~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

太郎-脱原発に一票チーム(大阪府第4区) ‏@taromtber さんのtweet より

 

拡散【緊急呼びかけ・福井方面の方へ】本日5/31(木)午後に細野原発担当相が福井県庁入り。これに合わせて県庁前にて抗議活動!11:30に福井市中央公園に集合→12:00に県庁前に抗議 #脱原発 #再稼働反対 #福井

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【大飯原発再稼働反対】宗教者による福井県庁での要請20120530
真言宗御室派 棡山 明通寺 住職 中嶌哲演、他

http://www.ustream.tv/channel/福井県庁前20120530#utm_campaign=t.co&utm_source=11221100&utm_medium=social

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Video streaming by Ustream
1,327 : これまでの視聴数4 : コミュニティのメンバー数

2012年5月30日、「原子力行政を問い直す宗教者の会」による福井県への緊急申し入れが行われました。福井県庁に様々な宗教関係者約100名が集合。仏教各宗派、ネパール仏教、キリスト教、イスラム教など、宗教の枠を超えて脱原発で協力し、福井県知事への要請を行おうとしました。が、知事は顔を見せず、代わりに県原子力当局の課長が出席しました。
broadcast by @naasansan

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆[CML 017138] 【「大飯原発再稼動」に向けた官邸シナリオ】 緊急拡散!来週福井県庁包囲

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com 
2012年 5月 19日 (土) 16:59:02 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-May/016966.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

緊急拡散!来週福井県庁包囲

http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11254386663.html

こんにちは、福井の阪田です。土曜日は福井にお越しいただき、ありがとうございました。
さて、とうとう来週で大飯原発再稼動に最終判断が下ってしまいそうな事態になりました。
存知の通り、14日月曜日おおい町の町議会が再稼動に同意してしまいました。
次の日には経産副大臣が福井にやってきて、知事・時岡町長と会談しました。その際に
おそらく次のような官邸シナリオを伝えたとされています。

1.月曜日 福井県安全専門委員会が開かれ最終判断を下す。
(中川委員長が、再稼動に支障をきたすようなことはないと総合的に判断した
という主旨の見解を発表するであろう・・・)

2.火曜日か水曜日に県議会の全員協議会を開き、各会派の意見を知事に述べ、
そこでも再稼動が了承される。

3.水曜日か木曜日 知事は野田総理に福井に来るように要請したが、国会でこられない為、
総理が知事を首相官邸に呼んだ、らしい。最終的な判断をゆだねられた時点で首相官邸に
行くのでは?と推測される。(おおい町長と二人で行くかも。)

4.金曜日 知事・おおい町長が容認。官邸4閣僚が再稼動を発表する。

(この官邸シナリオは東京の新聞記者からのリークだそうです。)今のところ、上記1の月曜日に安全専門委員会が開かれることは確定しています。シナリオによると最短で来週金曜日には再稼動の最終判断が下されてしまいます。この情報を拡散していただいて、来週、全ての脱原発派の力を結集し、各地で、福井で抗議行動を行いましょう!!添付資料の「再稼動許さない・・・」文書の一番下に来週からの抗議行動予定が載ってます。(あんまり何度も福井に誘うのも心苦しいですが・・・でもたくさんの人に集まってもらって県庁包囲したいです!!)

おおい町への行動
■時岡町長への申し入れ=「再稼働に対して慎重な判断を求める署名」
約8百名分を提出する。
■新谷議長に対して抗議の申し入れ
日程 5月18日(金)午後1時30分 おおい町役場にて
■福井県・知事への行動
知事あてに再稼働しないでのハガキ・ファックス送付
送付先 910-0005 福井市大手3丁目17-1
福井県知事 西川一誠殿  0776-21-1111
Fax 0776-20-0620 0776-20-0622 (県民サービス室)
■福井県庁へ向けて各団体・小単位(県・市・地区)での「再稼働許すな」の要請行動
■福井県庁前での宣伝行動
日程 5月21日(月)~31日(木)午前9時~午後5時予定
場所 福井県庁前(福井市大手3丁目2-18 福井県農業会館前)
テントを立てる予定

以上

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆首相、大飯再稼働を近く決断  関西容認、おおい町前向き

福井新聞

(2012年5月31日午前0時49分)

http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CO/main/582957.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

野田佳彦首相は30日夜、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について関係3閣僚との会合で「関係自治体の一定の理解が得られつつある」と述べ、これまで再稼働に慎重だった関西圏の自治体の理解が進んだとの認識を示した。おおい町の時岡忍町長も再稼働に前向きな姿勢を表明した。野田首相は、福井県やおおい町の同意取りつけに全力を挙げ、近く再稼働の決断を自ら下す考えだ。

