~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

120128-0201竹原信一氏tweets 【まとめ】

―――――――――――――――――――

おカネの本当の所有者は国際決済銀行。

カネの行方を追えば社会の仕組みは明確。

金利と固定資産税を通じて、全ての資産が中央銀行そして決済銀行の私物になる。

この仕掛けの中での国家の役割は略奪の正当化。

官僚による専制、見えない責任者のいない独裁が日本の現実。

国家の意図は偽善と略奪。人びとは国家の偽善をまねることで略奪に加担。

世の中には、金利と税で太り過ぎる少数と、金利と税で追い詰められる多数が居る。

―――――――――――――――――――

この社会から戦争が無くなり、人々を苦しめる病が消え、貧困がなくなり、学校教育に頼らない人間の成長が達成されるようになればどれほど素晴らしい事だろう。しかし、その過程で軍事産業がなくなり、医者が儲からなくなり、役人の仕事が減り、教師が失業する。彼らが抵抗勢力になっている。

―――――――――――――――――――

この結果、国から平和を、医者から健康を、役所から生活を、学校から知性を守らなければならないハメに陥っている。 全ての根源にあるのは、人びとの奪い合いと最終的な略奪を予定した中央銀行管理の借金システムなのである

―――――――――――――――――――

人類は国際銀行家が放つ毒素「借金としてのおカネと金利」に感染し、病魔に侵されてきた。これを乗り越えなければ絶滅するしかない。 跳躍的進化か、絶滅かだ。

―――――――――――――――――――

エンデの遺言、http://www.youtube.com/watch?v=aiT2wCmjuG8 減価する仕組みのおカネによって世界は変わる

―――――――――――――――――――

世界中のほとんどすべての問題の根源におカネの仕組みがある。借金として作られ、金利で人々に奪い合いと上納を強いる。奴隷制度だ。恐怖心と強欲を呼び起こす中央銀行システムが戦争や自然環境まで破壊している。全ての主義はこの仕組みのカモフラージュのために作られた。

―――――――――――――――――――

カネの仕組みを変えるだけで人々の多くの欲望が、そのままで社会を生かす力に変わってしまう。人びとがカネのためではなく、全体の未来の為に生きる事が出来るようになる。

借金と金利のおカネは必然ではない。悪意の強盗システムとして作られた。これは変える事が出来る。

―――――――――――――――――――

【まとめ 以上】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

竹原信一 takeharasinichi 氏

2012年01月28日(土) のtweets より

http://twilog.org/takeharasinichi/date-120128/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

―――――――――――――――――――

人間には習性がある。自分よりも強そうな相手の偽善に対して、従順になり、自分を放棄する。次に、精神的に一体化し、他の弱い者に対し、その力を利用しようとし始める。 強い、弱いに関しておこなった自分の判断を現実のものにしようと努力する。憎んでいるはずの力関係の維持に努める。

posted at 07:25:16

―――――――――――――――――――

人は自分の可能性を怖れている。大衆とは違う社会認識を持つことを怖れている。大衆というものが、集団幻想に気づいた者を排除するのを知っているのかもしれない。

posted at 07:43:16

―――――――――――――――――――

人間のこの習性がおカネシステムと国家の強盗を継続させる唯一の力になっている。 今のおカネシステムと国家、それは支配と略奪を目的に仕組まれた宗教にすぎない。 [Like it? http://shrtn.us/gML7 ]

posted at 07:49:51

―――――――――――――――――――

人びとは自分の可能性をおそれている。それを、自分自身に対する限りない尊敬を伴った畏怖にしなければいけない。  ひとりひとりが、自分にとっての世界を変えられる偉大な存在であることを認めるべきなのだ。

posted at 08:09:35

―――――――――――――――――――

きれい事に騙されず、カネの行方を追えば社会の仕組みは明確だし単純だ。奪い合いと上納を生き残りの条件にされている。金利と固定資産税を通じて、全ての資産が中央銀行そして決済銀行の私物になる仕掛けだ。

posted at 08:31:38

―――――――――――――――――――

この仕掛けの中での国家の役割は略奪の正当化である。

posted at 08:34:17

―――――――――――――――――――

国家の意図は偽善と略奪。人びとは国家の偽善をまねることで略奪に加担している。

posted at 10:28:59

―――――――――――――――――――

国家は邪教である。

posted at 10:46:56

―――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

竹原信一 takeharasinichi 氏

2012年01月29日(日) のtweets より

http://twilog.org/takeharasinichi/date-120129/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

