~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ふじおか義英 長野県議の4/5のtweetsより 【まとめ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

広域処理問題の混乱の原因は、国と東電。

 

「被災地が困っている」と善意で広域処理に賛成される方、

「放射能汚染から子どもを始めとする命と健康を守ろう」と善意で広域処理に反対される方、

それぞれ気持ちも、両方受けとめたいと考えています。

「脱原発」で一致するのに、広域処理の問題で対立したくありません。

対立に気を取られて、一番の犯罪者に責任を追及することを忘れてはいけない。

 

本来災害廃棄物の処理は市町村の責任です。

ところが

宮城県は、二次処理以降、中間処理からリサイクル、さらには最終処分場までを一括で大企業に”丸投げ”発注するやり方をとったのです。

処理業務を、気仙沼ブロック・石巻ブロック・宮城東部ブロック・亘理名取ブロックを4つに別に分けて一括発注(亘理名取はさらに4つの地区に分割)。鹿島・西松・大林・間組・フジタ・JFE・清水など大手ゼネコンがキレイに分担して落札しました。

 

宮城県がれき処理については、ゼネコン関係者の間では〃談合〃情報も飛び交っています。

 

石巻ブロックの約2,000億円のがれき処理を鹿島建設JVに一括丸投げ契約する議案をわずか二日間の議論で処理してしまう宮城県議会も異常です。2,000億円は宮城県の年間予算額の四分の一にも匹敵する巨額なものです。

県の当初の構想は、石巻ブロックを二つに分け、東松島市については、鳴瀬野外活動センターに焼却プラントを置くことにしており、東松島市は、独自に二次処理まで行うとして地元業者参加の手はずで準備をすすめていたそうです。それが急変しました。なぜでしょう? 

 

産経ニュースの報道では、①石巻・亘理名取・宮城東部の3地区のがれき処理について、環境省と大手ゼネコンが話し合い割り振りを決めた ②入札の根回しをしたのは国の指示を受けた宮城県幹部と明記 ③石巻地区は大手ゼネコンの鹿島建設、清水建設のJVが落札すると明記

 

ちなみに鹿島建設東北支店の責任者が「県の災害廃棄物処理対策協議会」のメンバーだそうです。

石巻ブロックのゼネコン丸投げの発注の仕方については、国会でも問題になりました。地元業者重視などというのはウソいつわりです。

 

鹿島JVは契約当初からガレキ処理の約半分を県外にと計画していたとのこと。約半分を船で全国に運ぼうと。ところが放射能汚染の懸念から当初受け入れを表明していた自治体が次々辞退をし、計画は行き詰まります。

ところが今年3月から事態が変わり、環境省が広域処理のキャンペーンを始めました。逆に言うと今年3月時点までは、環境省はがれき処理問題についてほとんど何もしてこなかったのも同然でした。 

 

現地で説明してくれた、宮城県の横田県議は言いました。「ゼネコンによるゼネコンのための復興」だと。

落札したゼネコンが地元の廃棄物処理業者を回って分別処理などのノウハウを尋ね、教えを請うている状況さえあります。県内業者や地元業者でも、仙台市のように充分できる仕事を故意にゼネコンに一括丸投げしていることは明らか」と横田県議は指摘。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ふじおか義英長野県議の被災地視察ツイート

http://togetter.com/li/283920

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ふじおか義英 fujioka4649  【長野県議会議員】さんの

2012年04月05日(木) 94 tweets

http://twilog.org/fujioka4649/date-120405/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

