The daily olive news@olivenews より:

【低線量被曝と推定される症状】

①倦怠感

②発熱

③頭痛

④めまい

⑤湿疹

⑥肌荒れ

⑦脱毛

⑧目の下のクマ

⑨鼻血・鼻水

⑩口内炎

⑪金属味

⑫喉の痛み

⑬胸痛・動悸

⑭咳・たん

⑮嘔吐・吐き気

⑯下痢

⑰膀胱炎

⑱生理

⑲リンパ腫れ

⑳甲状腺異常

【貼付転載終了】

~~~~~~~

以上。

あなたは、大丈夫そうですか?

上記症状のうち、いくつか思い当たったら、まずは低線量被曝に理解ある内科医を受診して、血液検査など、必要な検査・診断を受けましょう。

小児科・内科医で池尻クリニックの院長、

(ホメオパスの勉強・ご研修中の)高野弘之医師を、下記にご紹介します。

*私、山崎は先週23日に、高野先生の初診を受診しました。

先生はとても親身に、私の諸症状の訴えに耳を傾けてくださり、丁寧な診察をして下さいました。

ご紹介くださった由井寅子先生に感謝いたします。

 

上記に記載された「低線量被曝の自覚症状」のほとんど全て、自分の不調と合致している上、猛毒(毒性の高い核種)プルトニウム被曝が疑われていますので、まずは放射線の影響を知りたいと思います。

■内科・小児科 池尻クリニック■

院長 髙野弘之

TEL:03-5779-9123   FAX:03-5779-9121

http://ikejiriclinic.jp/ 

Email: info@ikejiriclinic.jp

 

関連記事

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)