―――――――――――――――――――

あからさまな現実として、私たちはおカネに所有されている。おカネの本当の所有者は国際決済銀行であり、これは私物。私たちは私有されている。 [Like it?http://bit.ly/xkE781 ]

posted at 08:01:21

―――――――――――――――――――

国家もまるごと私有されている。

posted at 08:17:24

―――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――

出世を諦めたくない。あるいは分かっていない。“@kawabata16@takeharasinichi経済学者は誰も?この部分を追求しない?なぜ?”

posted at 09:42:45

―――――――――――――――――――

議論はあたま数でやるものではない。“@eyechie@hanayuu @takeharasinichi政治家は増員でしょ削減ではなく。政治主導なら議員増員。

posted at 09:47:43

―――――――――――――――――――

官僚による専制、見えない責任者のいない独裁が日本の現実

posted at 10:00:01

―――――――――――――――――――

RT @norikuma1959: もう始まってるんだが日本のお金持ちはキャピタル・フライト=資産を海外に移し始めている事に拍車がかかるだろうな♪もう国を信じられないからからだろう。日本は経済的に沈没を始めてる。

posted at 10:31:16

―――――――――――――――――――

人々はおカネ持ちに憧れる。人類を奴隷にするおカネの仕組みを知らないのだ。

posted at 11:05:46

―――――――――――――――――――

きれい事では変わらない。おカネシステムに仕組まれた悪意の金利から人々を開放しなければならない。“@oisunman@takeharasinichi お金とは権利。お金のみならず、すべてのものは美学が無ければ腐るのみである。”

posted at 11:14:00

―――――――――――――――――――

人類は集団催眠術にかけられている。

posted at 11:19:32

―――――――――――――――――――

悪意の金利から、悪意の教育、悪意の医療、悪意の産業、悪意の戦争が作られた。

posted at 11:38:22

―――――――――――――――――――

世の中には、金利と税で太り過ぎる少数と、金利と税で追い詰められる多数が居る。

posted at 11:44:50

―――――――――――――――――――

太り続ける少数が無知な多数を騙している [Like it? http://shrtn.us/h7L6 ]

posted at 11:47:04

―――――――――――――――――――

所得格差社会の原因は努力格差でも、運の格差でもない。人間の習性を利用する略奪装置として、あらかじめおカネの仕組みに組み込まれたものだ。

posted at 12:39:17

―――――――――――――――――――

RT @prisonopera: 【日本しか買わない「タミフル」という薬】これまでにタミフルを服用した計3200万人のうち、日本人は2400万人。日本が世界の8割以上を占めている。薬の備蓄をはくためにインフルエンザが流行ることを期待している?:治療薬『タミフル』の利権・・http://enzai.9-11.jp/?p=10196

posted at 12:47:31

―――――――――――――――――――

子供は競争したがる  子供は真似したがる  子供はちょっとだけ難しいことをやりたがる  子供は認められたがる

posted at 14:41:23

―――――――――――――――――――

おカネは誰かの銀行に対する借金である。

posted at 14:52:31

―――――――――――――――――――

右手のおカネは、それに倍する左手の肉を削り取ってのみ作られる。これが銀行のシステムだ。

posted at 14:59:26

―――――――――――――――――――

人は自分が少しづつしか成長しないと感じている。でも、自分の成長を確認したいし、認められたいと思う。そのための少しの苦労を快感に感じる習性がある。人は競争が好きなのだ。

posted at 17:57:52

―――――――――――――――――――

おカネの正体を知れば、私たちが逆向きの競争をしてきたのが分かる。

posted at 18:06:28

―――――――――――――――――――

人びとは実際に進んでいる方向を見なければ社会を操縦する事ができない。

posted at 18:11:57

―――――――――――――――――――

ほぼ当然に予測できる10年後の未来を見る事は恐ろしい。だから誰かが希望を語ってくれるのを求めている。そうすれば、その夢に向かって半歩を踏み出す気持ちになれる。人々はひどく臆病なのだ。 [Like it? http://bit.ly/x187AI ]