3月27〜28日まで災害廃棄物(震災がれき)の現地調査に行ってきました。 その内容や中身、感じてきたことなどをつぶやきます。 #がれき #脱原発

posted at 12:15:21

――――――――――――――――――――

政府は「被災地はガレキ処理で困っている」と説明していますが、実際被災地はどうなのか?実際に行ってみました。 #がれき #脱原発

posted at 12:21:49

――――――――――――――――――――

行ってみて分かったのは、同じ被災地でも非常に困っている自治体もあるし、なんとか自力で解決している自治体もあるということです。 #がれき #脱原発

posted at 12:24:25

――――――――――――――――――――

岩手県と宮城県でも状況が違うことも分かりました。 #がれき #脱原発

posted at 12:26:59

――――――――――――――――――――

◆宮城県の場合

――――――――――――――――――――

ガレキ処理の流れは被災現場で解体・撤去→1次仮置き場に運搬、粗選別→2次仮置き場へ運搬、施設で機械と手作業で破砕・選別→中間処理施設でリサイクル、セメント工場でセメント材料へ、既設焼却炉と仮設焼却炉で可燃物を焼却→最終処分場へ。もしくは処理・処分を広域処理に。 #がれき #脱原発

posted at 12:59:23

――――――――――――――――――――

本来災害廃棄物の処理は市町村の責任です。ところが宮城県の場合、被災地から一時仮置き場までの運搬、建物解体、一時仮置き場における減容化、一時仮置き場の粗選別によるリサイクル・売却までは市町村が担当にし、それ以降の二次処理は県が処理の委託を受けて(つづく) #がれき #脱原発

posted at 13:09:08

――――――――――――――――――――

(つづき)宮城県は、二次処理以降、中間処理からリサイクル、さらには最終処分場までを一括で大企業に”丸投げ”発注するやり方をとったのです。 #がれき #脱原発

posted at 13:11:20

――――――――――――――――――――

処理業務を、気仙沼ブロック・石巻ブロック・宮城東部ブロック・亘理名取ブロックを4つに別に分けて一括発注(亘理名取はさらに4つの地区に分割)。鹿島・西松・大林・間組・フジタ・JFE・清水など大手ゼネコンがキレイに分担して落札しました。 #がれき #脱原発

posted at 18:27:13

――――――――――――――――――――

宮城県がれき処理については、ゼネコン関係者の間では〃談合〃情報も飛び交っています。 #がれき #脱原発

posted at 18:28:50

――――――――――――――――――――

ちなみに、石巻地域のガレキ処理は、鹿島建設(株)東北支店を代表とする特定JVが約2000億円で一括契約。JVは9社で構成。うち7社が県外に本社のあるゼネコン。 #がれき #脱原発 

posted at 19:12:08

――――――――――――――――――――

石巻ブロックのガレキの発生量が846万tで、宮城県の発生量の47%に上ります。この量は岩手県と福島県の災害廃棄物の合算よりも多い量です。この膨大な発生量が深刻な原因のひとつであることも事実です。 #がれき #脱原発

posted at 19:48:39

――――――――――――――――――――

石巻ブロックでは、ブロック内に約30数ヶ所もある1次仮置き場から、基本的に石巻港にある2次仮置き場“雲雀野埠頭”の一ヶ所に廃棄物が集められます。なぜ一ヶ所に集中するのでしょうか? #がれき #脱原発

posted at 19:52:01

――――――――――――――――――――

2次仮置き場“雲雀野埠頭”では、焼却やリサイクルなどの処分が行われ大きさは約70ha、東京ドームの約15個分という広大な敷地に作られています。 #がれき #脱原発

posted at 19:53:05

――――――――――――――――――――

1カ所で大規模に中間処分しようとするため、「一旦船などで県外に運び160 億ものお金がかかる」、1,400台以上のダンプカーが運行し一ヶ所に集中することから「わざわざ,交通管理システムなども必要になる」など明らかに時間と距離をはじめとする矛盾が出てきています。 #がれき #脱原発

posted at 19:54:19

――――――――――――――――――――

「海岸線沿いの道路一本に1400台以上のがれきを積んだダンプが集中する。渋滞は絶対起こるし、すでに始まっている。もともとのスキームがメチャクチャ」と宮城県の横田県議。 #がれき #脱原発

