長が自衛隊法の改正を言い出していますが、本当はマリの権益を守るのが狙いなのかもしれません。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆自民・石破幹事長、自衛隊法の改正などを検討していく考え示す(13/01/20)

http://www.youtube.com/watch?v=msFI5BjXbI8

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

公開日: 2013/01/20

小野寺防衛相は20日、フジテレビの「新報道2001」に出演し、自衛隊による外国での日本人保護に関し、法整備の検討が必要だとの認識を示した。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00239009.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆自衛隊法の改正検討を、邦人救出・輸送で石破氏

2013年1月20日23時23分

読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130120-OYT1T00991.htm?from=ylist

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆マリ武装勢力が犯行認める=過去に拉致事件、仏軍事介入も背景か

2013年1月16日 22時02分

excit. ニュース

http://www.excite.co.jp/News/world_g/20130116/Jiji_20130116X756.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

【パリ時事】アルジェリアで起きた日本人拘束事件に関連し、AFP通信は16日、犯行グループがマリ北部 に拠点を置く国際テロ組織アルカイダ系武装勢力だと報じた。武装勢力の戦闘員がAFP通信の電話取材に対し「われわれはアルカイダのメンバーで、マリ北部 から来た」と話したという。

この戦闘員は、自身がサハラ砂漠一帯を拠点に活動する「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ(AQIM)」の 部隊に属していると主張した。AQIMはこれまでも欧州企業の関係者らを標的にした拉致事件を起こしており、2010年9月にはウラン鉱山があるニジェー ル北部アーリットで、仏原子力大手アレバの駐在員らフランス人5人が連れ去られている。

マリでは先週来、イスラム武装勢力の攻勢を受けたマリ政府軍を支援する形で、フランスが軍事介入。仏軍による空爆作戦で、マリ北部を実効支配していた武装勢力が拠点から撤退しており、一部がアルジェリアなど周辺国に流れた可能性もある。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆フランス?なぜフランスが単独でマリ北部に軍事介入していますか?

dondon829363さん

  質問日時:2013/1/17 07:52:10

  解決日時:2013/1/17 18:01:07

Yahoo!知恵袋

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10100399720

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【転載開始】

◆ベストアンサーに選ばれた回答

zepto_mindさん

マリ共和国の北東にニジェール共和国という国があります。

そのニジェールで
フランス資本のArevaの傘下の企業が
マリ共和国との国境近くでウランを採掘しているのです。
http://bilininfojp.blogspot.jp/2011/04/blog-post.html
http://resource.ashigaru.jp/top_company_arevanc.html

フランス政府は、Arevaを通じて
反政府勢力を極秘に軍事支援し
ニジェールのウラン鉱区を独立させて
フランスの傀儡国家を作ろうと画策していました。

しかし、
それがニジェール政府にばれてしまったのです。

サルコジ大統領はニジェール政府に土下座をして
フランスのウラン鉱山の権益を認める代償として
反政府軍の討伐に協力することを約束させられたのです。

昨日の友は今日の敵
ということで、反政府勢力は
国内の反フランス勢力と結託して、
フランスに反撃を始めたのです。

ニジェール フランス人 誘拐 殺害
で検索できます。

それで
西アフリカ統一聖戦運動
というアルカイーダ系のイスラム原理主義者が
フランスの掃討作戦でニジェールから隣国のマリ共和国
に逃げ込んだ反フランス勢力と結託して
マリ共和国の北部を武力支配しました。

某国の支援を受けたアルカイーダは軍備を増強してニジェールに侵攻
フランスのウラン鉱区への進撃を開始したのです。

【転載終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆東芝、カナダ社とウラン権益確保で合意 調達先広げる

2012/4/20 20:18

日本経済新聞 電子版

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD200N8_Q2A420C1TJ1000/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

東芝は20日、カナダのウラン開発事業者であるゴビエックス社とウラン精鉱引き取りに関する契約で合意したと発表した。ゴビエックス社は アフリカのニジェール共和国で2017年にもウランの生産を始める。

