~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【しくまれた領土問題】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

―――――――――――――――

『孫崎享・戦後史の正体』より

―――――――――――――――

尖閣(中国)、竹島(韓国)、北方領土(ロシア)【領土問題】が残されているが偶然ではない。どこにも国境紛争はあるが、日本は動けない。米に意図的に仕組まれている面がある。英はインドから撤退するとき、パキスタン分離で、カシミール紛争を残した。

―――――――――――――――

2011/12/13  ニュースの真相

―――――――――――――――

日本やロシア中国韓国北朝鮮をいがみ合わせて、
それぞれを孤立させる事で、支配を容易にする。
団結して欧米の支配に抵抗されると面倒なので、
極東地域が、お互いに憎しみ合うようにコントロールしてる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【分断統治】「Divide et impera」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

支配の手法1:分断統治 より 再掲載

―――――――――――――――

支配の手法1:分割統治 【Divide et impera:分断して優越支配せよ】 ある国を2つに分断すること、もしくは2つの勢力を支援することで、国内に不安定な状況を意図的に生み出し、その国の国力を削ぐことで、【帝国】の絶対的な優位を保つ戦略。 また、複数の国家が連携して【帝国】に逆らわないように、国家間を分断する戦略。

―――――――――――――――

ある国を2つに分断すること、もしくは2つの勢力を支援することで、国内に不安定な状況を意図的に生み出し、その国の国力を削ぐことで、【帝国】の絶対的な優位を保つ戦略。

また、複数の国家が連携して【帝国】に逆らわないように、国家間を分断する戦略。

【川崎泰彦 記】

―――――――――――――――

 真の分割統治、ラテン語の「Divide et impera」は、国(問題)を扱いやすい単位に分割するのが目的ではない。元々結束していた一国を2つに分断することで、国内に不安定な状況を意図的に生み出し、その国の国力を削ぐことが目的だ。支配下にある国を分断して国力を削ぐことで、自分たち支配国(ローマや西欧列強)【帝国】の絶対的な優位を保つ戦略が「Divide et impera」なのだ。

2007/11/3  Ouobpo  佐藤 匡剛氏 より

―――――――――――――――

元老院は、敗れた民族から土地の一部を取り上げ、同盟国に与えた。

こうすることには、二つの意図があった。

ほとんど恐れるに及ばず、むしろ大いに期待できる王たち【国家】をローマ【アメリカ】に結びつけること。

そして、期待できるものが何もなく、あらゆる点で警戒すべき他の王たち【国家】を弱めること。

・・・

大君主たち【国家】を常に弱体にしておくため、ローマ人は、自分たちがすでに同盟関係を結んでいる者と、これらの君主が同盟関係に入ることを認めなかった。【日本が近隣諸国(露・中・韓、アジア)と同盟、友好関係を持つことを阻止してきた】その一方、彼らはある強大な君主の近隣諸国のいずれにも同盟関係を拒まなかったので、講和条約の中に含められたこの条件によって、その君主【国家】には同盟関係が全然残されないことになった。

 モンテスキュー, 大岩 誠, 『ローマ人盛衰原因論』 より

【 】内、引用者注記

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

US strategy:米国の戦略

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

060128 対米黒字という幻想

110908 帝銀事件とエイズ

110922 イエズス.CSIS.稲盛政経塾

111015 火事場泥棒TPP

支配の手法1:分断統治

支配の手法2:エリート育成

支配の手法3:食糧支配 Video 『モンサントの世界戦略』

日本の分割統治計画

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

TPP = 主権放棄

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

120731 TPPとは主権乗っ取り計画

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鈴木宗男氏の仮釈放で、ロシアとのパイプ再構築へ!

