~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

放射能の内部被爆が原因の死亡も、生活習慣病由来のものに混ぜられてしまう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【「新聞」でもごまかせない放射能の健康被害】

2012/6/4 (米国在住)氏

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1)中枢症状:

ボーっとしていて交通事故。 
2)突然死:

関東で若い人達(40歳以下)の突然死(心筋梗塞など)

突然死は、10代ー20代なら10万人に1人。
3)感染症、熱中症、食中毒

・西日本でも発生

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千葉 運転の男“ボーっとしていた”

NHK ONLINE

2012-04-27 12:00

www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014763131000.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千葉県館山市で、登校のためバスを待っていた小学生と保護者の列に軽乗用車が突っ込んだ事故で、意識不明の重体となっていた1年生の男の子が死亡しました。警察は運転していた20歳の男をその場で逮捕し、男は「ボーっとしていてカーブを曲がり切れなかった」と供述しているということです。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東葛の交通死もう前年3倍 「全県180人以下」県警年間目標ピンチ?
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/195.html
投稿者 片瀬テルミドール夏希日時 2011 年 10 月 10 日 18:11:36: x0P0raHFBfKZU

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

脱法ハーブでの救急搬送が激増、1年で20倍に

2012年5月28日 

読売新聞

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=59362

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

心不全救急搬送、震災後2倍に…宮城県内

2012年8月28日 

読売新聞

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=63934

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

30代~40代の「突然死」増加中(死亡者数、年間推定5万人)・・・再掲載

フクシマ原発事故とチェルノブイリ原発事故それらの放射能汚染について(北の山じろう)

2011-11-18 22:49:02 
http://ameblo.jp/kitanoyamajirou/entry-11082490955.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜市立みなと赤十字病院循環器内科・沖重薫医師によると
最近の「突然死」の傾向について、「30~40代の心筋梗塞が徐々に増えている」と指摘する。
30年ほど前は、30代の急性心筋梗塞の発症例など、普通なかった。50代以上の病気だった。

最近は、年に数件、30代、なかには20代で心筋梗塞症で緊急手術を必要とするような症例が出てきた。心臓専門医も、驚いているとの事である。

・・・

放射能による死亡原因で、一番多いのは、心臓系疾患である。
(チェルノブイリ周辺諸国の例)
と言う事は、死亡原因が「重複」しているんですネ??

しかも、年間推定、「5万人」です。
ほぼ確実に、放射能の内部被爆が原因の死亡も、生活習慣病由来のものに混ぜられてしまうだろうと思います。これは、チェルノブイリでも、そうだったんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ノロ食中毒1976人に   過去最多

1月7日 19時13分

NHK NEWSWEB

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130107/k10014639531000.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ダイヤス食品広島支社 ノロ食中毒1976人に 過去最多

去年12月10日と11日に製造した仕出し弁当を食べた人が相次いで下痢やおう吐などの症状

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【読者投稿より】  『ベラルーシで現実をみた医師の考察』

2012年06月04日 

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~

神風カムイ

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/09a956287088bbea56572eb93a41ee86

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

2012年03月21日付けのエントリー「【必読記事】『政府、汚染の深刻さを未だ理解せず』~ベラルーシで医療活動を行った菅谷市長が語る真実~」に対して、「米国在住」氏より貴重な情報を投稿いただいた。

放射線による健康被害に不安を感じながら過ごしている方が多いであろうことから、1人でも多くの方にご覧頂くべく、情報拡散のため、これを以下にエントリーさせていただいた次第である。

(引用開始)

◆『ベラルーシで現実をみた医師の考察』
 2012-06-03 02:10:05 「米国在住」氏

ベラルーシで現実をみた医師が現状について医者向けのサイトで発言した記録を日付で並べてみました。 
筆者が誰かは不明ですが、専門家なのは確かです。 

最近になって、恐ろしいことに彼の発言に思い当たる事件がどんどん増えています。 
このコメント欄に載せてください。(注目:#12と#14)