・・・略・・・

フル生産を始める予定の20年から14年間、東芝は原発プラント1基(出力100万キロワット級)で使う年間燃料使用分の年60万ポ ンド相当のウラン権益を優先的に得られるという。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆Areva NC(アレバNC)

資源について

http://resource.ashigaru.jp/top_company_arevanc.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

Areva NCは原子力世界最大手のAreva(アレバ)の完全子会社であり、Arevaの鉱山生産部門を担う。旧Cogema(コジェマ)。年間6,000トン以上のウランを生産し、世界のウラン生産の約15%を占める世界最大級のウラン生産企業。

・・・略・・・

 

ニジェールでは同国政府との合弁であるSOMAIR(Societe des Mines de l’Air)、また日本のOURDなども含めた合弁のCOMINAK(Compagnie Miniere d’Akouta)といった2つの企業を設立し、1971年からウラン生産を行っている。ニジェールのウラン総生産量のほぼ全量がこの2社からの生産であり、ウラン生産は両社合計で年間3,000トン以上。

 

またニジェールでは、2009年にアフリカ最大であり世界第2の規模を持つウラン鉱床であるImouraren鉱床の開発でニジェール政府と合意し ており、権益を約3分の2(66.65%)所有する。Imouraren鉱床では年間5000トン規模のウラン生産が見込まれ、Arevaグループ全体の ウラン生産量が倍増する見通し。Imouraren鉱床からの生産開始は2012年頃。 (世界最大のウラン鉱床はオーストラリアのOlympic Dam。)

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本のウラン探鉱の歴史 (16-03-04-02)

原子力百科事典 ATOMICA

2006年07月

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=16-03-04-02

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

現在、わが国の民間企業は、カナダ、オーストラリアおよびニジェールで、ウラン鉱山の開発経営に参加し、ウランを輸入している。カナダでは、海外ウラン資源開発(株)が1999年6月に生産を開始したマクリーンレイク鉱山と、開発を目指しているミッドウエスト鉱山の経営に参加している。また、出光興産 (株)と東京電力(株)が2006年以降の生産開始を予定している世界最大級のシガーレイク鉱山の開発に参加している。オーストラリアでは日豪ウラン資源 開発(株)がERA社に参加している。ERA社はレンジャー鉱山を操業しているほか、ジャビルカ鉱山の開発を進めている。ニジェールでは、海外ウラン資源開発(株)【 OURD http://www.ourd.co.jp/ 】がアクータ鉱山を操業するコミナック社に参加している。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆マリ:フランスが軍事介入 過激派侵攻で支援要請受け

毎日新聞

2013年01月12日 10時39分(最終更新 01月12日 22時47分)

http://mainichi.jp/select/news/20130112k0000e030167000c.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

フランスは、仏原子力大手アレバがマリの隣国ニジェールからウラン原料を輸入している。ニジェールの安全保障が脅かされた場合、電力の75%を原子力に依存するフランスの原子力政策に影響が出かねない。11年には旧植民地のコートジボワール内戦に介入しており、旧植民地宗主国としてアフリカでの影響力を保持したい思惑もある。フランスと関係が深いアフリカ諸国に政情悪化が広がらないようオランド政権としても手を打つ必要があった。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , ,

1件のコメント on マリ北部とニジェールのウラン権益【アルジェリア武装勢力・北米なまり!?】日揮のアルジェリア人従業員の証言「武装勢力、日本人駐在員九人殺害。「ドアを開けろ」と北米なまりで叫び発砲。」1/21 AFPBB News + 武装組織は、フランスのマリ軍事介入とアルジェリアの領空使用容認を非難。1/18時事ドットコム+フランス、アレバ社のニジェールのウラン権益と日本の海外ウラン資源開発(株)。+自衛隊法の改正を 1/20石破幹事長

  1. Name より:

    イングドール: マリ フランス介入(YouTube)
    http://www.youtube.com/watch?v=_9eewQkaYRk

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)