posted at 19:55:38

――――――――――――――――――――

鹿島JVはなんと宇宙から1,400台以上のダンプカーに指示を出すという、GPSを使った「スマートGセーフ」というシステムを導入するから渋滞を抑制できるとワザワザ新聞の見開き広告を使い説明。 #がれき #脱原発

posted at 19:57:18

――――――――――――――――――――

石巻ブロックの約2,000億円のがれき処理を鹿島建設JVに一括丸投げ契約する議案をわずか二日間の議論で処理してしまう宮城県議会も異常です。2,000億円は宮城県の年間予算額の四分の一にも匹敵する巨額なものです。 #がれき #脱原発

posted at 19:58:07

――――――――――――――――――――

県の当初の構想は、石巻ブロックを二つに分け、東松島市については、鳴瀬野外活動センターに焼却プラントを置くことにしており、東松島市は、独自に二次処理まで行うとして地元業者参加の手はずで準備をすすめていたそうです。それが急変しました。なぜでしょう? #がれき #脱原発

posted at 19:59:12

――――――――――――――――――――

産経ニュースの報道では、①石巻・亘理名取・宮城東部の3地区のがれき処理について、環境省と大手ゼネコンが話し合い割り振りを決めた ②入札の根回しをしたのは国の指示を受けた宮城県幹部と明記 ③石巻地区は大手ゼネコンの鹿島建設、清水建設のJVが落札すると明記 #がれき #脱原発

posted at 20:01:13

――――――――――――――――――――

ちなみに鹿島建設東北支店の責任者が「県の災害廃棄物処理対策協議会」のメンバーだそうです。 #がれき #脱原発

posted at 20:01:56

――――――――――――――――――――

石巻ブロックのゼネコン丸投げの発注の仕方については、国会でも問題になりました。地元業者重視などというのはウソいつわりです。 #がれき #脱原発

posted at 20:02:48

――――――――――――――――――――

各市町村の責任で行うべきとされている瓦礫の処理を,何故,わざわざ大きなブロックにまとめ,県に委託させようとしたのか。そして,最も規模の大きい石巻ブロックの『一括丸投げ』に県は何故こだわったのか。ここが今大きく問われています。 #がれき #脱原発

posted at 20:03:37

――――――――――――――――――――

鹿島JVは契約当初からガレキ処理の約半分を県外にと計画していたとのこと。約半分を船で全国に運ぼうと。ところが放射能汚染の懸念から当初受け入れを表明していた自治体が次々辞退をし、計画は行き詰まります。 #がれき #脱原発

posted at 20:05:26

――――――――――――――――――――

昨年10月の時点では、石巻ブロックのがれきの「二次処理」について、”県外処理を行うという”と言う方針を断念し、雲雀(ひばり)野地区の県有地にフレキシブルコンテナパックに災害ゴミを詰めて一時保管することとなりました。 #がれき #脱原発

posted at 20:06:37

――――――――――――――――――――

ところが今年3月から事態が変わり、環境省が広域処理のキャンペーンを始めました。逆に言うと今年3月時点までは、環境省はがれき処理問題についてほとんど何もしてこなかったのも同然でした。 #がれき #脱原発

posted at 20:10:15

――――――――――――――――――――

現地で説明してくれた、宮城県の横田県議は言いました。「ゼネコンによるゼネコンのための復興」だと。 #がれき #脱原発

posted at 20:11:20

――――――――――――――――――――

「落札したゼネコンが地元の廃棄物処理業者を回って分別処理などのノウハウを尋ね、教えを請うている状況さえあります。県内業者や地元業者でも、仙台市のように充分できる仕事を故意にゼネコンに一括丸投げしていることは明らか」と横田県議は指摘。 #がれき #脱原発

posted at 20:13:23

――――――――――――――――――――

仙台市では、市がイニシアチブをとり、地元業者優先に発注し、厳密な分別収集をおこなうなど「仙台方式」として注目されていると報じられています。実際、瓦礫が135 万トンと言われる仙台市では,蒲生、荒浜、井土浜の3 カ所で処理し,そこにゼネコンは入っていません。 #がれき #脱原発

