~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011年3月の停電(計画)騒ぎは、原発が停止したからではなく、

事故で停止した原発とセットになっている火力発電や水力も共に壊れたことによる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【全ての原発は必ず同じ出力の火力発電(バックアップ発電)設備とセット】

2011/5/14脱原発の日のブログ 山田征さんのお便り

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○二つの理由

1) 災害・事故による緊急停止の際、瞬時に切り替え、停電を防ぐ「スタンバイ」システム

) 火力が原発の出力の上げ下げ時に、バランスを取って補佐する。

原発は、約一週間かけて徐々に出力を上げ100%に移行。出力を落とす時はその逆行程。出力100万kwの原発が単独で出力を上げるならばその分余分なデンキが市場に溢れてしまいます。単独で停止すれば大停電となる。

[この情報は、福島原発6号炉と、東海原発2号路を総監督として建設した、

元GEエンジニアだった菊池洋一さんによる]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山田征さんのお便り;火力バックアップとセットの原発

脱原発の日のブログ

2011-05-14 00:39:18 
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-10890939424.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】   【 内 5/25 引用者付記 【システム】【施設の存在】

僭越ではありますが、原発の基本的なシステムについて
少し書かせていただきます。

原発は、それ自体で独立しているシステムではありません。
全ての原発は必ず同じ出力の火力発電(バックアップ発電)設備と
セットになっております。それには二つの理由があります。

①まずひとつは、国を大きく分けた各ブロックごとの独占企業である
 電力会社に課せられたデンキの「安定供給」の義務があります。
 今回のような地震、あるいは事故による緊急停止の際、瞬時に切り替え
 停電を防ぐ「スタンバイ」システムです。
②もうひとつ、こちらは原発と不可分の要因です。
 通常時の原発は、点火後、約一週間かけて徐々に出力を上げ100%に
 移行します。出力を落とす時はその逆行程です。
 その時、例えば出力100万kwの原発が単独で出力を上げるならば
 その分余分なデンキが市場に溢れてしまいます。単独で停止すれば
 大停電です。そうならないために、必ず同じ出力の火力発電が
 ちょうど公園などにありますシーソーゲームのように、
 原発の上げ下げの片方となってバランスをとります。このように
 火力が原発を補佐することで原発の稼動が可能となっています。
 この情報は、福島原発6号炉と、東海原発2号を総監督として
 建設した、元GEエンジニアだった菊池洋一さんによるものです。

従って、日本にある全ての原発には必ずバックアップ【システム】として【火力】発電装置【施設の存在】があり、
いつ何時、全てが停っても停電しない仕組みができあがっています。
2003年、4月から数ヶ月のあいだ、東京電力所有の17基全てが
停止していました。また、四年前の中越沖地震の時、柏崎刈羽原発7基
全てが約2年停止しましたが、停電はありませんでした。
今回のこの停電(計画)騒ぎは、これらの原発とセットになっている
火力発電や水力も共に壊れたことによります。
原発が停止したからではありません。
これは、大変重要な事実であり、情報であります。
このことが全く知らされていないために、これほどの重大事故
大惨事になってもなお、デンキのためには

「危険でも原発はやっぱり必要だ」という筋書きになってしまいます。

現に多くのマスコミも一般の人たちも、そのように発言していて
背筋の凍る思いがします。

このような大災害はこれで終わり、ではないと思います。

せめて原発による放射能被害を二度と繰り返さないため
日本中に在る全ての原発を即刻止めてもらいたいと思います。
人類滅亡の終着点になってしまうのは困ります。  山田征

ーーーーーーーー
※「ひとりNGO」などの著者。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2013/2/8  追記

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地震により火力発電所が停止で計画停電 東京電力は原因を福島原発が壊滅的で電力不足としたいらしい

ほぼデイリーZ ソルのブログ

2011年03月16日16:50

http://blog.livedoor.jp/sol_get/archives/2754075.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

地震による影響で電力不足が起きているのは報道などでご存じだろう。都内でも計画停電が開始されグループ分けされた地域ごとに最大3時間の停電が実施されている。今回の停電の原因は多くの人は福島原発が壊滅的だからと思っているだろう。