関西広域連合は同日午前、細野担当相から、経済産業副大臣ら政務三役の現地常駐など安全監視体制の強化に関する説明を受けた後、再稼働を事実上容認する声明を発表した。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆近畿ブロック知事会議 大飯原発再稼働は議論せず

msn産経ニュース

2012.5.30 20:41

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120530/lcl12053020420002-n1.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

大阪府など近畿2府4県と周辺4県の知事らによる近畿ブロック知事会議(会長、荒井正吾奈良県知事)が30日、鳥取県伯耆町で開かれ、東日本大震災を踏まえたエネルギー政策などについて議論した。

知事会議は、同日行われた関西広域連合の会合終了後に同じ会場で開かれ、福井県の西川一誠知事のみが欠席し、副知事が代理出席。関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働については触れられなかった。

会議では、震災を教訓に、再生可能エネルギーとして太陽光発電の推進に向けて、国に規制緩和などを求めることや、首都機能のバックアップ拠点を置く府県の統一見解を早期に決定することなどが提案された。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆【大飯再稼働を事実上容認】関西広域連合、軌道修正  首相、3閣僚と協議 24時間体制で監視へ

47 NEWS

2012/05/30 22:11

http://www.47news.jp/47topics/e/229822.php

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

関西広域連合は30日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働16 件について、条件付きで政府に最終判断を委ねる声明を発表、これまでの慎重姿勢を軌道修正し再稼働16 件を目指す政府方針を事実上容認した。

鳥取県伯耆町で開いた会合後、連合長の井戸敏三兵庫県知事は記者団に「政府が出した判断は受け止める。再稼働を期間限定にするかは政府の判断だ」と表明した。

大阪市の橋下徹市長も市役所で記者団に対し「仮に動かしたとしても期間限定は譲れない」と述べ、早期再稼働を事実上容認した。

野田佳彦首相と関係3閣僚は同日夜、首相官邸で再稼働をめぐり協議した。これに先立ち、藤村修官房長官は記者会見で、同連合の理解を得られつつあるとの認識を示した。

福井県の西川一誠知事は「首相が国民に明確な責任ある見解を述べることが重要だ」とするコメントを出した。おおい町の時岡忍町長は「何も聞いていないのでコメントできない」と述べた。

関西広域連合の声明は、原子力規制庁など新たな規制機関が発足しておらず、政府の安全基準も暫定的だと指摘した上で「政府の安全判断が暫定的だということを前提に、限定的なものとして適切な判断をするよう強く求める」と明記。大飯原発の立地県である福井県がこれまで安全管理組織などを設置してきたことにも触れ「関西の現在の発展は、こうした取り組みがなければあり得なかった」と評価した。

細野豪志原発事故担当相はこの日、再稼働16 件への理解を得ようと広域連合会合に出席。安全性確保のため国と電力事業者などの責任者でつくる特別な監視体制を構築し、経済産業副大臣ら政務三役を現地に常駐させる考えを表明。原発再稼働の安全対策について暫定措置と説明し、原子力規制庁など新たな規制機関がより厳しい安全基準を適用すれば、再稼働の判断が再評価される可能性もあるとの認識を示していた。

◎24時間体制で監視へ
大飯再稼働で保安院

経済産業省原子力安全・保安院は、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた安全監視体制の強化について、常駐する保安検査官を大幅に増員し、24時間体制で監視を続ける方針だ。経産副大臣ら政務三役も、最大10日間程度は現地に滞在し、再稼働16 件の手順を見届ける。

大飯原発には現在、6人の検査官が常駐しているが、周辺の美浜、高浜の両原発を担当する検査官らを動員するほか、東京からも職員を派遣して24時間の交代制を取る。

特にトラブルが起きやすい原子炉の起動からフル出力運転に入るまでの1週間から10日間程度は、経産副大臣ら政務三役もおおい町入りし、福井県の担当者らとともに、オフサイトセンターなどで緊急時に備える方向だ。政務三役の現地入りで、政府が責任を持って再稼働16 件に対応することを明確にするという。

核分裂反応を抑えるため原子炉に挿入されている制御棒を引き抜いたり、核分裂反応が連鎖的に起こる臨界に達したりする節目では、政務三役が発電所内で立ち会うことも検討する。

情報共有のため、東京電力福島第1原発事故後に新たに整備したテレビ会議システムも活用。システムは大飯原発とオフサイトセンターのほか、首相官邸や保安院の緊急時対応センター、関電の原子力事業本部(福井県美浜町)を結んでいる。