1) 激烈な初期症状 http://www.twitlonger.com/show/burrc5 (2011/07/25)

2) 軽度の知能低下 http://www.twitlonger.com/show/busdm7 (2011/07/25)

3) 放射線に対する感覚的感受性 http://www.twitlonger.com/show/bus4n3 (2011/07/25)

4) β線核種が大変多い http://www.twitlonger.com/show/c7a1fg (2011/08/06)

5) クエン酸は血管内膜炎を治す薬ではない http://www.twitlonger.com/show/c79j7g (2011/08/06)

6) アップルペクチンの実験結果  http://www.twitlonger.com/show/c79or9 (2011/08/06)

7) γ線しか測れないシンチレータ式機種  http://www.twitlonger.com/show/c793ef (2011/08/06)

8) 放射性物質の影響は2種類  http://www.twitlonger.com/show/c8lmk7 (2011/08/08)

9) β線を無視するように誘導する理由 http://www.twitlonger.com/show/c8t7b1 (2011/08/08)

10) 311前の発想は、被害を増加させる http://www.twitlonger.com/show/c9786a (2011/08/09)

11) 現実問題としてどうするか http://www.twitlonger.com/show/cack2u (2011/08/10)

12) 皮膚症状 http://www.twitlonger.com/show/cbgba5 (2011/08/12)

13) 血管内膜炎/心筋梗塞 http://www.twitlonger.com/show/cce5le (2011/08/13)

14) 中枢障害/医療崩壊 http://www.twitlonger.com/show/cceiae (2011/08/13)

15) アップルペクチンの服用 http://www.twitlonger.com/show/ceah4g (2011/08/16)

16) 西日本の内部被曝/亜急性甲状腺炎  http://www.twitlonger.com/show/ch4b49 (2011/08/20)

17) 行政に完全に頼れない http://www.twitlonger.com/show/ch3klb (2011/08/20)

18) β線源がないと、症状の進行を説明できない http://www.twitlonger.com/show/cp4918 (2011/08/30)
(引用終了)
補記:「米国在住」様、もし不都合等あれば即時にエントリーを取り消しますのでご一報ください。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆コメントより

エントリーありがとうございます (米国在住)

2012-06-04 02:39:45

神風カムイ様、

エントリー戴いて、ありがとうございます。 いつもこのブログの鋭い考察を読ませていただいています。 
私 はアメリカに住むヒラ研究員です。 重要な情報を握っているわけでも何もなく、この医師のTWEETも検索してみつけただけです。 基本的に、私は日本の 「新聞」を読んで情報を得ています。 仕事柄、医療統計を見るのですが、今年に入って、さすがの「新聞」でも健康被害をごまかせなくなりました。 

1)中枢症状
たとえば、ボーっとしていて堀に突っ込むような不気味な交通事故が一月以後にいくつも報道されました。 それから「千葉県で交通事故が昨年の同時期の3倍になる」とか「非合法ハーブで幻覚作用が起きて救急車で運ばれる人が昨年の20倍」という報道がありました。 普通なら、2倍に増加することすら滅多にないので、関東では中枢症状がある人が出ていると思います。
2)突然死
それから、関東で若い人達(40歳以下)の突然死(心筋梗塞など)を耳 にすることが増えました。 持病のない若い世代の突然死は、10代ー20代なら10万人に1人というくらい稀です。 これは統計を取ったら関東でも有意差 がつくはずです。 (東北地方での有意差は東北大学が3月に発表しました。) それに、時々、甲状腺異常が雑誌に報道されますが、症状の進行の早さに恐怖 を覚えています。
3)感染症
もっと気になるのは、3-5月にかけて、インフルエンザの集団感染、熱中症、食中毒、成人男性の風疹が西日本でも発生していることです。 いくらなんでも、「この時期にこんなに発生するはずがないだろう」という病気ばかりです。 これは瓦礫処理か動くホットス ポットが原因の放射線障害じゃないかと疑っています。

