~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メディアの工作活動の三つの軸。

12/11 植草一秀の『知られざる真実』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.自公圧勝予測で、有権者の「勝ち馬に乗る」行動を引きだす。
2.選挙結果は確定的として、できるだけ多くの有権者が投票所に足を運ばぬこと
3.「日本未来の党」を著しく小さく見せて、「未来の党」への投票意欲を削ぐこと

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Masaru Suzuk i‏@rupinas

今日、衆議院選挙の世論調査なる電話がかかってきました。支持政党について聞かれて、民主党、自民党、公明党、維新の会しかなかったので、しつこく、日本未来の党と言ってやったら、真面目に答えてくださいって、怒られた。なんか、俺、悪いこと言った? #sokotoko@tim1134

2012年12月6日

https://twitter.com/rupinas/status/276639993106165760?uid=165455948&iid=fe24293a-a186-4ec6-9be0-0cc64200a4a3&nid=46+142+20121206

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ある報道機関の電話での世論調査で、支持政党が「未来」だと答えると、質問者が「その前の支持政党は」と聞いてきたという。

12/8 植草一秀の『知られざる真実』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自民党過半数超えを全社一斉に報じるという、投票率を下げるためのトラップ。

憂いの果てに ~次男坊のアフォリズム~

ハタ次男

2012/12/06(Thu) 13:00

http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-483.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いまは開戦前夜の状況

2012/12/10

無盡の燈

Copyright (C) 2012 越 後 屋 all rights reserved

http://fumito-ksd.cocolog-nifty.com/mujinnotomoshibi/2012/week50/index.html#entry-74937497

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用 まとめ】 (文責:川崎泰彦)

「世論調査」や「読者の投書欄」は市民の声ではない、メディアに属する論説委員の声。

 

権力をチェックするべきメディアが権力の中に入った。

東日本大震災復興構想会議のメンバーにメディア関係者が2名入っている。
朝日新聞社OBの高成田 享氏、読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏だ。
これはジャーナリズムの崩壊。

 

大きな問題が起きているのにメディアは一切問題にしようとはしない。
政権とメディアがひとつになっている。

朝日、読売、産経の政権擁護はもはや、この国が民主主義体制でないことを意味する。
大戦前夜の状況と同じだ。戦争準備の時代に入ったということ。

【引用 まとめ 終わり】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆マスゴミが実行する総選挙報道・三つの情報工作

2012年12月11日 (火)

植草一秀の『知られざる真実』

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-6edd.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

いよいよ総選挙が投票日を迎えるに際し、メディアはこの工作活動の仕上げの段階に移行している。
その軸は三つだ。
1.自公圧勝予測を流布して、有権者の「勝ち馬に乗る」行動を引きだそうとしている。
2.選挙結果は確定的であるとの印象を植え付けて、できるだけ多くの有権者が投票所に足を運ばぬことが目指されている。
3.最大の攻撃対象である「日本未来の党」を著しく小さく見せることによって、「日本未来の党」への投票意欲を削ぐことが目指されている。
権力とメディアが結託した「不正選挙」である。
「主権者国民のための政治」を希求する国民は、絶対にあきらめてはならない。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆「未来」嘉田代表攻撃に失敗したNステ古舘伊知郎

2012年12月 8日 (土)

植草一秀の『知られざる真実』

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-faba.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

今後も、大規模な地震がいつ発生するか分からない。
「活断層の上のジャパン」
である。この国で、福島の経験を経て、なお原発を推進するのは狂気の沙汰だ。
報道ステーションでの党首討論で、ラスト3分の局面で古館伊知朗が原発問題を取りだした。
憲法問題などの前に、じっくり時間をかけて原発を取り上げるべきだろう。
安倍晋三に全体の半分近くの時間を付与し、原発問題で未来に十分な時間を配分しない。
不正極まりない番組進行だ。
しかも、古館は未来の嘉田代表に、使用済み核燃料の最終処分場をどうするのかだけを聞いた。

 