◎原発再稼働16 件に関する声明要旨

関西広域連合が30日に発表した関西電力大飯原発再稼働に関する声明の要旨は次の通り。

関西地域は40年以上にわたって若狭湾に立地する原発から安定的な電力を受け、産業の振興と住民生活の向上が図られてきた。福井県が独自に厳しい監視体制をとってきた。

関西電力大飯原発3、4号機が再稼働の時期を迎え、関西広域連合は東京電力福島第1原発の事故を踏まえ、安全性が確認できなければ再稼働16 件すべきではないとの立場から、政府に3度申し入れを行い、19日と30日に説明を受けた。

「原発の再起動にあたっての安全性に関する判断基準」は、原子力規制庁などの規制機関が発足していない中での暫定的な判断基準であることから、政府の安全判断についても暫定的なものである。
大飯原発の再稼働16 件については政府の暫定的な安全判断であることを前提に、限定的なものとして適切な判断をされるよう強く求める。
(共同通信)

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆20120516「再稼動容認」のあきれた舞台裏 おおい町議会

http://www.youtube.com/watch?v=HoS9pFvp4xQ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Beaucoup2011 さんが 2012/05/17 に公開

ジャーナリスト吉冨有治が緊急取材。

おおい町議会で再稼動の是非について討議したわけですが、最後の最後になって、唖然とするような場面に遭遇したという。

14日、おおい町議会は大飯原発再稼動を容認する見解をまとめ、町長に伝えた。
国中の視線が向けられている大飯原発の再稼動問題。
議会はどのように議論を行い、地元の意見をまとめたのだろうか。

審議期間、1週間。これがその実態である。
この審議は先週月曜日から始まっていたが、議会の原則に反し、非公開で進められていた。
それが金曜日になって突如公開された。

審議でもめたのは、先月開かれた町民説明会の取り扱いだった。
説明会では8人の住民が意見を表明したが、その多くが再稼動に慎重な内容だった。
これに対し、議長が住民の意見を軽視するような発言をしたため、議員から意見が相次いだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆おおい町長、再稼働容認へ「月内に判断」

msn産経ニュース

2012.5.14 23:45

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120514/dst12051423460032-n1.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

関西電力大飯(おおい)原発3、4号機(福井県おおい町)をめぐり、再稼働を了承することを決めたおおい町議会の新谷欣也議長は14日、時岡忍町長と面会し、町議会としての見解を伝えた。時岡町長は「今月いっぱいまでには判断したい」と述べ、月内に再稼働を容認する方向性を示唆した。

再稼働をめぐり、牧野聖修経済産業副大臣は15日、西川一誠知事と時岡町長を訪問する。県の要請を受けたもので、地元側は関西圏の他自治体への説明の進(しん)捗(ちょく)などを確認する意向だ。

14日の町議会全員協議会では議長と病欠者を除く採決の結果、11対1の賛成多数で再稼働容認を決めた。

時岡町長が今月中に容認する方向となったことで、再稼働に向けた議論が加速する可能性があるが、西川知事が最終的な結論を下すまでには時間がかかるとの見方もあり、依然先行きは不透明だ。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆福井・おおい町議会、大飯原発3・4号機の再稼働を賛成多数で容認(12/05/14)

http://www.youtube.com/watch?v=AsAo3-pdigg

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FNNnewsCH さんが 2012/05/14 に公開

福井県のおおい町議会は14日、全員協議会を開き、大飯原発3・4号機の再稼働について、賛成多数で容認した。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00223280.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆おおい町議会、再稼働を了承 全員協議会で

msn産経ニュース

2012.5.14 12:05

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120514/wec12051412060005-n1.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、おおい町議会は14日午前に全員協議会を開き、意見集約し、再稼働を了承する方向で決まった。結果は時岡忍町長に報告する。

同3、4号機の再稼働については、枝野幸男経済産業相が4月14日、福井県とおおい町へ再稼働を要請。町議会は、議会報告会や町主催の住民説明会を行って住民の意見を集めた。また今月1日から作業部会(8議員)で再稼働の判断材料となる資料を作り、7日に時岡町長から議会の意見集約の正式要請を受け、全協で検討に入っていた。

全協での検討は、安全対策の明示や国の管理責任の明確化など、町議会で3月に決議された「統一見解」と政府見解の照合▽議会報告会の住民意見と「統一見解」の照合▽住民説明会での住民意見-などを協議して12日に終了。

14日午前の全協では、これらの検証内容をもとに、各議員が再稼働可否についてそれぞれ意見を出した。意見交換の内容をあわせ、再開に向け議会の意見をまとめた。

町議会の意見を受け、時岡町長は今後、安全性を検証している県原子力安全専門委員会の評価とあわせて、再稼働の可否の判断を西川一誠知事に伝えることになる。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国側説明に不満続出 大飯原発再稼働めぐり