最後に、この謎の医者についてなのですが、残念ながら、私はこの方と面識があるわけ でも何でもありません。 直感的に「これは本物だ!」と思ったので、コメント欄に掲載をお願いしました。 関東の友人と新聞の他には、以下のサイトが私の 健康被害の情報源です。 もしよろしければ、参考にしてください。

*院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/ あるいは https://twitter.com/#!/onodekita
*木下黄太のブログ
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927
*Dr.NOMURA 反原発
https://twitter.com/#!/Chooemon92 あるいは http://twilog.org/Chooemon92

================
カムイ様への私信:
謎の医者は、文面からして、大阪大学の医者です。 もし実在なら、カムイさんが個人の特定をすることは簡単だと思います。 彼は一時期MIXIの医師向けコミュで実在しましたが、現在は一切活動していません。 脅迫まがいの妨害があったという噂です。
それから、謎の医師の発言をTWEETしたGパパは、Dr.NOMURAかもしれません。 彼が自分のTWEETでそう言っています。 ただ火消しが多いの で、私もまだ確信はありません。彼はTWEETするだけでも妨害があるらしく、TWITTERアカウントがよく変わります。 @Chooemon92のアカウントにおける彼の発言は信頼できますが、途中から変なことを言い出す御用学者は多いです。 私は、東京の医者・学者を名乗る発言は、念のため警戒しています。 何の肩書きもない人のブログやTWITTERが一番信頼できます。 
最後に、もう一度、お礼を言います。 今回の掲載ありがとうございました。
=================

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆東葛の交通死もう前年3倍 「全県180人以下」県警年間目標ピンチ?
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/195.html
投稿者 片瀬テルミドール夏希日時 2011 年 10 月 10 日 18:11:36: x0P0raHFBfKZU

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011年9月21日 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110921/CK2011092102000055.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 県北西部の東葛地域で、交通事故の死者数が前年比三倍と急増している。県警が目標としている県内の交通事故死者数百八十人以下の達成にも黄信号が点灯し始め、県警は事故が特に多い主要幹線道路を中心に警戒を強化している。 

(深世古峻一)

 柏、松戸両市などを抱える東葛地域の死者数は、十九日現在で三十三人(前年同日比二十二人増)。九十九里地域を除く他地域では、死者数が減少しているにもかかわらず、東葛地域では急増している。

  特に両市を通る主要幹線道路の国道6号、16号線上で死亡事故が目立ち、東葛地域の死亡事故の約三割を占めている。交差点での死亡事故が多いため、県警は 主要交差点で信号無視などの取り締まりを強化するとともに、国道上に白バイ隊員を通常の約三倍投入し、事故の抑制を図っている。

 県警交通総務課の幹部は、東葛地域で死者数が急増した原因について「国道の通行量は一割から二割減っているが、それによりスピードを出しすぎるドライバーが増えているのでは」と話す。

 県内全体の死者数は百二十五人(十九日現在)。八月末までは前年同月比で減少が続いていたが、東葛地域で死者が増えた影響で、九月に入ってから十九日現在で四人増と増加に転じた。

 同幹部は「このままでは目標の達成どころか、十二年連続で年間の交通事故死者数の減少を達成することも難しい。東葛だけでなく、県内のドライバーのみなさんにくれぐれも安全運転をお願いしたい」と呼び掛けている

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆脱法ハーブでの救急搬送が激増、1年で20倍に

2012年5月28日 

読売新聞

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=59362

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 幻覚作用のある脱法ハーブが若者らの間で急速に広まる中、東京都内で吸引・摂取が原因とみられる体調不良で救急搬送された人が今年1~5月だけで91人と、昨年の20倍のペースで増えていることが警視庁のまとめでわかった。

