~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

石川供述調書不採用の衝撃・・・供述調書ねつ造の特捜部に捜査を!

事実上、田代検事の偽証と虚偽公文書作成の犯意を認めた

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

郷原信郎 (@nobuogohara)

Posted Friday 17th February 2012 from Twitlonger

http://www.twitlonger.com/show/fvb62s

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 小沢氏公判での証拠却下決定、注目すべきは、虚偽公文書作成の範囲と偽証の認定、特捜部の組織的な不当取調べの認定

 本日の小沢氏の公判で、東京地裁大善文男裁判長は石川知裕衆議院議員ら元秘書3人の供述調書の多くについて証拠採用を却下した。元代表の関与を認めた石川氏の調書についても、任意性、特信性を否定して請求を却下した。

 決定書全文を入手して読んだが、石川氏らの供述調書の請求を却下したという結論もさることながら、重要なことは、その理由の中で、取調検察官の田代検事の法廷証言の信用性についても踏み込んだ判断をしたことである。特に、田代検事が市民団体から虚偽公文書作成罪で告発されている石川氏の取調べ状況についての捜査報告書の問題に関して「記憶の混同が生じたとの説明はにわかに信用できない」と述べているのは、事実上、田代検事の偽証と虚偽公文書作成の犯意を認めたものと言え、東京地検の告発事件の捜査に決定的な影響を与えるものと思われる。

 しかも、決定書では、その田代検事の後に石川氏の取調べを担当した吉田副部長も取調べで石川氏に圧力をかける行為を行っていたことを認め、田代検事の不当な取調べが、個人的なものではなく、組織的なものであったことまで認定している。

 今回の証拠決定は、検察、とりわけ特捜検察にとって衝撃的なものであろう。
 市民団体の告発事件は、最高検から東京地検刑事部に回付されたとのことだが、東京地検刑事部は、今回の東京地裁の決定を受けて、早急に、捜査に着手することになるだろう。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【陸山会裁判】 供述調書ねつ造の特捜部に捜査要請書―市民団体

『健全な法治国家のために声をあげる市民の会』 http://shiminnokai.net/

2/21田中龍作ジャーナル より 【転載下記】

――――――――――――

特捜部を公文書偽造などの罪で刑事告発していた市民団体が21日、地検刑事部に「捜査要請書第2弾」を提出

東京地検はこれまで「裁判に支障を来す」として、身内の犯罪を捜査することを拒否。

石川知裕衆院議員の供述調書を証拠採用しない判断を示したことから、東京地検としては捜査せざるを得ない状況に追い込まれた。「支障を来すもの」が裁判で争われることがなくなったのだから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地検特捜部の腐敗疑惑=小沢裁判:大善裁判官による証拠決定書より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特捜惨敗:もう逃げられるとは思わない方がよろしいかと

八木啓代のひとりごと

2012-02-20 (19?)

http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-624.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

一昨日出た証拠決定書、凄かったですね。大善裁判官、見事に名は体を表してくださいました。

 やっと、とあるメディア関係者を通じて原文を入手しましたが、

―――――――――――――

そもそも、取調録音によると、調書の案文は、取調べ当日における石川の具体的な供述内容に基づいておらず、田代検事が交流段階の調書の記載を基にするなどして、一方的に作成したものとうかがわれるのであって、石川の供述を録取したものと評価できるかすら疑問がある。
 このような取調方法は、違法不当なものであって、許容できないことは明らかである。

 

 しかしながら、田代検事の前記の取調べが、真相解明への熱意等から行われたのだとしても、検察官の職責を考えれば、そのことでその違法性・不当性が減じられるものとはいえない。しかも、田代検事は、「当時は、その危険性を自覚していなかったが、録音されていると分かっていれば、このような取調べはしなかった。」旨も供述しており、取調べの可視化がよくなされていれば、行うことのできない取調方法であったことを自ら認めているものといえる。

 

  同捜査報告書が問答体で具体的かつ詳細な記載がされていることに照らすと、あいまいな記憶に基づいて作成されたものとは考え難く、記憶の混同が生じたとの説明は、にわかには信用することができない。そうすると、この報告書の存在は、石川が勾留段階で被告人の関与を供述した経緯として、田代検事が公判で供述する説明内容にも、深刻な疑いを生じさせるものといわざるを得ない。

 

  これらの事実は、石川に献金の受領や被告人の関与について供述を迫るため、田代検事と共に、特捜部の複数の検察官が石川に圧力をかけていたことをうかがわせるものであり、ひいては、前記の田代検事の取調べは、個人的なものではなく、組織的なものであったとも疑われるものであって、石川において、田代検事の取調べにあらがうことを一層困難にする事情であったと認められる。

―――――――――――――

 と、まるで当会の弁護士チームの皆さんの一念が憑依したのかと思うような………..

