【寄稿:メンタルヘルスについて、市民の人権擁護の会:小倉謙さんから情報提供がありましたので、本稿から連載で『精神医療産業の闇』シリーズを、転載します】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【参考】 prometheus@prometheus2054 より:

SSRI型抗鬱剤プロザックは、主成分がフッ化物(94%)であり、フッ化ナトリウムは、またサリン神経ガス、ネズミやゴキブリの毒薬、麻酔薬、催眠&精神薬、神経ガスの主成分で、それは歯磨き粉&飲料水に追加されていると、マイクアダムス氏。 http://bit.ly/RVNChI  #健康

~~~~~~~~~~~~~~

【貼付転載開始】

山崎さま

本日は有意義な時間をともにできましたことを、大変うれしく存じます。

 まずもって、12月1日にシンポジウムを開催いたしますことをお伝えさせていただきます。

是非、お越しくださいませ。

*********************************************

 1992年、日本ではじめて精神医学の実態を暴き、彼らによる人権侵害や不当治療、不正行為を止めさせるために組織されたグループが誕生しました。

市民の人権擁護の会 日本支部 (略称:CCHR Japan) です。

これまで大和川病院や安田記念病院などをはじめとする様々な精神病院を閉鎖に追い込み、人々を精神科におくるために法律を廃案にし、向精神薬に警告ラベルを貼らせたりと活動をしてまいりました。

そのCCHRが本年創立20周年を迎えるにあたり、下記の通り記念イベントを開催することといたしました。

CCHR Japan 創立20周年記念イベント】

日 時 : 2012年12月1日(土)  13:00~16:30

場 所 : 星陵会館

      東京都千代田区永田町2-16-2

03-3581-5650

http://www.seiryokai.org/kaikan.html

主な内容 :  

テーマ: さらば精神医学よ! 

【精神医学との決別、そして真のメンタルヘルスの獲得へ!】  

(予定)    

13:00 オープニング

    主催者挨拶  ・・・ 世話役 米田倫康

    来賓・祝電・講演者の紹介

13:20 第一部  

【 CCHRと私。 精神医学と戦ってきた私たち 】

          ・13:21~13:41  中沢 健 氏

          ・13:42~14:02  (     ) 氏

第二部  【 精神医学で今何が起きているか】

          ・14:05~14:25  内海 聡 氏

          ・14:26~14:46 中川 聡 氏

第三部  【 精神医学以外の解決策の実践者たち】

          ・14:48~15:03  平林朋紀 氏

          ・15:04~15:19  田中路子 氏

第四部  【 ステージパフォーマンス 】

・ 14:20~15:30 歌 うつなんてないさ 六本木辰也氏

・ 15:30~15:40 コメンデーション贈呈

 

第五部  【 シンポジウム&質疑応答 】

・ 15:45~16:25

講演者全員ステージ上に登壇。一言ずつ主張を述べていただく。あらかじめ聞いた質問票に沿って質疑応答。

     16:25 閉会

お申込み : どなたでもご自由に参加していただけます。

皆様のご来場をお待ち申し上げております!

***********************
小倉 謙 ( Yuzuru Ogura )
yzrigura@u01.gate01.com

***********************

【貼付転載終了】

~~~~~~~~~~~~~

山崎ジャーナル!

【寄稿:メンタルヘルスの深刻な闇と犯罪性 その①】

「市民の人権擁護の会」世話役の小倉謙さんを10/20都内で取材インタビューしました。

貴重な情報提供をいただきましたので、『精神医療産業の闇』シリーズとして当サイトにて連載します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【貼付転載開始】

下記のブログやSNSは全て私が管理しているものです。

ブログ…ここのところ更新はしていませんが、精神医学に関する基本的な情報が掲載されております。

http://blog.livedoor.jp/psyichbuster/

 MIXI

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4591200&from=navi

 Facebook

https://www.facebook.com/#!/ogura.yuzuru (個人用)