【中日新聞】

2012/05/11 21:47   【中日新聞】

http://www.47news.jp/news/2012/05/post_20120511212820.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐり、福井県議会は9日、全員協議会を開き、再稼働に理解を求めた経済産業省原子力安全・保安院に対し「東京電力福島第1原発の事故の責任を誰も取っていない」などと厳しい意見を浴びせた。  保安院と資源エネルギー庁の担当者が、大飯原発に施した安全対策や夏の電力不足をもとに、再稼働の必要性を説明。関電の豊松秀己副社長は「あらゆる経営資源を投入し、福…     [記事全文]

2012/05/11 21:47   【中日新聞】

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

密室の福井県全員協議会(5/9):国側説明に福井県議会で不満続出 by 中日新聞

道草でもしようかな

2012-05-11 08:10:39

http://ameblo.jp/2011-mat/entry-11247160264.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

◆国側説明に福井県議会で不満続出
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012050990231628.html
ーーーー(抜粋引用)

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐり、
福井県議会は9日、全員協議会を開き、
再稼働に理解を求めた経済産業省原子力安全・保安院に対し
「東京電力福島第1原発の事故の責任を誰も取っていない」
などと厳しい意見を浴びせた。

県議からは「福島原発で、地震による損傷の有無が明確になっていない」
「大飯原発近くの断層による地震の揺れの評価が不十分」
「原発立地地域への経済的な対応ができていない」と不満が噴出した。

田中敏幸議長は記者団に
「いろんな意見が出たが、保安院やエネ庁、国の政治家が
きちんとやって、ということ。議会の議論は、
今後出される県原子力安全専門委員会の報告をベースに続ける」と述べた。

ーーーー(抜粋引用終わり)

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆おおい町「審議は非公開」密室批判も

msn産経ニュース

2012.5.7 21:31 [原発

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120507/trd12050721320009-n1.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐって7日、可否判断の審議を始めたおおい町議会。全員協議会と作業部会を交互に開いて審議を進めるが、この日、非公開で行われることが決まった。密室審議には批判も集まりそうだ。

新谷欣也議長は全員協議会の冒頭、地方自治法115条の規定を根拠に、秘密会を提案。出席議員12人中11人の賛成で非公開が決まった。

ただ、同条項には「普通地方公共団体の議会の会議は、これを公開する」という「公開の原則」が記されているが、新谷議長は「議論の中で、個人名が出る危険性を感じてプライバシー保護のため、非公開とした」と説明した。

だが、「全く個人名を出すような議論はなかった」(議員の1人)といい、確固たる根拠が示されないまま、密室による再稼働可否に関する審議が行われた。

全協の審議では、「原発の統一見解」と議会報告会について検証。議員からは「科学的なことはわからないため、政府が再稼働の必要性を判断した事実をもって考えざるを得ない」などの意見が出た。

時岡忍町長は議会の非公開について「正しい判断だ。結果だけ聞かせてもらえばいい」と評価した

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆120220「騙された」~大飯原発安全性「妥当」評価に専門家批判(1)

http://www.youtube.com/watch?v=e2RZTD4z73o


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

OPTVstaff さんが 2012/02/21 にアップロード

原子力発電所の運転再開の判断の前提となるストレステストを審議している国の原子力安全・保安院の専門家による意見聴取会が20日開かれ、保安院が関西電力・大飯原発のテ­スト結果を「妥当」と評価したことについて、専門家から批判が相次いだ。

福井県にある関西電力・大飯原発3号機と4号機のストレステストについて、原子力安全・保安院が専門家による審議を前回の8日の会議で打ち切り、「テスト結果は妥当だ」と­する最終評価をまとめ、安全委員会に提出していた。
これに対し、20日開かれた保安院の意見聴取会で、2人の委員から「議論が尽くされておらず、強い不信感を覚えた」として批判する意見が相次いだ。

東京大学名誉教授の井野博満委員は「議論が尽くされておらず、「だまされた」という強い不信感を覚えた」と発言。芝浦工業大学講師の後藤政志委員も「積み残している問題が­たくさんある」「あたかもやったかのごとく問題ないとするのは、ものすごく問題だ。それで事故が起きたら責任をどうするのか」と指摘。また、2次評価の報告を待たず、1次­評価だけで、「妥当」とする姿勢についても厳しく批判した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , ,

1件のコメント on 拡散【本日5/31(木)福井県庁前・抗議行動!】細野原発担当相・午後県庁入、抗議活動!に福井市中央公園に集合11:30→12:00県庁前・抗議 @taromtber +動画【5/30宗教者による福井県庁での要請】中嶌哲演住職、他+【5/30大飯再稼働を事実上容認】関西広域連合の腰砕け! 橋下徹市長も「期間限定」と早期再稼働を事実上容認。政治家、ポーズだけの脱原発。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)