~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆国の借金1000兆円は正しくは「日本政府の債務残高」

11/11 ぼくらがメディアをつぶすわけ ろっど。

http://tubusuwake.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国の借金とは日本が外国から借りているお金と定義されている。 → 対外債務

対外債務342兆円、対外資産582兆円

 → 差額=対外純資産は240兆円は世界最大、年間30兆円ほどの利息

日本は借金大国どころか世界一のお金持ち国家

世界一対外資産が大きいということは、世界一、財政破綻から遠い国
マスコミが使う「借金大国」という言葉そのものが嘘

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆『増税・緊縮財政が必要』という嘘

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①消費税増税のインパクトは、限定的・・・というウソ
②社会保障費の自然増に対応するには、増税するしかない・・・というウソ
③積極財政では、経済は成長しない・・・というウソ
④緊縮財政をすれば、円安になる(補足資料)・・・というウソ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【藤井聡】日本で まかり通っている虚事(そらごと)

http://www.youtube.com/watch?v=MnUBGj-itBU

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

NIPPON428

公開日: 2012/03/24

参議院予算委員会公聴会(参院H24.03.22)より、藤井聡教授の部分を抜粋(一部、他公述人含む)。
【「財政」に関わる専門家への疑義】
①消費税増税のインパクトは、限定的
②社会保障費の自然増に対応するには、増税するしかない
③積極財政では、経済は成長しない
④緊縮財政をすれば、円安になる(補足資料)
…これらについての疑義の可能性を、藤井聡教授(中野剛志准教授のボス)が語る。

※京都大学大学院・藤井聡教授の研究室HPに資料あり。

[質疑した参議院議員]
金子洋一 議員(民主党)
渡辺猛之 議員(自民党)
竹谷とし子 議員(公明党)
中西健治 議員(みんなの党)
山下芳生 議員(共産党)
福島みずほ 議員(社民党)
荒井広幸 議員(新党改革)

※無編集でご覧になりたい場合は、参院ネットTVや他動画で。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆「財務省の罠」プロトタイプ版第一稿(中村哲治議員作成)

日本未来の党 参議院議員森ゆうこ

2012年11月 5日 (月)

http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2012/11/post-8039.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

この度、「国民の生活が第一」中村哲治参議院議員が消費税増税の矛盾点について「財務省の罠」と題して資料をまとめられました。
多くの皆様方に「財務省の罠」プロトタイプ版第一稿を御覧頂ければ幸いです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「財務省の罠」PDFのプロトタイプ版第一稿
ダウンロード
http://firestorage.jp/download/d24b6cb9bca2411e532fec41a097e9361739b5ca

スマホ等
http://bit.ly/YsI2Vf
財務省幹部著書に見る「財務省の罠」
http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/20121031

不思議なくらい触れない「経常収支」と「対外純資産」)

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『国の借金1000兆円』という嘘

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆国の借金983兆円=国民1人771万円という「あおり記事」の嘘

ぼくらがメディアをつぶすわけ

ろっど。

2012-11-11

http://tubusuwake.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

という訳で財政破綻論の嘘について今日は書こう。(3度目ですが)

まず最初に、国の借金1000兆円というフレーズがそもそも嘘である。
国の借金とは日本が外国から借りているお金と定義されている。それは「対外債務」といい342兆円存在している。
時事通信社が書いている国の借金1000兆円は正しくは「日本政府の債務残高」であり、政府の借金であり、国の借金とは違うモノである。

さて対外債務342兆円も大きいじゃないかと心配する方もいるかも知れないが、逆に日本が海外に貸している「対外資産」というお金もあり、その金額は582兆円である。
その差額は240兆円にのぼり、貸している金額の方が遙かに多い。しかも日本は黙っていても年間30兆円ほどの利息を海外から受け取っている。
つまり国の借金という面では日本は240兆円の「対外純資産」を持ってる国なのである。ちなみにこの金額は世界最大である。

よって国の借金においては、日本は借金大国どころか世界一のお金持ち国家という事になる。
また世界一対外資産が大きいということは、世界一財政破綻から遠い国でもある。
マスコミが使う「借金大国」という言葉そのものが嘘なのだ。

では次に政府の借金1000兆円だが、そもそも政府は誰から1000兆円もの金を借りているのか?ということになるが、それは日本国民である。
2010年度で政府の負債である国債の買い手は以下のようになっている。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆小学5年生の男の子でさえ「国の借金1000兆円」がウソだと理解できる

ぼくらがメディアをつぶすわけ

ろっど。

2012-11-24

http://tubusuwake.blog.fc2.com/blog-entry-272.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

どこで聞きかじってきたのか「日本は借金が大変なんでしょ?」
と質問してきた長男(小5)に話した要旨

1.日銀は政府の連結子会社なので会計的にも一体だし、
実質的に同じもの
2.お金(日銀券)は日銀の負債(借金)である
3.国債は政府の負債(借金)である
4.どちらも「政府+日銀」がその価値(返済)を保証して
初めて価値が生まれる紙切れである。
5.国債は利子を受け取れるが、受け取れるのは日銀券のみ
6.国債を償還しても受け取れるのは日銀券のみ
7.政府は国債を日銀に買取らせて日銀券を受取ることが出来るし、
今も毎年10兆円以上買取らせている。
8.日銀券は日銀の負債ではあるが日銀券を持って日銀に返済を
求めた所で日銀券しか帰って来ないので実質的に
弁済義務は存在しない。

この1~8をループしていくうちに長男が出した結論
「( ゚д゚)じゃぁ別に大した問題じゃないじゃん」

という書き込みをみました。
お父さんも息子さんもすばらしい!

ところが現首相や御用達の大学教員、あまつさえ経済評論家の中には、この男の子にも劣る頭脳の持ち主が多いようで恐ろしいことです。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆為替レートはゲームの値段

ぼくらがメディアをつぶすわけ

ろっど。

2012-02-07

http://tubusuwake.blog.fc2.com/blog-entry-135.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

という事で、現在の円高の理由は日本経済が強くなったわけではなく、日本円に比べて他国の通貨が増えたために、相対的に円が高くなった(他国の貨幣価値が下がった)ことに起因している。

これを解消するのに取れる国内手段は一つしかない。
日銀が円を発行して銀行から国債を買い取り、政府が被災地のインフラを復旧するために公共事業を展開して金を回す事だ。日本国内の円の流通量を増やす事しかない。
要は日本も円を刷れという事だ。

これだけ通貨量に差があるのだから、日本政府の相場介入など全くの無意味で、焼け石に水にもならない。

という事で日銀に円を刷らせなければならないのだが、円を刷る気の全くない日銀総裁の白川氏を解任することは世界中の誰にも出来なかったりする・・・・・orz
任命には国会の承認が必要なのに、解任は出来ないのだ。法的に。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , ,

1件のコメント on 財務省・メデイアのウソ【日本でまかり通っている虚事(そらごと)】『国の借金1000兆円』という嘘2012/11/11ろっど。/ 『増税・緊縮財政が必要』という嘘2012/03/24京大院教授・藤井聡+「財務省の罠」プロトタイプ版第一稿(中村哲治議員)

  1. Name より:

    【グラフ図解付き】景気回復の前兆か!? 伸び続ける預金取扱機関の貸出し(天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論)
    http://ameblo.jp/amanomotoyasu.....62620.html

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)