~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

瓦礫受入れ・・・してはならない12の理由 

村上東・秋田大教授と「放射能を拡散させない市民の会」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1-基準値100Bq/kg以下でも、瓦礫が大量であれば放射性物質の量も増える。放射性物質の総量が大きければ、単に基準値を守ることが安全確保にならない。

2-ガンマ線核種のみで、アルファ線・ベータ線核種の計測を含まない安全確認は安全を保証しない。

3-焼却時に高温ではセシウムが気化し拡散し、低温ではゴミと一緒に濃縮される。

4-密閉度の高い処分場を用意しても、半減期が長い放射性物質の毒性は、必ず周囲に拡散。一度地下水へと拡散したら、手の施しようがない。

5-産廃施設の環境への影響は今現在だけではなく、将来の子供たちにも影響を与える。産廃業者だけの問題ではない。

6-(宮城県,岩手県の瓦礫は)汚染度が低いからといって、安全を保証されない。

7-自治体(県)全体が危険視され、農産物や工業製品が、市場価値を落とし、経済に多大な打撃を与える可能性。軽度の汚染で済んでいるところが、それが無になる恐れ。

8-県内の産廃業者に利益が見込まれても、危険を背負い込むだけでほぼ何も利益はなく、県民の不安が増すだけで、県民重視の政策とは言えない。

9-放射能汚染ゴミはすべて第一義的な責任者である東電が引き取るべきもの。将来の県政を考えても疑問。

10-瓦礫受入れより、避難者救援に尽力するのが筋。

11-県内の自治体は、過疎化対策と少子化対策を進めてきたが、瓦礫・汚泥受け入れは、若い県民の流出や出産・育児に対する不安を増大させる。

12-首都圏の下水処理施設の汚泥には高度の放射性物質が含まれる。岩手県、宮城県における汚染瓦礫を受入れは、首都圏からの放射能汚染物を受け入れる道を開く恐れがある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆秋田大教授らがただす 瓦礫を受け入れてはならない12の理由

Mercury > 土壌・瓦礫 >

Posted 12月 10th 2011

http://mercury7.biz/archives/14917

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

福島原発事故による汚染がれきの受け入れに反対している村上東・秋田大学教育文化学部教授が中心となり設立された住民グループ「放射能を拡散させない市民の会」のメンバーが12月8日、秋田県庁で記者会見を開き、放射性物質による健康への影響が否定出来ないとして、がれきを受け入れるべきではないと訴えた。
記者会見を開いたのは汚染がれきの受け入れに反対している「放射能を拡散させない市民の会」で、代表を務める秋田大学の村上教授は、
『がれきに含まれる放射性物質が国の基準を下回っていても、子どもの健康に影響が出る可能性が否定できない』
などとしてがれきを受け入れるべきではないと訴えるとともに、汚染がれきを受け入れた場合の安全性や風評被害による影響など12の項目について秋田県の見解をただす公開質問状を県に提出した。

-公開質問状-

[公開質問状1~4]

1-基準値の100ベクレル/kg以下でも、受け入れる瓦礫が大量であれば放射性物質の量もそれに応じて多くなる。放射性物質の総量が大きければ、単に重量あたりの基準値を守ることが安全確保にむすびつかない。

2-アルファ線核種とベータ線核種の計測を含まない安全確認は安全を保証したことにはならない。

3-焼却時の温度が高ければセシウムが気化し拡散し、温度が低ければゴミと一緒に濃縮される。

4-密閉度の高い処分場を用意しても、半減期が長い放射性物質の毒性が消えるまでには、必ず周囲の環境に拡散してしまう。粘土層でも時間の経過で漏れ出すと言われており、一度地下水へと拡散したら、手の施しようがなくなる。

[公開質問状5~8]

5-産廃施設が環境にもたらす影響は今生きている県民だけではなく、今後秋田に生まれる子供たちにも影響を与える。施設の所有者、産廃業者だけの問題ではない。

6-(福島県と比較すると宮城県,岩手県の瓦礫は)汚染度は低いが、汚染度が低いから、事故現場から遠いからといって、安全を保証されるものではない。

7-全国の自治体のなかには、瓦礫や汚泥の受け入れ拒否を公表しているところも多い。秋田県全体で、あるいは自治体単位で受け入れた場合、秋田県全体が危険視され、秋田県産の農産物や工業製品が、市場価値を落とし、県経済に多大な打撃を与えることが予想される。秋田県は、風向きと奥羽山脈に助けられ現在までは軽度の汚染で済んでいるが、それが無になる恐れがある。