嘉田代表は、「その前に」と前置きをして、地震があり、原発を稼働させることは危険であることを強調した。古館は、しつこく使用済み燃料の最終処分場の話を問う。
嘉田代表は、最終処分の方法が確立していないのに、次々と使用済み核燃料を生み出すことがおかしいと切り返した。
適切な切り返しだったが、古館の狙いは明白だ。
討論の最終場面で、嘉田代表が返答に窮する場面を作ろうとしたのである。
これが日本のマスゴミの現状だ。
「未来」の公約発表の日、中央高速のトンネル崩落事故にかこつけて「未来」公約をほとんど報道しなかったことも意図的である。
事故そのものが偶発事故であったのかをも疑う必要があるだろう。

 

ある報道機関の電話での世論調査で、支持政党が「未来」だと答えると、質問者が「その前の支持政党は」と聞いてきたという。
このやり取りで、支持政党を「未来」とせずに、「その前の支持政党を聞いて得た党名をカウントしているようだ」との情報も入っている。
メディア世論調査では、明白に「未来」の数値に操作が行われている。
日本の主権者国民の過半数が「原発ゼロ」と「消費税増税反対」を支持している。
当然のことながら、「未来」支持者が多数である。
それにもかかわらず、マスメディア=マスゴミは、「未来」支持率を極端に低く発表している。
「ウソから出たまこと」を期待しているのだろう。

現に、12月2日に実施された三重県桑名市長選では、日本未来の党の嘉田由紀子代表が塾長を務める未来政治塾の塾生である伊藤なるたか氏が圧勝した。
しかし、メディアは当選した伊藤氏が未来政治塾の塾生であるという重要事実を一切報道していない。
メディアは「日本未来の党」の支持率を人為的に、著しく低く公表していると見られる。
「日本未来の党」が選挙で勝利したという情報が流布されることは、絶対にまずいのだ。

 

もし、メディアが「日本未来の党」を、これまでの大阪維新のように報道するなら、すさまじいブームが巻き起こっているだろう。
「日本未来の党」が300選挙区に候補者を擁立するなら、衆院単独過半数を獲得してもおかしくないと思われる。
このような事態を恐れて、マスメディアは「日本未来の党」報道を封印し、世論調査数値を捏造して発表しているのだと思われる。
この人為的な操作の影響は二通りの出方がある。
何も考えない有権者は、メディア放送に流される傾向を持つ。
メディアが有利だとする側に付和雷同で加担する傾向が強い。
しかし、逆に、脱原発・反消費税増税・反TPPの判断を固めている有権者は、「日本未来の党」に対する支持をより強めると考えられる。「北風と太陽」の北風に対して、旅人が必死に外套を握りしめる行動が取られるわけだ。

日本の主権者国民はマスゴミの情報誘導に絶対に流されてはならない

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆「世論調査」が崩れ去るとき

2012-12-07
八木啓代のひとりごと

http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-668.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

しかしながら、「新聞世論」と「ネット世論」の乖離の大きさは、今回の選挙でも多くの人が気づいている。

果たして、ブラジルで起こったように、「政策」が「大手メディアの世論調査や選挙予測」を凌駕するようなことが、日本でも起こりうるのか。

それはまさに、「脱原発」「反TPP」「反消費税」といった政策が、選挙結果に反映されるのか、ということでもある。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , ,

1件のコメント on 【衆議院選挙の世論調査なる電話】支持政党は、日本未来の党と言ってやったら、真面目に答えてくださいって、怒られた。12/6 Masaru Suzuki‏ @rupinas 支持政党が「未来」だと答えると、質問者が「その前の支持政党は」と聞いてきた。と 12/8 植草一秀の『知られざる真実』

  1. 大庭孝広 より:

    こんばんは。

    私も、期日前投票の出口調査で、アンケートの記載を求められたのですが、今回の投票政党は? の次の問が、今までの支持政党は?で、
    今までの支持政党は?の割には、未来の党が入っているのはおかしいのでは?と確認しましたが、後になって結果を操作するための問だったんじゃないかと思いました。

    とことん腐りきったマスゴミです。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)