~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シリア国内の反アサド派(テロ)グループが、NATO(米英仏)の(資金・人員・武器)支援を受けている可能性。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米統合参謀本部議長はシリアの反政府軍に対する軍事的支援を時期尚早だと語ったようだが、すでに米英仏、そして湾岸の産油国やアル・カイダは軍事介入を始めている

櫻井ジャーナル

2012.02.21

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202210000/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

シリアの反政府軍に武器援助するのは時期尚早だとマーティ・デンプシー統合参謀本部議長は語ったという。

アメリカの「正規軍」はそう判断しているのかもしれないが、実態は遙かに先を行っていて、NATO軍はリビアからシリアへ武器を輸送しているとも言われている。.

http://www.theamericanconservative.com/blog/nato-vs-syria/

【引用開始】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2/5櫻井ジャーナル より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1) WikiLeaksの公表した外交文書:反アサド派へ米国務省は2006年から600万ドルを提供。

2) 2011年5月頃からトルコの米空軍インシルリク基地で、反シリア政府主力の「SFA(シリア自由軍)」の訓練。教官はCIAのほか、米英仏の特殊部隊員が担当。

3) 2011年11月。リビア侵攻完了後、シリアへ移動した兵士の多くは、アル・カイダ系のリビア・イスラム戦闘団(LIFG)が送り出したグループの可能性。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米の脅迫:『いかなる可能性(選択肢)』=ホムズ市の空爆=も排除しない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆US to pump weapons into Syrian warzone?

RT

Published: 22 February, 2012, 12:06

http://rt.com/news/us-syria-arms-opposition-907/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

&

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【quote】

The White House and US State Department are considering armingSyria’s rebels, claiming ongoing reports of government crackdowns would legitimize their actions. But it remains unclear what form the assistance would take.

Both USbodies made statements yesterday saying that new tactics would have to be adopted in order to curtail Regime forces’ bombardment of the city of Homs.

White House Press Secretary Jay Carney said that the US did not want to “take actions that would lead to the further militarization of Syria,” while at the same time signaling that “additional measures would have to be adopted if the international community fails to reach an agreement on a resolution.

The press secretary did not elaborate as to the nature of these so-called “additional measures.”

State department spokeswoman Victoria Nuland echoed these sentiments, saying that if Assad did not ”yield to the pressure that we are all bringing to bear, we may have to consider additional measures.” She then said that no possibilities “had been taken off the table.

The statements hint at a shift in US policy where before the Obama administration had categorically ruled out the possibility of military aid.

General Martin Dempsey, the chairman of the US joint chief of staff warned against support until US intelligence had more information on the opposition forces at work in Syria.

“I think it’s premature to take a decision to arm the opposition movement in Syria, because I would challenge anyone to clearly identify for me the opposition movement in Syria at this point,” he said to news agency CNN.

There is a strong contingent in theUScongress pushing for the arming of the Syrian opposition, with Senator John McCain once again calling for military aid on Monday, although he emphasized that theUSshould not do so directly.

RT’s Gayane Chichakyan investigated the possible consequences of theUSpush for regime change in an interview with formerUSpresidential candidate Pat Buchanan. He cited the possibility that the addition of military aid could be the catalyst that pushesSyriainto chaos.

“I’m against putting weapons in and aiding the anti-Assad resistance, because an all-out war there could be a disaster that leads to a failed state there,” Buchanan told Gayane Chichakyan.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆Friends or foes of Syria?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

The USand other UN members are due to meet in Tunisia on Friday in a Friends of Syria group forum. The group is pushing for the removal of Syrian President Bashar al-Assad and representatives of the Syrian opposition will be in attendance at the meeting. The possibility of military intervention is unlikely to be discussed with humanitarian aid and possible sanctions onDamascus taking central stage at the forum.

Russiawill not attend the meeting as it believes the Friends of Syria group to be biased in favor of the opposition. Aleksey Pushkov, head of the Foreign Affairs Committee inRussia’s Lower House of Parliament explainedRussia’s stance on the meeting to RT.

“The sole purpose of that conference is not to find a way out of the current situation, but to promote the idea that the conflict can only be resolved if Assad leaves,” said Pushkov.

He went on to say he had met with President Assad and representatives of two opposition organizations and that he did not get the impression that it was “the people vs. Assad in this conflict.

“A faction of the people is opposing the regime, while another part supports Mr. Assad, while yet another faction does not wantSyriato fall into chaos,” Pushkov said.

