福島-Now

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Futaba town Mayor Idogawa: “I’m losing my hair and have nosebleed everyday… I aske […]

続きを読む | Continue reading about 【棄民政策】『国はアメリカにSPEEDIのデータを先に知らせて、国民にはSPEEDIのデータを提供しなかった。今もって、双葉町は、SPEEDIのデータは来ていません。ベントの連絡もなかった。』4/25井戸川・双葉町長インタビュー記事 「私は野田首相に『双葉郡民は国民だと思っていますか?』と聞いた」1/8井戸川克隆・双葉町長

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆火事場泥棒は許さん!! 農家の婿のブログ 「『食べて応援』は幻想だ」を読んで下さい。 バンビの独り言  2011年12月06日 23時04分42秒 http://blo […]

続きを読む | Continue reading about 本当に支援なんだったら、何で出荷した農家が泣いてるんだ!農家の婿のブログ【『食べて応援』は幻想】=火事場泥棒の綺麗事。米がバカ安値で買いたたかれ、食品会社・外食産業に流れ込んでいる。被災地支援は自社(企業)利益のための口実。11/12/6バンビの独り言

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆福島第一原発事故 福島県民の不安と怒り 放射能から子供たちを守れ http://www.youtube.com/watch?v=lhnJ1ibVMFM ~~~~~~~~ […]

続きを読む | Continue reading about 【子供の鼻血】食卓が真っ赤になるほど勢いよくブワッと、、、学年でも2番目に足が速かったんですが、すごく遅くなってしまった。いつも猫背になってしまって口がだらしなく開いて、寄りかかるようにしか座れなくなった。3/6週プレNEWSより、郡山市から避難の小学生の息子について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆被災地首長の納得できないこと: 無理して早く片付けなくてはいけないんだろうか。山にしておいて10年、20年かけて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。 ~~~~~ […]

続きを読む | Continue reading about 瓦礫の運び出しと焼却【動画:瓦礫利権】 国こそが、被災地の意向を無視して、税金の大量無駄遣いで瓦礫を全国に搬出・拡散・焼却をめざす。被災地を助けるなら、瓦礫は被災地での処分でそこにお金が落ちて彼らの助けになるものを、、、3/1すべては気づきより、都の焼却担当『東京臨海リサイクルパワーは、東電の子会社』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆20120224 南相馬“黒い物質”から高濃度セシウム http://www.dailymotion.com/video/xp0khw_20120224-yyy-yyy […]

続きを読む | Continue reading about 動画【南相馬“黒い物質”セシウム108万Bq/kg 】+311情報操作=全国配信「47News」のカット部分=山内教授の報告では、土壌に含まれていた枯れた植物が集まったことによって、濃縮が進んだ可能性があると指摘している。報告書で山内教授は「高いレベルの汚染で、周辺に人を住まわせてよいとは到底考えられない。2/20共同通信社

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ちほたん(・0・) @chihointokyo さんの2/19 のtweet @touchianllove これは氷山の一角。まだ避難できないマトモな神経の人を疲弊させ、安心 […]

続きを読む | Continue reading about 脅しか、移住・疎開禁止令? 【福島県からの脱出が保護者の努めではありません】県内外で情報を分断し反原発派を二分する ‘ふくしまで配られているチラシ’ ・・・文字起こし byちほたん(・0・) (@chihointokyo)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 中手さん「この管理区域並みの所に子供が30万人居た。      1割は脱出できたと推測するが、まだ27万人が通っている。 中手さん「子供の鼻血、体調不良は5月中心に沢山あった […]

続きを読む | Continue reading about 「避難選択権」の法制化を!【福島はいま、どうなっているのか】「子供の鼻血、体調不良は5月中心に沢山あった。政府の言葉は「直ちに健康に影響が無い」から「因果関係はあるのか」に変わった。ベラルーシの医師は「ベラルーシも酷かったが日本はそれより酷い」と。2/14 Olivenews より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 2012年1月12日 私がふくしまに暮らすということ (吉田麻里香) Senrinomichi 千里の道 Support for victims of the Tohoku […]

続きを読む | Continue reading about 【ふくしまで暮らす、ということ。】たとえば、この真っ白な雪に触れられないということ。・・・たとえば、ふくしまに「とどまれ」と言われると「人の命をなんだと思ってるんだ!」と言いたくなり、「避難しろ」と言われると「そう簡単に言うな!こっちにも事情があるんだ!」と言いたくなってしまうこと。 たとえば、明日にはこの家を遠く離れるかもしれない、と毎晩考えること。 たとえば、それでも明日もこの家で暮らせますように、と毎晩祈ること。 1/12吉田麻里香ノートより