しかし実は本当の原因は“火力発電所の停止”が原因なのをご存じだろうか。国内にある火力発電所の内現在停止中なのは以下の通り。

・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中
・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中
・鹿島火力発電所 2、3、5、6号機 地震により停止中
・大井火力発電所 2号機 地震により停止中(3号機は復旧済み)
・東扇島火力発電所 1号機 地震により停止中

そして下記の「火力発電所一覧」が東京電力管轄の火力発電所だ。上記停止中の火力発電所は全て東京電力となる。15箇所の内5箇所も停止すれば、電機【電力】不足も免れることは出来ないだろう。しかし東京電力もなんで原発押しをしたいのか、“福島原発が壊滅=電力不足”という風に国民に植え付けたいようだ。

・・・略・・・

<火力発電所一覧(東京電力管轄)>
横須賀火力発電所

川崎火力発電所
横浜火力発電所
南横浜火力発電所
東扇島火力発電所(停止中)
品川火力発電所
大井火力発電所(停止中)
千葉火力発電所
五井火力発電所
袖ケ浦火力発電所
姉崎火力発電所
富津火力発電所
鹿島火力発電所(停止中)
常陸那珂火力発電所(停止中)
広野火力発電所(停止中)

※国内の火力発電所は上記以外に計88箇所あります。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関連記事

Tags: , , , , , , , , , , , , ,

5件のコメント on 絶対停電しない!【決定版!:電力不足のうそ】日本にある全ての原発には必ずバックアップ【システム】としての【火力】発電装置【施設の存在】があり、いつ何時、全てが停っても停電しない仕組みができあがっている(原発建設総監督の元GEエンジニア)。東電の計画停電騒ぎは、この火力発電(バックアップ発電)も壊れたため。2011/5/14脱原発の日のブログ

  1. pipitune より:

    「元GEエンジニアだった菊池洋一」はプラント設計のプロかもしれないが、電力の需給計画、設備計画の素人だろう。
    「日本にある全ての原発には必ずバックアップ発電装置があり、いつ何時、全てが停っても停電しない仕組みができあがっています。」は間違いである。
    こんなデマを堂々とWebサイトに記載すべきではない。
    よくよく勉強してから記載することを望む。

    • kawasaki より:

      「日本にある全ての原発には必ずバックアップ発電装置があり、いつ何時、全てが停っても停電しない仕組みができあがっています。」は間違いである。
      とのご指摘ですが、引用した記事の内容は、
      原発敷地内に「バックアップ発電装置」があるということではなく、
      原発の出力をカバーアップする、火力発電(の出力)が確保されている、という趣旨と考えます。
      下記参照ください。
      「火力が原発を補佐することで原発の稼動が可能となっています。この情報は、・・・菊池洋一さんによるものです。」
      タイトルが誤解を生んでいると考えましたので、
      【システム】【火力】【施設の存在】という言葉を付記し、下記のように訂正します。
      “日本にある全ての原発には必ずバックアップ【システム】として【火力】発電装置【施設の存在】があり、
      いつ何時、全てが停っても停電しない仕組みができあがっています。”
      以上 

  2. pipitune より:

    趣旨は理解しています。

    火力が原子力の出力をカバーする目的は、通常時(原発稼働が他にある場合)において、原子力の定期点検などで停止する場合に火力が停止分の出力をカバーします。

    関西電力において、今夏の予備率がー15%となっておりましたように、全原発分の出力をカバーする目的で火力は建設していないと考えます。

    他の電力において、今夏の予備率+数%という会社もありますが、それはたまたまであり、老朽火力を数年後に廃止する予定だった会社もあると推測します。

    予備率+数%あったとしても、大型火力が故障等で停止した場合は、すぐにマイナスに転じますので、稼働できる火力を全て運転して、予備率+数%という状況は、異常な状況といえます。

    内燃機関である火力は、連続稼働すると車も故障する可能性があるように、何かしらのトラブルで出力低下または停止する可能性があるものだと考えるべきであり、その意味からも現在の予備率は異常です。

    ですから、火力で原子力を全てカバーできるという考えは間違いと考えます。

  3. 下北沢 より:

    大飯再稼働まで、原発ゼロでも余裕があったのは、このシステムがあったおかげか。大飯原発にしても、再稼働するに当たって、かなりの火力を止めている。要するに、現状でも原発ゼロは可能ということ。

  4. 渡辺豪華成分 より:

    東京電力?人殺し屋?

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)