 なんと、田代検事の報告書の信用性をあっさり否定しただけではなく、法廷での偽証にまで言及し、取調の可視化にも言及し、さらに「組織的なものであった」とまで、言及してくださっています。

 もちろん、いかに検察に甘い立場を取っても、常識的に判断すれば、当然、その結論に達するのは当たり前とも言えるのですが。
(ですよねえ、毎日新聞さん)

 ということで、検察庁刑事部の皆様。
 もうこれで、裁判所に遠慮する必要はなくなったのですから、裁判所の判断を重く受け止め、罪証隠滅の恐れもありますので、ぜひぜひ、すみやかに捜査にかかっていただきたいものです。

 もたもたしていたら、黙って見てはおりませんわよ。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【陸山会裁判】 供述調書ねつ造の特捜部に捜査要請書―市民団体

田中龍作ジャーナル

2012年2月21日 14:47

http://tanakaryusaku.jp/2012/02/0003727

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

  陸山会事件で小沢一郎・元民主党代表を何が何でも起訴するため、供述調書を偽造するなどした東京地検特捜部にまた矢が放たれた。特捜部を公文書偽造などの罪で刑事告発していた市民団体が21日、地検刑事部に「捜査要請書第2弾」を提出したのである。

 東京地検はこれまで「裁判に支障を来す」として、身内の犯罪を捜査することを拒んでいた。だが東京地裁が17日、小沢一郎元民主党代表の資金担当秘書だった石川知裕衆院議員の供述調書を証拠採用しない判断を示したことから、東京地検としては捜査せざるを得ない状況に追い込まれた。「支障を来すもの」が裁判で争われることがなくなったのだから。

 捜査要請書を提出したのは『健全な法治国家のために声をあげる市民の会』。同会はきょう午前10時、東京地検を訪れ刑事部の丸山文男・事務担当統括捜査官に書類を手渡した。丸山捜査官は「その3(第3弾)、その4(第4弾)はありますか?」などとトボケた。内心穏やかでないことの表れだろう。

 検察から証拠申請が出されていた石川被告の供述調書が採用されないことになった17日の公判廷で、東京地裁の大善文男裁判長は、検察が組織的に供述調書の偽造に手を染めていたと指摘した。記者クラブメディアがほとんど報じていないとはいえ、検察にとって衝撃は大きかったはずである。

 供述調書の捏造とは、石川被告に対する起訴後の取り調べ(昨年5月17日)で同被告の供述としてデッチあげたものだ。

 「検事から『ヤクザの手下が親分を守るためにウソをつくのと同じことをしたら選挙民を裏切ることになる』と言われて、『小沢先生に虚偽記載を報告し了承を得た』――石川被告はこのように供述したことになっているが、このようなことは一言も話していないのである。石川被告が持ち込んだICレコーダーに記録されていないことから、検察の捏造が明らかになった。

 裏金問題と政治資金規正法に詳しい郷原信郎弁護士(元検事)は「捏造調書によって検察審査会を騙したことに大きな瑕疵がある。公訴棄却にすべき」と言い切った。

 検察は新聞・テレビが報道しないことをいいことに頬かむりを続ければ、さらに信用を失うことになる。法治国家【放置国家?国家?】の崩壊にさえつながりかねないことを理解すべきだ。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おいおい大丈夫なのか朝日新聞 日刊ゲンダイ (「日々担々」資料ブログ) 記事写真版
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/690.html
投稿者 明るい憂国の士日時 2012 年 2 月 18 日 22:17:51: qr553ZDJ.dzsc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

ttp://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5039.html
2012-02-18(21:14)
(日刊ゲンダイ2012/2/18)

おいおい大丈夫なのか朝日新聞
この見苦しい自己矛盾

往生際が悪いのは検察だけじゃない。大新聞やテレビも同じだ。よほど小沢を有罪にしたいらしい。唯一最大の証拠が裁判所に断罪され却下されたのに、「といって、これで小沢元代表が無罪になると決まったものではない」と、必ずニュースの最後で付け加えていた。

笑っちゃうのが、朝日新聞だ。小沢裁判の初公判の直前、昨年10月5日の紙面で、「共謀認定 調書の採用がカギ」と報じていた。それはそれで朝日風の理屈が通っていたが、その調書が採用されないことが決まったきのう(17日)の夕刊でどう報じるのかと見ていたら、「調書以外の証拠 カギに」とやっていた。口をアングリだ。
自分たちで「調書採用がカギ」と主張してきたのだから、少しはまともな新聞なら、「もう、こんな裁判続ける意味ナシ」と公訴棄却を語る見識があってもいいのに、めめしい。
「カギを握る調書」が却下でも、まだ有罪にする手はあるんだゾと、裁判官にプレッシャーをかけるような記事を平気で載せる朝日。感度は大丈夫なのか――。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)