8-県内の産廃業者にある程度の利益が見込まれるが、放射能を含んだゴミを秋田県が引き受け、危険を背負い込むだけでほぼ何も利益はなく、県民の不安が増すだけで、県民重視の政策とは言えない。

[公開質問状9~12]

9-放射能に汚染されたゴミはすべて第一義的な責任者である東電が引き取るべきものである。そうした大きな問題群をまっさきに取り上げず、県内への瓦礫受け入れだけを前面に打ち出すことは、将来の県政を考えても疑問が生じる。

10-瓦礫受入れより、避難者救援に尽力するのが筋。

11-秋田県と県内の自治体は、過疎化対策と少子化対策を進めてきたが、瓦礫・汚泥受け
入れは、若い県民の流出や出産・育児に対する不安を増大させてしまう。

12-首都圏の下水処理施設から出る汚泥には高度の放射性物質が含まれている。岩手県、宮城県における汚染瓦礫を受け入れることは、首都圏からの放射能汚染物を秋田県が受け入れる道を開くものとなる恐れがある。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆修学旅行 関西からのキャンセル相次ぐ/山形県

Mercury > Radiation >
Posted 12月 27th 2011

http://mercury7.biz/archives/15840

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

NHK山形放送局は12月27日、これまで、冬期に多くの修学旅行生を集めていた山形市のスキー場では、今シーズンは原発事故の影響を懸念する関西地区の高校からの予約キャンセルが相次ぎ、その数は4000人を超えていると報じた。
事態を重く見た山形県は旅行代理店に直接、働きかけを行うことにしているという。

[NHK]
秋田大学の村上教授らがただした『瓦礫を受け入れてはならない12の理由』の7項に、
『全国の自治体のなかには、瓦礫や汚泥の受け入れ拒否を公表しているところも多く。秋田県全体で、あるいは自治体単位で受け入れた場合、秋田県全体が危険視され、秋田県産の農産物や工業製品が、市場価値を落とし、県経済に多大な打撃を与えることが予想される。秋田県は、風向きと奥羽山脈に助けられ現在までは軽度の汚染で済んでいるが、それが無になる恐れがある。』
という見解が示されている。
瓦礫受入れには、周辺住民の健康リスクだけではなく、受入れ地域の農産物や工業製品の、市場価値の低下リスクも含まれるということです。
これには、当然、観光業も含まれるはずです。
ちなみに、がれき処理を既に受け入れている山形県の吉村美栄子知事は11月の全国知事会議で、
「リスク少しずつ抱えてはどうか」
「47人の知事で少しずつリスクを抱えてはどうか。受け入れを検討いただきたい」
と延べ、がれき受け入れにリスクがあること認識しながら、受け入れていることを認めている。

+関連情報
山形市の定時降下物(12月21日~22日)からセシウム 福島市の約14倍
山形県最上町が宮城県松島町のがれきを搬入 焼却溶解を行い、溶解スラグにして再資源化
山形県がガレキの広域処理を計画 一旦酒田に保管後、各県へ
[航空機モニタリング]山形県内の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計が公開された

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆[がれき処理問題]山形県の吉村美栄子知事が「47人の知事で少しずつリスクを抱えてはどうか。」と提案

Mercury > 土壌・瓦礫 >

Posted 11月 22nd 2011

http://mercury7.biz/archives/14165

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

政府主催の全国知事会議が11月21日に開かれ、野田佳彦首相が東日本大震災で発生した岩手、宮城両県の震災がれきについて
「政府も安全性の確保に万全を期していくので、さらなる協力をお願いしたい」
と広域処理に理解を求めた。
細野豪志環境相は、放射性物質への懸念などを背景に
「このままでは3年以内の処理は見込めない」
と指摘し、自ら地方に足を運んで、受け入れを要請する考えを表明した。
がれき処理を既に受け入れている山形県の吉村美栄子知事は、
「リスク少しずつ抱えてはどうか」
「47人の知事で少しずつリスクを抱えてはどうか。受け入れを検討いただきたい」
と延べ、がれき受け入れにリスクがあること認識しながら、受け入れていることを認めた。

山形新聞-「リスク少しずつ抱えてはどうか」と吉村知事
吉村美栄子知事は同日午前の知事会議で、本県では、がれき処理を既に受け入れていることを報告し、「47人の知事で少しずつリスクを抱えてはどうか。受け入れを検討いただきたい」と呼び掛けた。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆がれき広域処理を要請・全国知事会議 首相、TPP「十分に議論」

