~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【動画:岩上安身インタビュー】

120507 森ゆうこ議員インタビュー

http://www.ustream.tv/recorded/22419394

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【森ゆうこ議員からのメール転載】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山崎 淑子さま

 

山崎 淑子さまには、日頃より私の政治活動に対して、ご理解、ご支援を賜りまして誠にありがとうございます。

本日12:00から開催された、第16回新しい政策研究会(新政研)定例会合において、昨日の指定弁護士による控訴に対して抗議声明が決定されました。

声明文を森ゆうこブログに掲載致しましたので、ご一読の上ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

森ゆうこブログURL

http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/

森ゆうこ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新政研 「 声 明 文 」

参議院議員 森ゆうこ

2012年5月10日 (木)

http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2012/05/post-8ce6.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

『 控訴方針決定に対する声明文 』
新しい政策研究会(新政研)一同
平成24年 5月10日

声  明

 

4月26日に東京地裁で決定した「無罪」判決を不服として、昨日、3人の指定弁護士が控訴した。

いたずらに裁判を長引かせ、我が新政研の会長であり、この国の最も重要な政治リーダーである小沢一郎衆議院議員の政治活動を妨害しようとするものであり、到底許されるものではない。強く抗議するものである。

検察審査会の起訴議決は、法廷での事実確認を要請するものだ。判決は無罪である。裁判で無罪判決が出た以上、「推定無罪」の原則はより強く尊重されなければならない。従って、小沢一郎衆議院議員は現在、その政治活動に何の制約も受けないことをまず確認しておく。

そもそも、検察が2年間に渡る執拗な捜査にもかかわらず、証拠が無く起訴できなかった事件であり、この裁判の元となった東京第五検察審査会の起訴議決自体が、検察当局の捜査報告書の捏造という犯罪によって提起されたものである。既にインターネット上で広く国民が知るところとなった「捏造捜査報告書」を、指定弁護士も当初から入手していたのであり、指定弁護士は、検察が何故このような重大な組織的犯罪を犯さなければならなかったのかを、まず検証すべきであった。

また、指定弁護士に対して控訴権が付与されているかについては、明文規定がない。明文規定の無い手続きによって活動の自由を奪い、刑罰を科すことは、基本的人権を保障する日本国憲法第31条に違反する。

弁護士法第一条は、「弁護士は基本的人権を擁護し、社会的正義を実現することを使命とする」と高らかに宣言している。指定弁護士であっても弁護士としてこの崇高な使命を負っていることに変わりはない。ましてや、政治主導で「国民の生活が第一。」の政治を実現しようとする主権者の代表、とりわけそのリーダーである小沢会長の活動を更に妨害する権利が無いことは明らかであり、その責任は重い。

小沢裁判とは一体何であったのか。

政権交代を目前にして代表の座から小沢会長を引き摺り下ろした西松建設事件は、結局、ダミー団体ではないと検察側証人が法廷で証言し、「訴因変更」という姑息な手段で検察は裁判から撤退。事実上裁判自体が無くなった。

そして、陸山会事件は担当した検事が法廷で「検察の妄想」による壮大な虚構と証言したように、捜査当局による「でっち上げ」である。

検察のでっち上げだから、証拠が無く、起訴出来なかった。

だから検察は捜査報告書の捏造という大犯罪を犯してまで、検察審査会を悪用した。

また秘書裁判において、裁判所は、証拠が無いにもかかわらず、推認に次ぐ推認という到底許されない方法で石川知裕衆議院議員らに有罪を言い渡し、裁判が続いている。

2009年3月3日からこの3年と2ヶ月余り、前述した検察と司法の暴走に、マスコミはメディアスクラムを組んで協力し、それを、改革を阻む政治勢力が利用してきたことも決して忘れてはならない。

これは、明らかに政治弾圧である。

世界の歴史を振り返れば、真の改革者は常に不当な弾圧を受けてきた。インド独立の父であるガンジーは、独立運動を理由としてたびたび投獄されたが、決して屈すること無く粘り強い運動を続け、賢明なる民衆を率いて、祖国を宗主国からの独立へと導いた。

我々新政研は、不当な政治弾圧に決して屈すること無く、これからも、小沢一郎会長の下に一致結束し、民主党政権が政権交代で国民に約束した「国民の生活が第一。」の政治を実現するために、全力を尽くしていくことをここに宣言する。

平成24年5月10日

新しい政策研究会 (新政研) 一同

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)