 同庁は都と連携して販売店への立ち入り検査を強化し、厚生労働省も規制を強める方針だ。

 同庁幹部によると、脱法ハーブの吸引・摂取が原因とみられる搬送人数は、昨年は年間11人(11件)で月に1人の割合だったが、今年1月~5月18日の4か月半は91人(79件)で、月20人の計算になる。警察署別では渋谷が最多の25人で、次いで新宿が11人となっている。

 12人は男子高校生ら未成年者で、一度に3人が搬送されたケースもあった。今月16日には脱法ハーブが原因とみられる初の死者が出た。また、大阪市福島区の商店街で6日に起きた女性ひき逃げ事件では、脱法ハーブを吸引したのが原因だったとして、府警が塗装工・小泉武容疑者(22)を危険運転致傷容疑で送検した。

 急増の原因について、同庁幹部は「インターネットの書き込みなどで存在を知り、試そうとする若者が増えたため」とみる。

(2012年5月28日 読売新聞)

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆心不全救急搬送、震災後2倍に…宮城県内

2012年8月28日 

読売新聞

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=63934

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

東北大が調査


 東日本大震災後3週間に宮城県で心不全で救急搬送された件数が、震災前の2程度に増えていたことが、東北大の下川宏明教授(循環器内科)らの調査でわかった。

 避難生活のストレスで血圧や心拍数が上昇するなど、負担が続いたことが原因としている。地震の影響による心血管疾患の急増がデータで示されたのは世界でも例がなく、ドイツで開かれている欧州心臓病学会で28日に発表される。

 昨年2月11日~6月30日と、震災前の2008~10年の同期間に県内で救急搬送された計約12万4000件を分析。震災後3週間に心不全で救急搬送されたケースは計174件で、震災前の同時期の75~89件と比べると2・3~1・9だったことが判明した。その後の3週間も10件前後多めで推移し、7週目で震災前の水準に戻った。

 脳卒中も震災後2週間は1・8~1・4倍。震災後3週間で震災前と同水準に戻ったが、昨年4月7日に最大震度6強の余震が起きると、再び増加に転じた。

 心臓病や脳卒中の搬送件数は、沿岸部と内陸部、年齢・性別にも差はなかった。下川教授は「震災のストレスは津波被害を受けた沿岸部だけでなく、内陸部でも老若男女を問わず甚大だった。家庭での災害対策や、避難所の健康支援策などを考え直す必要がある」と指摘している。

(2012年8月28日 読売新聞)

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

30代~40代の「突然死」増加中(死亡者数、年間推定5万人)・・・再掲載

フクシマ原発事故とチェルノブイリ原発事故それらの放射能汚染について(北の山じろう)

2011-11-18 22:49:02 
http://ameblo.jp/kitanoyamajirou/entry-11082490955.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

これ、チョト怖いので再掲載です。

30代~40代の「突然死」増加中(死亡者数、年間推定5万人)
これは、かなりショックな数字です。
月間宝島11月号P.64~引用。

「突然死」とは、WHOの定義で、発症から24時間以内の予期されなかった死亡、とされている。
日本循環器学会によると、突然死による死者数は年間5万人と推定されているとの事。

突然死の原因
心臓によるものが60%強
(心筋梗塞、急性心不全など)
残りは、脳血管障害が多いとされる。
(くも膜下出血、脳梗塞など)

横浜市立みなと赤十字病院循環器内科・沖重薫医師によると
最近の「突然死」の傾向について、「30~40代の心筋梗塞が徐々に増えている」と指摘する。
30年ほど前は、30代の急性心筋梗塞の発症例など、普通なかった。50代以上の病気だった。

最近は、年に数件、30代、なかには20代で心筋梗塞症で緊急手術を必要とするような症例が出てきた。心臓専門医も、驚いているとの事である。

原因の推測(横浜市立みなと赤十字病院循環器内科・沖重薫医師)
生活習慣病患者の増加と共に、突然死が増えてきた。

つまり
『高血圧、高コレステロール、糖尿病など心血管系疾病の発病リスクを抱えている人が多い。
つまり、悪い生活習慣に由来しての急性心筋梗塞が確実に増えています。』
とのことです。

