~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆京滋両知事、国に原発政策提言へ 需給委や規制機関設置を

【共同通信】

2012/04/17 02:02 

http://www.47news.jp/CN/201204/CN2012041601002741.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題を受け、京都府の山田啓二知事と滋賀県の嘉田由紀子知事が国の原発政策に対する提言案を共同でまとめたことが16日、分かった。

 電力の需給状況を判断する第三者委員会の創設や、東京電力福島第1原発事故を踏まえた規制機関の設立などを求めており、近く政府に申し入れる。

 提言の原案では、脱原発に向けた計画表の提示や、使用済み核燃料の処理体制確立などを盛り込んだ。大飯原発3、4号機の再稼働については「現時点では、安全性や必要性について国民への説明は不十分。理解されているとは言い難い」とした。

2012/04/17 02:02   【共同通信】

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

原発の再稼働 全国が“地元”の認識で

社説

東京新聞 TOKYO Web

2012年4月4日

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012040402000112.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 大飯原発3、4号機の再稼働をめぐる手続きは閣僚協議に委ねられたが、すぐには、その是非を判断しないという。原発の隣接府県や、また全国が“地元”との認識に立てば急げるはずもない。

 大飯原発再稼働の手続きは、経済産業省原子力安全・保安院、内閣府原子力安全委員会の審査を通過して、首相と関係三閣僚の協議による政治判断の場まで進んだ。

 原発依存度が高い関西圏の夏の電力需要に配慮して、再稼働に“前のめり”といわれた政府にも、その姿勢に疑念を抱く世論に押され、変化の兆しが見えてきた。立場としては原発推進側の枝野幸男経産相が「現時点では、再稼働に反対」と国会で明言したのも、その表れといえるだろう。

 そもそも再稼働へのプロセスは安全委の審査のあと、地元同意を経て、政治判断という順序になっていた。それを突然、政治判断のあとに地元同意、そしてもう一度政治判断という手順に変えた。

 政府は従来、大飯原発の“地元”は、原発が立地する福井県おおい町と福井県に限ると考えていた。原発から利益を受ける立地自治体に限れば、一回目の政治判断が事実上の最終関門になる。“前のめり”が丸見えだった。

 ところが、福井県と隣接する滋賀県や京都府知事、それに大阪市長から強い反発が出た。枝野経産相は国会で「日本全国が地元だ」とも述べた。

 福島第一原発事故の直接被害は広域に、間接被害は日本中に及んでいる。誰もがそれを実感している最中だ。立地自治体と隣接府県だけの同意で、本当に再稼働できるのだろうか。

 先月末に発表された「南海トラフ」の地震予測は衝撃的だった。活断層連動の巨大地震による最大二十一メートルの津波予測は、浜岡原発に建設中の防波壁を上回る。これを受けて保安院は中部電力に津波対策を再評価するよう求めた。

 日本列島は四枚のプレートの上に乗る地震の巣だ。再稼働を急ぐ以前に、最大級の地震を見すえた対策の見直しを、全電力会社の全原発にまず指示すべきではないか。

 福島原発事故を拡大させた当事者の政府による安全評価(ストレステスト)の結果自体が、国民の信を得ていない。少なくとも、国会の事故調による提言が出て、独立の規制機関が動きだすまでは、再稼働の政治協議も凍結し、この夏の節電対策を国民とともに考えるべきである。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)