~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【誰かの『自由』は、誰かの『自由』を奪う?】

TPP・・・超国家企業の『自由貿易』は、国家・市民の『自由』を奪う

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12/12 環太平洋経済連携協定(TPP)の第15回交渉会合

@ニュージーランドのオークランド

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代表Column】 memo

12/13の日本経済新聞は、

オーストラリアがISD条項には断固反対 は報道せず、

『新たに参加したカナダとメキシコへの称賛が相次ぐ一方、参加表明で煮え切らない日本にいら立つ雰囲気』という、『空気』を報道している。

2012/12/14  【川崎泰彦 記】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

必要なのは、自由貿易の拡大ではなく、秩序ある貿易の拡大

12/14廣宮孝信の「国の借金」“新常識”より

http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-571.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用 開始】

・・・略・・・

このように見ると、TPPを自由貿易協定というのは完全なる間違い、ということになります。
インターネット・ユーザーから表現の自由を奪い、
庶民から医薬品を安価に入手する自由を奪い、
ISD条項などで国民が選んだ政治家が国家主権を行使する自由を奪う。
それがTPP、ということになります。

そもそも、自由貿易の推進とか、自由貿易の拡大、という言葉が、よくよく考えれば少々問題ありです。
我々に必要なのは、
自由貿易の拡大ではなく、秩序ある貿易の拡大
でしょう。
よくよく考えれば、何でも自由にすれば良いということは、全くありません。
例えば、「交通の完全な自由化、完全な規制撤廃」というのを考えてみます。
交差点の信号機、これは規制ですので、撤廃すべきです。
横断歩道も、これは規制ですので、完全に撤廃すべきです。
制限速度の標識、これも規制ですので、完全に撤廃すべきです。

どうなるでしょう?

巷(ちまた)は弱肉強食、阿鼻叫喚の交通戦国時代と化すでしょう。
自由というのはそんなもんです。

我々に必要なのは、自由化ではなく、秩序の最適化です。
秩序があってこそ日々の生活の自由度、豊かさが最大化します。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

輸出産業が儲かるということは、【低賃金になる】国民の不幸。

グローバリズムで、企業の利益と、国民の利益が一致しなくなった。

中野剛志

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆中野剛志:自由貿易を考えるシリーズ・TPPに見る「自由貿易の罠」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アップロード日: 2011/02/05

マル激トーク・オン・ディマンド 第512回(2011年02月05日)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新たに参加したカナダとメキシコへの称賛が相次ぐ一方、参加表明で煮え切らない日本にいら立つ雰囲気

12/13日本経済新聞

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆TPP11カ国「来年中に妥結」 日本の態度にいら立ち

2012/12/13付

日本経済新聞 朝刊

http://www.nikkei.com/article/DGKDASDF1200U_S2A211C1EA2000/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 【オークランド=柳迫勇人】ニュージーランドのオークランドで12日、環太平洋経済連携協定(TPP)の第15回交渉会合が閉幕した。参加国が11カ国に拡大後の初会合。終了後の記者会見では新たに参加したカナダとメキシコへの称賛が相次ぐ一方、参加表明で煮え切らない日本にいら立つ雰囲気も垣間見えた。

 11カ国は2013年中の交渉妥結をめざし交渉を加速する方針を確認した。早ければ来年10月のアジア太平洋経済協…

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オーストラリアは、

企業が政府を国際法廷で訴えることができることを可能にする

ISD条項には断固反対

12/12 3 News

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下、記事翻訳は、廣宮孝信氏

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆Diplomats quiet on Trans-Pacific Partnership progress
外交官ら、TPPの進捗に言葉少な

Wed, 12 Dec 2012 6:34p.m.

3 News
http://www.3news.co.nz/Diplomats-quiet-on-Trans-Pacific-Partnership-progress/tabid/421/articleID/280153/Default.aspx

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

Australia remains adamant it won’t agree to a proposal to allow corporations to sue governments in an international tribunal.
オーストラリアは、企業が政府を国際法廷で訴えることができることを可能にする条項には断固反対を維持しています。

“The Australian government has said it’s not prepared to sign up to an investor state dispute mechanism as part of the TPP agreement,” says Australian negotiator Hamish McCormick.
「オーストラリア政府はこれまで、TPP協定のISDメカニズムに署名する準備はないと言ってきた」とオーストラリアのハミッシュ・マコーミック交渉官は言います。
【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米共和党下院議員160名以上参加の政策提言グループが制限の多い著作権法に反対し、TPPで推進しているルールに反対する改正案を提言(巨大メディアのロビイストの圧力に従い、撤回したが)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆Citizens of the Internet Aren’t Going Down Without a Fight 
ネット民が不戦敗することはない

The HuffingtonPost

12/13/2012
http://www.huffingtonpost.ca/catherine-hart/trans-pacific-partnership-canada_b_2294759.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

The U.S. has been the main driver of the TPP, but last month the U.S. Republican Study Committee published (and following pressure from Big Media lobbyists, quickly retracted) a progressive report which argued against restrictive copyright measures and proposed reforms that directly contradict the rules being pushed by the TPP.

米国はTPPの主要推進国であったが、先月、the U.S. Republican Study Committee(米共和党下院議員160名以上が参加する保守系政策提言グループ)が制限の多い著作権法に反対し、TPPによって推進されているルールに直接反対するような改正案を提言した(巨大メディアのロビイストの圧力に従い、撤回したが)

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆That Was Fast: Hollywood Already Browbeat The Republicans Into Retracting Report On Copyright Reform
それは素早かった:ハリウッドが早くも共和党議員を脅しつけ、著作権法改正案レポートを撤回させていた
techdirt.com

Sat, Nov 17th 2012 

http://www.techdirt.com/articles/20121117/16492521084/hollywood-lobbyists-have-busy-saturday-convince-gop-to-retract-copyright-reform-brief.shtml
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】
So, late Friday, we reported on how the Republican Study Committee (the conservative caucus of House Republicans) had put out a surprisingly awesome report about copyright reform. You can read that post to see the details. The report had been fully vetted and reviewed by the RSC before it was released. However, as soon as it was published, the MPAA and RIAA apparently went ballistic and hit the phones hard, demanding that the RSC take down the report. They succeeded. 

さて、金曜日の夜遅く、我々はthe Republican Study Committee(RSC:下院共和党の政策提言集団)が発表した著作権法改正に関するレポートが、いかに驚くほど素晴らしいかについて報告した。その前回の記事で詳細を読むことができる。この報告書は発表されるまでにRSCによって完全に吟味され、精査されいたはずだ。しかしながら、発表された直後、恐らくはアメリカ映画協会MPAAやアメリカレコード協会RIAAが怒りまくって電話をかけまくり、RSCにレポートを撤回するよう要求したのだろう。彼らは成功した。

What happened, instead, was that the entertainment industry’s lobbyists went crazy, and some in the GOP folded.
何が起きたかというと、エンターテインメント業界のロビイストたちが発狂し、共和党の何人かが折れたのだろう。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)