ニュースの真相

2011-12-13

http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20111213/1323738622#bundan

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

アメリカ・・・勢力やCIAが、極東を統治する際に、
基本となる考えに『分断統治』という考え方があります。

日本やロシア中国韓国北朝鮮をいがみ合わせて、
それぞれを孤立させる事で、支配を容易にする!という方針です。

団結して欧米の支配に抵抗されると面倒なので、
極東地域が、お互いに憎しみ合うようにコントロールしてる訳です。

北方領土問題や従軍慰安婦問題、教科書問題や竹島問題、
尖閣諸島
問題や日本人拉致問題など

極東地域にある全ての問題は、ユダヤ金融資本とアメリカCIA
そして日本の権力トップに居座るアメリカの飼い犬達が
常にこじれるように細工してる訳です。

さらに、日本の場合は、食糧自給率を下げさせ、
石油の輸入先を中東の米系の石油メジャーに限定させ、アメリカがその手綱を握る!
というような政策で属国化させてきたという流れもあります。

ですので、お隣同士仲良くしよう!なんて動きを見せたり、
アメリカの許可を得ずに、石油や天然ガスなどのエネルギーの輸入先を開拓しよう!
なんて動きをする輩が居たら、どんな手を使ってでも、全力で妨害します。

この両方をやってしまったのが、田中角栄氏!

中国と友好関係を結び、ASEAN各国や南米カナダヨーロッパ諸国と、
勝手に石油や天然ガスウランなどのエネルギー資源調達のルートを作りはじめました。

すると、絶妙のタイミングでCIAロッキード事件をリークして、
手下のマスコミに騒ぎ立てさせる! そして、CIAの下部組織の東京地検特捜部で追い込み!

鈴木宗男氏も、完全に同じパターンですよね?

ロシアとの北方領土問題を解決しようとしたり、
ロシアから石油や天然ガスを輸入しようとしたため、
東京地検特捜部に追い込みをかけられ、罪をデッチ上げられ、
つい先日まで、収監されていた訳です。

そして、さらに遡ると、鈴木宗男氏が秘書を務めた政治家
中川一郎氏も、ロシアからの石油ルートを作ろうとして、
東京地検に追い込みをかけられていたのですが、
それだけでは済まずに、最後は絞殺されてしまいました。

さてさて、長くなってしまいましたが、
結局何が言いたいのかというと

鈴木宗男氏は、本当に大丈夫なの?という事なんです。

アメリカ支配下の今の日本で、
ロシア
との関係を修復しようとしたり、友好関係を深めたりすることは、
政治生命を絶たれたり、時には命を取られるほどに危険な行為ですよね?

もちろん、すでに覚悟は出来ているし、勝算もあるのだとは思うのですが。

日本国内でのロシアアメリカの影響力のバランスが
崩れて来ているのでしょうか?

とりあえず、鈴木宗男氏がこれ以上、おかしな目に遭わないよう祈りを込めて、
もう少し書かせて頂きますね。

日本の権力の中で、逮捕権を持っている所、
検察
国税、警察は完全にアメリカCIAの下部組織です。

しかも、コイツら人間のクズなので
アメリカの命令があればどんな事でもやります!

ありもしない賄賂の罪をデッチ上げたり、
帳簿のミスを探して犯罪者に仕立てあげたり、
何の罪もない国士を窃盗犯や痴漢の犯人に仕立て上げたり。

アメリカの目障りな事をして、冤罪に陥られた人は、枚挙にいとまがありません。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , ,

2件のコメント on 尖閣(中国)、竹島(韓国)、北方領土(ロシア)【しくまれた領土問題】が残されているが偶然ではない。どこにも国境紛争はあるが、日本は動けない。米に意図的に仕組まれている面がある。英はインドから撤退するとき、パキスタン分離で、カシミール紛争を残した。『孫崎享・戦後史の正体』より。【分断統治】複数の国家が連携して【帝国】に逆らわないように、国家間を分断する戦略。ローマ元老院は、敗れた民族から土地の一部を取り上げ、同盟国に与えた。

  1. Name より:

    <赤龍解体記>(83)反日デモ 私服警察が組織し、暴徒化あおる(大紀元)
    http://www.epochtimes.jp/jp/20.....89533.html

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)