posted at 20:14:58

――――――――――――――――――――

仙台市の例を見れば大手ゼネコンを引き込まなくても、行政がきちんとコーディネートをやって対応すれば、地元業者を結集して充分やれるということでは。 #がれき #脱原発

posted at 20:15:57

――――――――――――――――――――

がれき処理の実施に際しては、厳格に環境アセスを実施すること、できるだけ分離分割発注をおこない地元業者優先にすること、地元雇用を確保し労働者への適正な賃金を実行させること、(つづく) #がれき #脱原発

posted at 20:18:43

――――――――――――――――――――

(つづき)遺品・形見や有価物などへの慎重・適正な対応と配慮など国会論戦でも到達している地点をしっかり踏まえて対応することなどの大切さがあらためて鮮明になっています。 #がれき #脱原発

posted at 20:19:59

――――――――――――――――――――

宮城県建設業協会はがれき処理に関し、一部報道などで「地元業者がやっているから遅い」といった批判は事実無根として、同協会の常務理事は「地元企業だからできないのではなく地域をよく知っている地元企業だからここまできている」と反論。(「建設通信新聞」七月十九日)#がれき #脱原発

posted at 20:21:10

――――――――――――――――――――

市町村の自主性を奪い、がれき処分を一括で鹿島JVに“丸投げ”発注するやり方をとった政府と県の政策ミスが原因で、石巻地域のがれき処理は行き詰まり、広域処理の必要性が議論されることに。 #がれき #脱原発

posted at 20:22:05

――――――――――――――――――――

がれき広域処理問題で国民の中で賛成か反対かで対立が起こっているのは、国と宮城県の責任です。 #がれき #脱原発

posted at 20:25:30

――――――――――――――――――――

◆岩手県の場合

――――――――――――――――――――

さて、岩手県のがれき処理の問題はどうなっているのかもつぶやきます。 #がれき #脱原発

posted at 20:46:29

――――――――――――――――――――

災害廃棄物処理のスケジュールは平成26年3末まで。あと2年です。この期限は環境省が決めたわけですが、この期限までに処理しようとすると、岩手県でも現地処理だけでは厳しくなるとのことです。 #がれき #脱原発

posted at 21:11:47

――――――――――――――――――――

このがれき処理期限については、「明確な根拠は無い!」「できるだけ早く処理してほしい!」と賛否両論意見が別れています。 #がれき #脱原発

posted at 21:12:21

――――――――――――――――――――

岩手県の災害廃棄物の量は、約435万t。岩手県内の一般廃棄物の約10年分に相当するとのこと。 #がれき #脱原発

posted at 21:12:43

――――――――――――――――――――

435万tのうち、リサイクルで地元で活用したり、県内施設を最大限活用したり、仮設焼却施設も設置してまず岩手県内で処理します。焼却等の処理が必要な量は183万t。うち岩手県内での処理能力は125万t。これを県内だけで処分しようとなると5年かかるそうです。 #がれき #脱原発

posted at 21:13:13

――――――――――――――――――――

期限までに処理を完了するには、約57万tを県外で広域処理する必要があると説明を受けました。 #がれき #脱原発

posted at 21:13:33

――――――――――――――――――――

岩手県の市町村の可燃物のベクレル数値は、洋野町:一部ND(不検出)、久慈市:全てND、野田村:全てND、普代村:一部ND、田野畑村:全てND、宮古市:一部ND、山田町:一部ND、大槌町:一部ND、陸前高田市104(単位:Bq/kg 岩手県環境生活部の資料から) #がれき #脱原発

posted at 21:14:37

――――――――――――――――――――

可燃物の推計結果洋野町:39.3、久慈市:37.8、野田村:73、普代村:39.6、田野畑村:46、宮古市:69、山田町:46、大槌町80、陸前高田市104(単位:Bq/kg)検出下限値を下回ったものについては検出下限値を測定値に。焼却すると約33倍に濃縮) #がれき #脱原発