リスクの高い人の例

★食事が不規則、偏食、高脂質・高カロリー食で野菜不足

★喫煙習慣がある

★いわゆる「メタボ」

★睡眠時間・休養時間が不足している

★ストレスが高い

★健康診断などの健康チェックを、おざなりにしている

などの共通点があるそうです。
どうするべきか、についてはP.68以降に書いてあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の気になる点。
放射能による死亡原因で、一番多いのは、心臓系疾患である。
(チェルノブイリ周辺諸国の例)
と言う事は、死亡原因が「重複」しているんですネ??

しかも、年間推定、「5万人」です。
ほぼ確実に、放射能の内部被爆が原因の死亡も、生活習慣病由来のものに混ぜられてしまうだろう
と思います。これは、チェルノブイリでも、そうだったんです。

強いタバコを吸う。過度のアルコール摂取がある。などを理由に、最初は「放射能」が原因の
健康被害があることを、否定していたんです。今でも、IAEAは同じ立場かもしれません。
IAEAの手先とも言える、日本の「御用医学者」は、間違いなく「死亡原因」の誤魔化しを
図ろうとすると思います。

何しろ、チェルノブイリ原発事故の放射能汚染のよる犠牲者数の推計は
①IAEAの推計は、「4000人」です。

②ヨーロッパの学者が2007年に共同出版した著作によると
「98万5千人」です。死亡者が、ですよ!!!

なんだか、似たような事になりそうですネ???

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆ノロ食中毒1976人に 過去最多

1月7日 19時13分

NHK NEWSWEB

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130107/k10014639531000.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

先月、広島市にある食品会社が作った弁当を食べた人にノロウイルスによる食中毒が広がり、その後の市の調査で患者数が1976人に上ったことが分かりました。
厚生労働省によりますとウイルスによる集団食中毒としては、これまでで最も多いということです。

広島市保健所によりますと、広島市安佐北区にある食品会社「ダイヤス食品広島支社」が去年12月10日と11日に製造した仕出し弁当を食べた人が相次いで下痢やおう吐などの症状を訴え、保健所はノロウイルスが原因の集団食中毒と断定しました。
この会社では1日におよそ4700食の弁当を製造していたことから保健所が調査した結果、食中毒の症状を訴えた患者は、7日現在で合わせて1976人に上ったことが分かりました。
このうち1人が一時、入院しましたが、ほかの患者の症状は軽かったということです。
厚生労働省によりますと、今回の患者の数は、ウイルスによる食中毒の統計を取り始めた平成10年以降、国内で最も多いということです。
この食品会社は、先月13日から営業禁止処分となっていましたが、広島市保健所では再発防止策が取られたとして、7日、営業禁止処分を解除しました。
ダイヤス食品広島支社の幾野彰支社長は「手洗いの励行などが甘かったと反省している。2度と起こさないよう感染防止対策を徹底したい」と話しています。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関連記事

Tags: , , , , , , , , , , , , ,

2件のコメント on ボーっとして交通事故、突然死、熱中症、食中毒【「新聞」でもごまかせない放射能の健康被害】 「交通事故が昨年の3倍」「脱法ハーブでの救急搬送が昨年の20倍」という報道。『ベラルーシで現実をみた医師の考察』 2012/6/4暗黒夜考より

  1. Name より:

    天然の放射能は、救世主となり得るか?(高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟)
    http://blog.goo.ne.jp/mokushir.....02d4796de3

  2. 基本的にこれら 3 つの理由は、事故をすることができます。それらの両方の熱中症は完全に危険です。だから我々 はそれについて注意すべきです。素晴らしい記事をありがとう。

HIVセルフ検査 にコメントする コメントをキャンセル

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)