posted at 18:21:55

―――――――――――――――――――

この社会から戦争が無くなり、人々を苦しめる病が消え、貧困がなくなり、学校教育に頼らない人間の成長が達成されるようになればどれほど素晴らしい事だろう。しかし、その過程で軍事産業がなくなり、医者が儲からなくなり、役人の仕事が減り、教師が失業する。彼らが抵抗勢力になっている。

posted at 18:33:30

―――――――――――――――――――

この結果、国から平和を、医者から健康を、役所から生活を、学校から知性を守らなければならないハメに陥っている。 全ての根源にあるのは、人びとの奪い合いと最終的な略奪を予定した中央銀行管理の借金システムなのである。

posted at 18:42:03

―――――――――――――――――――

ヨコミネ式に対する役所の対応を見ればこの国の正体がはっきりと分かる。私たちは国家を取り残し、本当の希望に向かって歩き始めなければいけない。

posted at 18:51:21

―――――――――――――――――――

国家は偽善が得意だ。国民に刃物を突きつけながらおカネで釣ろうとする。そのような国家の代理人に騙されてはいけない。

posted at 18:57:30

―――――――――――――――――――

中央銀行システムに蝕まれてしまったこの国家を取り残す暮らしのあり方を考えましょう。

posted at 19:07:45

―――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

竹原信一 takeharasinichi 氏

2012年01月31日(火) のtweets より

http://twilog.org/takeharasinichi/date-120131/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

―――――――――――――――――――

経済学者ケインズもハイエクもおカネの仕組みの根本を避けた。そして国際銀行家が世界中を騙すのに貢献した。 その報酬が男爵の地位、ノーベル賞などであった。 目くらましの理論が報道キャンペーンによって支えられたのである。 [Like it?http://goo.gl/2PZnm ]

posted at 05:35:05

―――――――――――――――――――

個々の人間には個性があるので、なかなか分かりにくいのだが、集団と言うくくりになれば、驚くべき単純さで育てられたように育つ。国際銀行家は人間の習性を熟知してこの世界を作り上げた。 [Like it? http://goo.gl/gP8fw ]

posted at 05:48:05

―――――――――――――――――――

人はみんなに心を奪われてしまう。孤立する事が恐ろしい。集団というものが人格のない、残忍なヌケガラであるのを知らない。みんなへの恐怖心から、いとも簡単にヌケガラ人間になってしまうのである。「〇〇の常識は世間の非常識」はこうして作られる。

posted at 05:57:26

―――――――――――――――――――

人間は、競争したがる  真似したがる  ちょっとだけ難しいことをやりたがる  認められたがる。 カネと報道を握ればどんな社会でも作り上げる事が出来る。「ヨコミネ式」でも言われる人間の特徴を悪用してこの社会が作られている。

posted at 06:09:44

―――――――――――――――――――

人類は国際銀行家が放つ毒素「借金としてのおカネと金利」に感染し、病魔に侵されてきた。これを乗り越えなければ絶滅するしかない。 跳躍的進化か、絶滅かだ。 [Like it? http://goo.gl/X7gvp ]

posted at 06:29:22

―――――――――――――――――――

エンデの遺言、http://www.youtube.com/watch?v=aiT2wCmjuG8 減価する仕組みのおカネによって世界は変わる。 [Like it? http://goo.gl/oiEJi ]