posted at 21:16:12

――――――――――――――――――――

岩手県の宮古運動公園にあるがれきは、一部コンテナに積み込まれ、東京都に搬出されていました。ちなみに東京都の測定結果(11月30日)では、岩手県の災害廃棄物は全てND。東京都の廃棄物との混合処理の場合は検出されているそうです。 #がれき #脱原発

posted at 21:17:31

――――――――――――――――――――

これはつまり、岩手県の廃棄物よりも、東京都の廃棄物の方が汚染されているという深刻な事実でもあります。 #がれき #脱原発

posted at 21:17:51

――――――――――――――――――――

福島も、宮城も、岩手も、同じ「東北」なので距離感がよくわかっていませんでしたが、岩手県宮古市から福島第一原発までの距離は約250km。これは長野県東信地域と大体同じ距離です。東北といってもホントに広いです。 #がれき #脱原発

posted at 21:27:59

――――――――――――――――――――

宮古運動公園、野球グランドががれきの山。被災地のみなさんは、ここのがれきがなくならないと「復興した」とは思えないだろうと感じました。精神的な面で、このがれき処理を急ぎたいとの気持ちはよくわかります。 #がれき #脱原発

posted at 21:28:29

――――――――――――――――――――

同時に、5年10年はもちそうな立派な「仮設焼却施設」をさらに現地で建設すれば、こんなに広域処理は問題にならなかったのでは?とも感じました。 #がれき #脱原発

posted at 21:29:08

――――――――――――――――――――

宮古市では95t/1日の性能を持つ「仮設焼却施設」1基を建設。釜石地区では109t/1日の性能を持つ施設を1基建設。 #がれき #脱原発

posted at 21:29:36

――――――――――――――――――――

ちなみに、宮城県石巻ブロックの2次仮置き場では鹿島JVが、300t/1日の性能をもつ仮設焼却施設を5基も(合計1,500t/1日)。8月頃には5基全て完成するそうです。#がれき #脱原発

posted at 21:30:31

――――――――――――――――――――

宮古運動公園にあるガレキは、東京に運ばれています。ダンプに乗せたコンテナ1台ごとに外から空間放射線量(シーベルト)を計測。一方、ガレキにどれくらい放射性物質が含まれているか?ベクレルの検査は「1ヶ月に一度検査しています」と。これでは不十分では? #がれき #脱原発

posted at 21:32:06

――――――――――――――――――――

石巻市で、「焼却したあとの灰の処分は?」質問に、説明者「100ベクレル/kg以下は、漁業者に説明して海岸線沿いの埋立地で処分します」。「100ベクレル以上は?」、説明者「まだ決まっていません」と。どこで処分されるのだろう…。 #がれき#脱原発

posted at 21:32:44

――――――――――――――――――――

なぜ今回、がれきの現地調査(宮城県石巻市、岩手県宮古市)についてつぶやいたのかといいますと、今全国で大問題になっている広域処理の問題をどう考えればよいのか?賛成の立場の人、反対の立場の人、どちらの人たちともいっしょに考え、解決させたいと感じたからです。#がれき #脱原発

posted at 21:38:02

――――――――――――――――――――

同じ「脱原発」の立場でも今回の震災がれきの問題で、「脱原発派が仲間割れしている」(ジャーナリスト談)。でもよくよく考えれば、広域処理問題の混乱の原因は、国と東電にあります。 #がれき #脱原発

posted at 21:39:06

――――――――――――――――――――

原発問題、復興問題、そして先行き不安にイライラされている方は多い。そのイライラを意見の違う人にぶつけ合っているのでは?国民の中で対立が生まている、そのことで一番よろこんでいるのは、原子力村の連中ではないでしょうか? #がれき #脱原発