山形新聞

2011年11月22日 11:51

http://yamagata-np.jp/news/201111/22/kj_2011112200694.php

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 野田政権では初となる政府主催の全国知事会議が21日午後、官邸で開かれ、野田佳彦首相は東日本大震災の復興と東京電力福島第1原発事故の復旧を最優先課題とし、岩手、宮城両県の震災がれきについて「政府も安全性の確保に万全を期していくので、さらなる協力をお願いしたい」と広域処理に理解を求めた。

 また環太平洋連携協定(TPP)については「関係国がわが国に求めることがだんだん明らかになると思う。情報はきちんと提供し、十分な国民的議論をした上で、国益の視点に立って結論を得ていきたい」と述べた。

 知事会会長の山田啓二京都府知事は、円高による企業の海外移転や少子高齢化など地方が抱える問題を挙げ「日本が地方から壊死(えし)しないよう震災の復興・復旧、徹底的な円高対策や地域経済の活性化のために尽力してほしい」と注文を付けた。

 知事側からはほかに、災害時に備えた高速道路網の整備や各地の原子力発電所の安全確保、国の出先機関改革に対する注文などが相次いだ。

 佐藤雄平福島県知事は原発災害に対する国の縦割り行政を批判。野田首相は同県の復興を進める特別立法について「準備を進めている」と述べ、来年の通常国会に提出する考えを強調した。

 がれき処理をめぐって知事会は同日午前、全国の自治体で広域処理する環境づくりに向け、安全基準の明確化を国に求めることで一致。細野豪志環境相は知事会議で、放射性物質への懸念などを背景に「このままでは3年以内の処理は見込めない」と指摘し、自ら地方に足を運んで安全性を説明し、受け入れを要請する考えを表明した。

「リスク少しずつ抱えてはどうか」と吉村知事
 吉村美栄子知事は同日午前の知事会議で、本県では、がれき処理を既に受け入れていることを報告し、「47人の知事で少しずつリスクを抱えてはどうか。受け入れを検討いただきたい」と呼び掛けた。さらに、被災者支援に関し「雪国での生活に不安を抱いている。他県への避難者の視点が必要」と強調した。

 TPPをめぐっては官邸での知事会議で、「震災による風評被害で東北の農業は苦戦を強いられている。農業をいかに守るかを考えてほしい」と訴えた。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆基準値超えたセシウム検出廃棄物を搬入 埼玉から県内へ、県が事業所へ指導徹底

山形新聞

2011年10月28日 11:47

http://yamagata-np.jp/news/201110/28/kj_2011102800864.php?keyword=%A5%BB%A5%B7%A5%A6%A5%E0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 県外から搬入される産業廃棄物について、県は27日、埼玉県からの廃棄物から基準値(1キログラム当たり200ベクレル)を超える910~227ベクレルの放射性セシウムが検出され、一部が米沢市の業者で焼却処理されていたと発表した。県は放射性物質に汚染された廃棄物の搬入を防ぐため、事前検査による安全確認を指導していたが、今回のケースでは、関わった業者が確認を怠っていた。県は再発防止に向け全事業所に対し指導徹底を図っていく。

 検出された放射性物質の濃度は周辺地域への影響も含め、いずれも人体に影響がないレベルだった。

 県循環型社会推進課によると埼玉県の業者は、放射性物質検査の結果判明が、検査機関の混雑により遅れ、安全が確認できていなかったにもかかわらず、9~10月にかけて近隣県などから集めた木くずや廃プラスチックなどの廃棄物(がれきなど災害廃棄物は含まない)計約1500立方メートルを産廃業者のディスポ(米沢市)に搬送。10月末に9月分と10月分の検査結果が判明し、9月分から1キログラム当たり227ベクレル、10月分から910ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが分かった。

 同課は「事前検査による安全確認をしないまま搬入したことで、受け入れを未然に防げなかった」と説明。運び込まれた廃棄物の一部は既に焼却され、未処理の分は埼玉県の業者に引き取るよう指導した。

 震災に伴うがれきの処理に関連し、県は8月、「災害廃棄物の県内受け入れに関する基本的な考え方」をまとめ、県外で屋外保管された産業廃棄物についても基準値を設定、事前検査による安全確認を指導していた。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)