【参考記事+動画】

Video 『エンデの遺言』

 

posted at 06:36:38

―――――――――――――――――――

借金として生まれ、金利を要求するおカネは人々に恐怖心を生み出す。欲しいのに怖い。人びとはその隙間に立っている。恐怖心がカネを得る事への残忍さを生み、奪われた者に恨みを発生させる。 人々は本当の犯人を理解することなしに互いを憎む。おカネは、ごく一部の国際銀行家の意志で動いている。

posted at 08:07:55

―――――――――――――――――――

おカネの意思が人々に求めるのは強欲と隷従。人々はそれに付き従うしかない。むしろ、自分から進んで悪意を持つようになればたくさんのおカネを手にする事が出来る。およそ全ての政治、行政システムが腐敗しているのは、それが原因である。

posted at 08:17:36

―――――――――――――――――――

おカネが作る世界から自分を取り戻すのには大変な覚悟が要る。脳の中に作り上げたおカネ社会関係の中の自分を殺さなければならない。握りしめたおカネを捨てて、例えば社会的不適合者となる事を受け入れなければならない。

posted at 08:30:44

―――――――――――――――――――

自分を取り戻そうとする時にありがちなのは、集金のための宗教にのめり込んでしまう事だ。自分または他人の苦しみや憎しみを前提として存在するおカネを握りしめているのは悪い事だろう。喜捨はその罪悪感から解放させるのかもしれない。

posted at 08:56:42

―――――――――――――――――――

最も必要な事は視点の転換である。国際銀行家の視点から物事を見回せば分かるようになる。自分がおカネの仕掛け人だとしたら。全てのおカネを自由にできるとしたら。支配的地位を確保し続けるためには何をするか。そこから考えれば社会の動きを理解できる。

posted at 09:06:33

―――――――――――――――――――

鹿児島県のなりふり構わぬ隠ぺい http://hunter-investigate.jp/news/2011/12/-28hunter-hunter2… [Like it? http://bit.ly/AudWd4 ]

posted at 11:01:38

―――――――――――――――――――

政府が10兆円硬貨作って日銀に支払えばよろしい。“@yoshtanaka: 竹原信一様、財務省が国債利払い20兆円と言っているが [Like it? http://goo.gl/AMwEx ]

posted at 15:26:22

―――――――――――――――――――

私は、私にとってのこの社会が変わってしまった。世界の仕組みがごく一部の血筋からコントロールされているのを知ったからだ。彼らが極めて単純な手口で世界をコントロールしている事を理解した。私はその世界を体験している。

posted at 21:20:34

―――――――――――――――――――

社会主義だろうが共産主義、資本主義、自由主義、どれも同じだ。全ての主義は集団が思考しているように見せかける看板にすぎない。個人の思考、そして自由と責任を放棄させるためのヘリクツなのだ。

posted at 21:24:18

―――――――――――――――――――

国家は他の国家を定義することによって存在する。法律は処罰を定義する事で存在する。国家や裁判所が要らない世界を目指すべきではないだろうか。 主義は理性を放棄した反応の形でしかない。

posted at 21:38:08

―――――――――――――――――――

日本の最高権力は政府でも国会でもない。民間企業の株式会社日本銀行である。この会社は世界の中心国際決済銀行BISの支店にすぎない。そして、ほとんどの人類はBISの奴隷なのである。

posted at 22:36:06

―――――――――――――――――――

人は何者かになりたがる。何者でもない自由に耐えられない。そこの部分をおカネの仕組みが乗っ取ってしまう。進化か、あるいは家畜か、人類は重要な分かれ道に来ている

posted at 23:38:38

―――――――――――――――――――

朝日新聞記事 <韓国の放送局、社長退陣求めスト 「政権批判できない」> 権力べったりの朝日がよくも書いたと思った。 少し考えてみて 朝日が建前上しめす政権とは政治家や与党の事。 でも朝日新聞はいつも本当の政治権力である日銀と役人の仲間。権力の中心である。

posted at 23:59:34

―――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

竹原信一 takeharasinichi 氏

2012年02月01日(水)  のtweets より

http://twilog.org/takeharasinichi/month-1202/asc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