 Facebook

https://www.facebook.com/#!/CCHR.Psychbusterjp (市民の人権擁護の会 用)

 最近はFacdbookを主に使っております。

個人用の方はあまりどぎつくはしていませんが、市民の人権擁護の会の方は相当突っ込んでいます。

是非、ご参照くださいませ。

~~~~~~~~~~~~

 精神医学の統計的なデータです。

是非ご覧ください!

■精神保健福祉資料調査 平成15年版
患者調査平成14年版
医師・歯科医師調査
国際麻薬統制委員会(INCB)の統計より

 ■◇■◇■精神病院大国・多剤大量処方■◇■◇■

精神科医師数:12,151
全医師数における精神科医数の割合: 4.7%
*日本人(1億2700万人)の内、わずか0.009%の精神科医に
最低約1.5兆円の資金が医療費として回されている。

日本の精神病院数:1,662
日本の精神病床数:354,313 (2006年 352,674)
*世界最大数の入院患者と病床数を誇る日本の精神医療

全病院における精神病院数の割合:  約19%
全病床数における精神病床数の割合: 約22%

精神科で治療を受けている患者数:3,028,000 

 (2006年…257万)
 

*人口のわずか0.009%を占める精神科医の手によって、すでに
 人口の2%の日本人が病気とされ、治療を受けさせられている。

精神病床の入院患者数:324,335 (2006年…323,309)
一日に隔離室の隔離患者数:7,741
一日に身体的拘束を行っている患者数:5,109
終日閉鎖されている病棟にいる患者数:140,075 
10年以上入院している入院患者数:91,345
20年以上入院している入院患者数:47,923
*17秒に一人が縛り付けられている。
 

11秒に一人が鍵付きの部屋に閉じ込められている。
 43%の人が閉鎖されている病棟に閉じ込められている。
 3人に一人が精神病院に10年以上閉じ込められている。
15%の人が精神病院に20年以上閉じ込められている。

精神病院の死亡退院患者数(1ヶ月):1,515
(精神科で治療を受けて、重体に陥り、他の場所で死亡した、又は自殺した人の数は含まれていません)

精神病院の治癒退院患者数:約200 
(1ヶ月、治療したと言われる人)
*一ヶ月に病気が治って退院したとされる精神病患者の割合は、
 

わずか0.06%。小数点を切り捨てると、「0」になる。
*治って退院した患者の6倍以上が、死亡して退院している。
 

そして、1ヶ月に最低一人は全精神病院での治療によって殺されている。

日本の精神科医が抗不安薬を処方している件数:1億2000万件
*日本より精神科医数の多い米国、フランス、ドイツの6倍以上の
 抗不安薬を処方している。

日本では、睡眠・鎮静剤が18億錠消費され、世界一位である。
睡眠・鎮静剤(主にベンゾジアゼピン)の消費量

日本    18億錠(世界1位)
イタリア  7億2千万錠
フランス  2億8800万錠
ハンガリー 1億4700万錠
オランダ  1億3300万錠

向精神薬の売上 年間3,660億円 (10年前の2倍)
抗うつ剤の売上 年間1,000億円 (10年前の7倍)

*****************************
市民の人権擁護の会 日本支部
< CCHR Japan >
世話役 小 倉  謙
Office Tel & Fax: 03-3576-1741
E-mail: yzrogura@u01.gate01.com
*****************************

【貼付転載終了】

 

関連記事

1件のコメント on 【寄稿:メンタルヘルス産業の深刻な闇と犯罪性 その①】「市民の人権擁護の会」世話役の小倉謙さんを10/20都内で取材インタビューしました。貴重な情報提供をいただきましたので、『精神医療産業の闇』シリーズとして当サイトにて連載します。

  1. 六本木辰也 より:

    私も明日、パネラーとして参加させていただきます。
    日本初「歌と笑いでうつ病を治す!」抗うつフォーク・ユニット「U2」のボーカル、ヒルズ六本木です。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)