posted at 21:41:23

――――――――――――――――――――

国・環境省は「絆」と言う言葉を使い、広告にお金をかけ情緒的に広域処理の必要性を訴えていますが、そこにお金をかけるのではなく、どうしても広域処理を進めたいのであれば、国民が納得する基準の策定と、(つづく) #がれき #脱原発

posted at 21:43:00

――――――――――――――――――――

(つづき)安全な災害廃棄物と放射能汚染されたものに完全に仕分けする技術にお金と労力をかけるべきだと考えます。日本の科学技術をもってすればそれは可能だと思います。 #がれき #脱原発

posted at 21:43:48

――――――――――――――――――――

国のダブルスタンダード、「二重基準」が問題。原子炉等規制法では100ベクレル/kg以下なら埋立OK。しかし現在、国は8,000ベクレル/kgまで埋め立てていいと指導。これが全国に混乱を起こしている。 #がれき #脱原発

posted at 21:44:46

――――――――――――――――――――

被災地の力になりたいと考えていますが、今の国・環境省の強引なやり方では、仮に地元で広域処理受け入れの話が具体的にきた場合は反対せざるを得ません。「総論賛成、各論反対」になってしまう。これは私が悪いのでなく国のせいです。

posted at 21:45:47

――――――――――――――――――――

最終処分(焼却灰などの埋立)の責任は国と東電に責任があることを明確にし、東電の所有する敷地に最終処分場を建設することを私は提案します。 #がれき #脱原発

posted at 21:57:19

――――――――――――――――――――

私は、「放射能汚染されていない災害廃棄物」については、被災地で現地処理がしきれないのであれば、処理の協力することには賛成です。同時に「全国に放射能汚染を拡散させる」ことは絶対に反対です。 #がれき #脱原発

posted at 21:58:50

――――――――――――――――――――

「被災地が困っている」と善意で広域処理に賛成される方の気持ちを受けとめたいし、 「放射能汚染から子どもを始めとする命と健康を守ろう」と善意で広域処理に反対される方の気持ちも、両方受けとめたいと考えています。 #がれき #脱原発

posted at 22:00:23

――――――――――――――――――――

「脱原発」で一致するのに、広域処理の問題で対立したくありません。対立に気を取られて、一番の犯罪者に責任を追及することを忘れてはいけないといつも自分にいいきかせています。 #がれき #脱原発

posted at 22:00:55

――――――――――――――――――――

私の住む長野県佐久地域でも、すでに放射性物質が含まれる焼却灰の最終処分(埋立)の問題があります。民間の施設が昨年の7月から受け入れを表明。今年の1月になってやっと長野県主催でこの問題での第1回住民説明会が行われましたが、不安の声が多く出されました。#がれき #脱原発

posted at 22:02:17

――――――――――――――――――――

この佐久地域の施設にも今後、災害廃棄物が運搬されてくるのではと、心配されています。民間施設の方も 「国が責任を放棄して、地方や民間に押しつけている。業者としても怒っている」とコメントされています。#がれき #脱原発

posted at 22:03:32

――――――――――――――――――――

これからも広域処理に賛成の方、反対の方、それぞれのみなさんといっしょに考えていきたいと思います。 #がれき #脱原発

posted at 22:04:19

――――――――――――――――――――

なお、このガレキ問題の現地調査についてtweetは、日本共産党宮城県議団と岩手県議団のみなさんからの説明と、いただいた資料を参考にしてつぶやかせていただきました。ありがとうございました。 #がれき #脱原発

posted at 22:05:18

――――――――――――――――――――

@tsunamiwaste 大変お騒がせいたしました。災害廃棄物の現地調査についてのツイートはとりあえず以上です。大変難しい問題ですが、広域処理の問題での「対立」を乗り越え解決させ、そして「脱原発」の一転共闘の流れを強く大きく加速させていきたいと思います。ありがとうございました。