―――――――――――――――――――

学校でやっているのはヌケガラ教育である。金持ちが決めた常識に従って金持ちが求める答えを早く出す。それが学校教育の目的。 [Like it? http://bit.ly/yu8MCg ]

posted at 08:02:32

―――――――――――――――――――

公務員は組織的にどろぼうをする。これはおカネの意思。倒産しないから手口は洗練され悪質化する。集団の主義によって思考と良心を停止させる。その姿は彼らが見下している脳なし議員たちと同じ状態なのだ。http://blog.livedoor.jp/jijihoutake/archives/53636241.html

posted at 08:53:09

―――――――――――――――――――

私物BIS(決済銀行)の意思がおカネの意思。負債を負わせて人類を奴隷化する。人間たちはあまりにも単純なこの仕掛けに気づかない。 [Like it?http://goo.gl/74eXd ]

posted at 10:28:55

―――――――――――――――――――

戦争、教化(教育)、洗脳(報道)、病気(医療)、飢餓(経済)、政治腐敗などのすべてはおカネの意思、すなわちBIS(決済銀行)の意思である。

posted at 10:34:44

―――――――――――――――――――

人びとは、自分と言う担保を取られておカネの世界に参加する。このおカネに関わりを持つというのは、BISを崇める信者になるという事のようだ。BISは残忍な神である。

posted at 10:45:14

―――――――――――――――――――

金銭に誘惑されるのは、おカネの汚れた正体が分かっていないからだと思う。根性の腐ったバカ女(男)であることを知れば、それほどの誘惑力を感じないのではないだろうか。その場合でも魅力ではなく、恐怖心からは動かされるかもしれない。

posted at 10:52:20

―――――――――――――――――――

公務員がおカネの意思で動く状況というのはすなわち、公務員全体が独占私物企業であるという事だ。この陰謀集団に対しては、一般国民は騙されたふりをしていなければ餌食にされる可能性が高い。

posted at 12:33:17

―――――――――――――――――――

国家は本質的に国民に対する陰謀なのではないか。日銀の略奪を支える。

posted at 12:43:15

―――――――――――――――――――

国家に善意は通用しない。国家は偽善である。 [Like it? http://shrtn.us/i7hm ]

posted at 12:47:22

―――――――――――――――――――

住民が議会の真実をほとんど知らないので、おかしな議会が延々と続いてきました。議会の常識は世間の非常識というのは本当です。

posted at 14:29:08

―――――――――――――――――――

実際には議員たちのやることは、職員と裏でてを握る、抜け駆け競争ぐらいなのです。

posted at 14:31:48

―――――――――――――――――――

人類が戦うべき社会の本丸は中央銀行です。この強盗を認識し、押さえる事が出来れば世界は一変します。公務員が国民の為に働けるようになります。このままではモグラたたき。強盗の一員として次から次へと悪事をはたらく。

posted at 15:44:54

@yoshtanaka そういった事も役人がそそのかした結果です。人間が集団になったって物を考えるのは個人。誰も最後まで考えないのが議会。役人が仕組んだ通に動いています。議員たちの多くが議会規則さえも理解していない。

posted at 15:49:28

@hiromaruei 最も大切な事は政治家を支えられる住民が育っている事。日銀が皆さんの生活を押さえているのを知る事。日銀を押さえる国会に変える事。これによって世界まで変える事が可能になります。それを知ったあなたが頑張ってください。こちらこそ応援します。

posted at 16:16:26

―――――――――――――――――――

NHK総合テレビで、このICRP基準の問題に迫る、追跡!真相ファイル「低線量被ばく 揺れる国際基準」が12月28日夜10時55分~11時23分に放映されました。http://www.dailymotion.com/video/xnbmnu_yyyyyy-icrpy-yyyyyy…

posted at 19:40:07

―――――――――――――――――――

世界中のほとんどすべての問題の根源におカネの仕組みがある。借金として作られ、金利で人々に奪い合いと上納を強いる。奴隷制度だ。恐怖心と強欲を呼び起こす中央銀行システムが戦争や自然環境まで破壊している。全ての主義はこの仕組みのカモフラージュのために作られた。

posted at 19:47:58

―――――――――――――――――――

中央銀行システムの悪徳性を指摘する組織が見当たらないのは不思議な感じがする。

posted at 19:50:43

―――――――――――――――――――

カネの仕組みを変えるだけで人々の多くの欲望が、そのままで社会を生かす力に変わってしまう。人びとがカネのためではなく、全体の未来の為に生きる事が出来るようになる。 [Like it? http://shrtn.us/iguQ ]

posted at 19:56:26

―――――――――――――――――――

借金と金利のおカネは必然ではない。悪意の強盗システムとして作られた。これは変える事が出来る。

posted at 19:58:49

―――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)