China’s presence at the Friends of Syria forum is also unconfirmed. The Asian nation vetoed a previous Security Council resolution on the Syrian conflict along withRussiaon the basis it was unbalanced.

A Chinese Foreign Ministry spokesperson said thatBeijingwas “currently researching the function, mechanism and other aspects of the meeting.”

【quote end】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シリアの反政府勢力はNATO諸国に後押しされている

陽光堂主人の読書日記

2012-02-06

http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-525.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

要するに欧米が得意なダブルスタンダードが適用されていて、アサド政権と同盟国だけが悪者になっているのです。シリアは、NATO諸国と中ロの代理戦争の場にされており、この意味では、政権側も反政府勢力側も共に犠牲者なのです。

シリアは反イスラエルですから、この国が「民主化」されることはイスラエルにとって大きな利益があります。今回の騒動の首謀者は、イスラエルと見て間違いないでしょう。イスラエルが、米国などNATO諸国を使ってシリア国内を引っかき回しているのです。最終的にイラン打倒を目指していることは、言うまでもありません。

上述の見方を補強するために、2月5日付の「櫻井ジャーナル」から、一部引用して置きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆ロシアと中国が拒否権を行使してシリアの体制転覆計画はひとまず足止めを食った状況だが、米英仏にサウジ、カタール、イスラエルが加わった勢力のシリア乗っ取り工作は続く

櫻井ジャーナル

2012.02.5

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201202050000/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(引用開始)
約1年前からNATO(米英仏)はシリアの体制転覆を目指し、さまざまな工作を続けてきた。そして今年1月4日、国連の安全保障理事会ではバシャール・アル・アサド政権を潰すための決議案を採択するが、ロシアと中国が拒否権を行使して否決した。ロシアは不測の事態に備えて特殊部隊を黒海の基地に配備したと伝えられている。

アメリカに限ると、シリアの反体制派への支援はさらに数年はさかのぼることができる。現在、シリアで展開されている武装闘争は、ロンドンを拠点とする反アサド派が中心になって展開されているのだが、そうしたグループをジョージ・W・ブッシュ政権は支援、特に宣伝に力を入れていた。衛星放送を行うためにバラダTVを創設させ、2009年から放送を始めている。こうしたテレビ局の設置を含め、反アサド派へ米国務省は2006年から600万ドルを提供したことがWikiLeaksの公表した外交文書に示されている

(中略)

シリアの反政府勢力へ対戦車ミサイル、地対空ミサイル、重機関銃といった武器を供給するため、NATOとトルコ政府が話し合っているとする情報が昨年8月中旬に流れたが、その前、4月下旬か5月上旬の頃からトルコの米空軍インシルリク基地では反シリア政府軍の主力であるSFA(シリア自由軍)」の訓練が始められた教官はCIAのほか、アメリカ、イギリス、フランスの特殊部隊員が担当しているという。

昨年11月にはリビアのムアンマル・アル・カダフィ体制が崩壊、倉庫から大量の武器が持ち出されたようだが、その頃、マークを消されたNATO軍機がトルコの基地に武器を運び込んでいた。その際、兵士も一緒に乗っていたという。

リビアからシリアへ移動した兵士の多くは、アル・カイダ系のリビア・イスラム戦闘団(LIFG)が送り出したグループの可能性がある。リビアの反カダフィ軍は、昨年11月下旬の段階で、数週間もすればシリアで自分たちの軍事行動が目に見える形になるとリビアの武装集団は語っていたが、この予言通りにシリアの都市ホムスで激しい戦闘が始まっている

シリアで流血の事態を招いた最大の責任者は間違いなくブッシュ・ジュニア政権とバラク・オバマ政権、つまりアメリカ政府にある。そのアメリカ政府と連合しているイギリス、フランス、サウジアラビア、カタール、そしてイスラエルこそが殺戮の原因を作っている張本人だ

勿論、こうした背景を知りながらNATO/独裁産油国/イスラエルのためにプロパガンダを続けているメディアも責任を免れない。 (下線は引用者による)

(引用終了)

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , ,

1件のコメント on 2006から反アサド工作?民主革命=「アラブの春」の偽り 9 【シリアの反政府勢力をNATO支援】米は2006年から600万ドルを提供(WikiLeaks公表文書)、2011年5月SFA(シリア自由軍)の訓練、2/5櫻井ジャーナル より

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)