posted at 22:18:04

――――――――――――――――――――

災害廃棄物の現地調査の時の写真紹介① 鹿島JVの石巻ブロックのがれき処理についての新聞見開き広告を見せてくれた、横田県議と三浦県議。http://t.co/t0wcD6nX

posted at 22:26:49

――――――――――――――――――――

災害廃棄物の現地調査の時の写真紹介② 岩手県宮古地区内の仮設焼却施設。95㌧/日の性能。建設費33億7千万円。とても立派な施設。あと2年で撤去はもったいないな… http://t.co/zx6FkKdp

posted at 22:31:59

――――――――――――――――――――

災害廃棄物の現地調査の時の写真紹介③ 宮古市の藤原埠頭にある、これまた鹿島JVが運営する破砕・ふるい・選別を行う施設。 http://t.co/G1sTw39H

posted at 22:36:29

――――――――――――――――――――

災害廃棄物の現地調査の時の写真紹介④ 同じく宮古市藤原埠頭にある災害廃棄物破砕・選別等業務を行う施設。 http://t.co/qqRLibf2

posted at 22:37:50

――――――――――――――――――――

災害廃棄物の現地調査の時の写真紹介⑤ 奥でベルトコンベヤーで運ばれてきたガレキを手選別する従業員のみなさん。鹿島JVの説明者曰く、地元の方を雇用しているそうです。 http://t.co/0rWEQGeS

posted at 22:41:42

――――――――――――――――――――

災害廃棄物の現地調査の時の写真紹介⑥ 破砕・ふるい・機械選別・手選別等で、規格サイズにされた廃棄物。 http://t.co/Raor4nJu

posted at 22:45:02

――――――――――――――――――――

災害廃棄物の現地調査の時の写真紹介⑦ 分別・規格サイズにされて出てきた廃棄物の放射線量を測定する従業員。 http://t.co/pLoxyOdx

posted at 22:47:11

――――――――――――――――――――

@bpp2006 ありがとうございます。今回の問題の背景(裏?)には多くの問題が隠れている・隠されていることがだんだん分かってきました。原発の建設に参加していた原子力村の一員⁈の鹿島建設が、がれき処理に絡んできていること…などなど、賛成反対で対立している場合ではないですよね?

posted at 23:20:05

――――――――――――――――――――

@tsunamiwaste いや〜ホントにお手数かけます。写真ですが、スマホで撮ったものはすぐ紹介できますが、デジカメでオススメのものもあるかと思いますので、今夜明日中に、紹介させていただきます。ありがとうございました。 m(_ _)m

posted at 23:28:28

――――――――――――――――――――

RT @bpp2006: 受け入れに賛成・反対双方の人に見てもらいたいです。 RT@tsunamiwaste: ふじおか義英長野県議の被災地視察ツイートhttp://togetter.com/li/283920 @fujioka4649 さん さっそくまとめさせていただきました。宮城県の「ゼネコンによるゼネコンのため…

posted at 23:36:54

――――――――――――――――――――

@watanave_YUICHI おっしゃるとおりです。完全に安全な災害廃棄物はないかもしれません。少なくとも、放射性物質やアスベストなど除去されたものでないと、受け入れ地域の住民のみなさんは納得しないでしょう。

posted at 23:53:37

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

2件のコメント on 地元業者でもできる仕事=がれき処理約2,000億円を鹿島JVに一括丸投げ【巨大ゼネコンのための『復興』】宮城県:処理の約半分を県外にと計画。ところが放射能懸念で自治体が次々辞退。今年3月から環境省が広域処理キャンペーン。4/5ふじおか義英氏のtweetsより・・・国が税金を使いゼネコンの後始末。国の責任を放棄して、地方や民間に押しつけている。盗電はダンマリ。#がれき #脱原発

  1. Name より:

    国家非常事態対策委員会5/22(YouTube)
    http://www.youtube.com/watch?v=me8lVE0YCLU

  2. Name より:

    日本維新の会 5/31(YouTube)
    http://www.youtube.com/watch?v=X4N7t4niTW4

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)