~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代表 Column】 memo

鉛筆で書いた「日本未来の党」は、後半が薄くて判別しがたいとき、略称「日本」としてみられるかもしれない。

そして、その投票は、比例に立候補できない新党日本を除く、三つの党【日本未来の党、日本維新の会、日本共産党、】に按分されるかもしれない。

2012/12/12  【川崎泰彦 記】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

総務省は比例区投票で、「『日本』とだけ書かれた票をどう扱うかは、最終的に各市町村の選管が判断する」としている。12/4朝日新聞

各市町村の選管が有効として取り扱う場合、公職選挙法 第68条の2を援用して、

【「日本」がつく政党】に按分される可能性がでてきた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

同一の略称による投票は有効とし、有効投票数に応じてあん分し、それぞれこれに加える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆公職選挙法 第68条の2 

http://www.houko.com/00/01/S25/100.HTM

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 第86条の2第1項の規定による届出に係る名称又は略称が同一である衆議院名簿届出政党等が2以上ある場合において、その名称又は略称のみを記載した投票は、前条第2項第8号の規定にかかわらず、有効とする。

《改正》平12法062

 第86条の3第 1項の規定による届出に係る参議院名簿登載者(公職の候補者たる者に限る。以下この条において同じ。)の氏名、氏若しくは名又は参議院名簿届出政党等の名称若しくは略称が同一である参議院名簿登載者又は参議院名簿届出政党等が2以上ある場合において、これらの氏名、氏若しくは名又は名称若しくは略称のみを記載した投票は、前条第3項第10号の規定にかかわらず、有効とする。

《改正》平12法118

 第1項又は第2項の有効投票は、開票区ごとに、当該候補者、又は当該衆議院名簿届出政党等のその他の有効投票数に応じてあん分し、それぞれこれに加えるものとする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆比例区投票で「日本」は無効? 関係する政党名、四つも

2012年12月4日(火)

朝日新聞

http://www.asahi.com/politics/intro/TKY201212030618.html?id1=2&id2=cabcbcae

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 日本未来の党、日本維新の会、日本共産党、新党日本。「日本」がつく政党が四つもある・・・

 未来は衆院解散後に結党したが、略称の届け出は解散後にはできない。維新の略称は「維新」、共産は「共産」だ。新党日本は「日本」を略称として中央選挙管に届け出ているが、国会議員が田中代表1人だけのため、このままでは比例に立候補できない。

・・・「日本」と書いても、「無効票になる可能性が高い」(東京都選管)・・・

総務省は「『日本』とだけ書かれた票をどう扱うかは、最終的に各市町村の選管が判断する」・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆な、なんと、党名省略「未来の党」は無効←のデマ元は朝日記事だった(2012年12月3日夕刊)。あいた口が塞がらない。

 投稿者:SOBA  投稿日:2012年12月10日(月)21時10分59秒

主権者は私たち国民

http://6719.teacup.com/syukensya/bbs/659

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 しかも、小さな記事ですが、デマ元のこの記事を(Web版の方を)朝日新聞は未だに消しもせず、訂正・お詫び記事も出していません。放置状態です(2012/12/11 7:27現在確認。下記魚拓参照願います)

「日本未来の党」の略称は「未来の党」です。「未来の党」と書けば何の問題もありません。東京都選挙管理委員会で案内された総務省の該当ページで確認してます(総務省の中央選挙管理会は電話集中で何度かけてもつながらなかった)。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆衆議院議員田中康夫君提出政党「同一略称」に関する質問に対する答弁書

答弁本文情報

経過へ | 質問本文(HTML)へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(PDF)へ

平成二十二年四月二十七日受領
答弁第四〇八号

  内閣衆質一七四第四〇八号
  平成二十二年四月二十七日

内閣総理大臣 鳩山由紀夫
       衆議院議長 横路孝弘 殿

衆議院議員田中康夫君提出政党「同一略称」に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

三及び八について

 公職選挙法第六十八条の二第二項及び第三項の規定により、名称又は略称が同一である名簿届出政党等(同法第八十六条の二第一項又は第八十六条の三第一項 の規定による届出をした政党その他の政治団体をいう。以下同じ。)が二以上ある場合において、その名称又は略称のみを記載した投票は有効とすることとされ ており、この有効投票は、同法第六十八条の二第四項及び第五項の規定により、当該名簿届出政党等のその他の有効投票数に応じてあん分し、それぞれこれに加えるものとすることとされている。
 投票のあん分については、「同一の氏名、氏又は名の公職の候補者が二人以上ある場合において、その氏名、氏又は名のみを記載した投票を公職の候補者の何人を記載したものか確認し難いものとして無効とすることなく、これを有効として当該候補者のその他の有効投票数に応じ按分して加算しても、それは立法政策 上の問題であつて所論憲法の規定に違反するものとはいえない」(昭和三十五年十二月十四日最高裁判所大法廷判決)と判示されているものと承知している。
 なお、略称が同一である名簿届出政党等が二以上ある場合においても、名簿届出政党等のいずれを記載したか確認できる有効投票は、あん分することなく当該名簿届出政党等の有効投票数に加えることとなるものである。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

公職選挙法 第六十八条の二第二項及び第三項の規定

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆公職選挙法

法庫

http://www.houko.com/00/01/S25/100.HTM

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(同一氏名の候補者等に対する投票の効力)

第68条の2 同一の氏名、氏又は名の公職の候補者が2人以上ある場合において、その氏名、氏又は名のみを記載した投票は、前条第1項第8号の規定にかかわらず、有効とする。

 第86条の2第1項の規定による届出に係る名称又は略称が同一である衆議院名簿届出政党等が2以上ある場合において、その名称又は略称のみを記載した投票は、前条第2項第8号の規定にかかわらず、有効とする。

《改正》平12法062

 第86条の3第 1項の規定による届出に係る参議院名簿登載者(公職の候補者たる者に限る。以下この条において同じ。)の氏名、氏若しくは名又は参議院名簿届出政党等の名称若しくは略称が同一である参議院名簿登載者又は参議院名簿届出政党等が2以上ある場合において、これらの氏名、氏若しくは名又は名称若しくは略称のみを記載した投票は、前条第3項第10号の規定にかかわらず、有効とする。

《改正》平12法118

 第1項又は第2項の有効投票は、開票区ごとに、当該候補者、又は当該衆議院名簿届出政党等のその他の有効投票数に応じてあん分し、それぞれこれに加えるものとする。

《改正》平12法118

 第3項の有効投 票は、開票区ごとに、当該参議院名簿登載者のその他の有効投票数又は当該参議院名簿届出政党等のその他の有効投票数(当該参議院名簿届出政党等に係る各参 議院名簿登載者の有効投票数を含まないものをいう。)に応じてあん分し、それぞれこれに加えるものとする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)