地震・災害・気候変動

~~~~~~~~~~~~~~~~ 地殻が割れる岩石破壊によって、電磁波が発生 ~~~~~~~~~~~~~~~~ 1.動物は電磁波によって地震を予知。 中国: 動物行動による地震予知の研究から1975年2月4日の海城地震( […]

続きを読む | Continue reading about 電磁波で【脳は地震を予知する!=『脳センサー』耳鳴りと地震予知】地震に先立つ地殻変動時の岩石破壊によって、電磁波が発生し、動物の異常行動と人間の体感異常をおこしていた。 2007/10/6ブログ『探求三昧 by N.Momose』 より+耳鳴りがピタリと止まる方向が震源方位?

~~~~~~~~~~~~~~~ スクランブル 謎の雲で地震予知 ~~~~~~~~~~~~~~~ 11oomac さんが 2012/01/14 にアップロード ~~~~~~~~~~~~~~~ 大気重力波による『さざなみ雲』 […]

続きを読む | Continue reading about 【動画:謎の雲で地震予知】的中率75%:大気重力波による『さざなみ雲』と、高温になっていた(-40°→+16°)震源地上部の『うごかない雲』 1/15

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 現代地震学には大きな間違いがあります。   一つは断層が動くことが地震であるという断層地震説です。 地震は地下で起きる爆発現象です。しかし、ダイナマイトや爆弾のような爆 […]

続きを読む | Continue reading about 動画【地震が起きる本当の理由:石田理論解説1~9】地震は地下で起きる爆発現象。水が熱解離して出来る酸素と水素の混合ガスが爆縮反応と言う化学反応を起こして¬いる。 石田昭・石田地震科学研究所 isshy9960 さんが 2009/02/10~14 にアップロード

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 同一地点で26回も余震が起こる理由-完全破綻した地震学 http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/1405.html 投稿者 水素爆発説 […]

続きを読む | Continue reading about 【破綻した地震学=同一地点(同緯度・同経度)で反復する地震・余震の不思議】地震のメカニズム=定説の物理的『ひずみ』の解放では、311以降の数十回も繰り返される同一地点・地域の地震は説明できない。いったん起きたら、地殻の『ひずみ』は解放される。余震はより規模が小さいものが数回の程度であるはずだ。2011/3/30水素爆発説さん阿修羅掲示板 投稿より

~~~~~~~~~~~~~~~~ 定点・(同緯度・同経度)反復人工地震データ 3.11人工地震テロを研究するスレッド 親子丼掲示板 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/20 […]

続きを読む | Continue reading about 【資料:定点(同緯度・同経度)反復人工地震データ】こんな自然地震があるわけない。 2011/3/21親子丼掲示板 [3.11人工地震テロを研究するスレッド] wombatさんの投稿より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ =二酸化炭素貯留実験に関する質問主意書= 平成20年第169回国会 風間直樹参議院議員 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 米国内などで、二酸化炭素注入実験によ […]

続きを読む | Continue reading about 【資料:CO2貯留実験に関する質問主意書=国会質疑】平成20年第169回国会 風間直樹参議院議員・・・平成12年3月新潟県長岡市でのCO2圧入実証試験の実験開始から半年後の平成12年10月に中越地震が、また終了から半年後の平成17年7月に中越沖地震が発生した。いずれの震源地も貯留地点よりほぼ20キロの箇所である。+福田首相答弁・・・圧入の地層と震源の地層とは連続性がなく、CO2圧入による影響が地震の震源まで及んだとは考えられない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 新潟の地震が、CO2を地中に封入する実験で引き起こされたのではないかと国会で追及した議員がいた。『帯水層に高圧の二酸化炭素を封入し、地下水に溶解させて貯留する手法。帯水層中 […]

続きを読む | Continue reading about 【地中にCO2や汚染水の注入で起こる連続地震】実例:2011米オハイオ州+1962-65米コロラド州・・・福島では、二酸化炭素が地中に注入されていた。低気温のエクスタシーより+福島の連続地震の原因の可能性1/9 すべては「気づき」より

3/8 の終わりから、2.5Hzの中心を持つ強烈な電磁波が現れ、3/11のUT9:00=日本時間18:00まで、続いていた。

続きを読む | Continue reading about 再掲載【地中と、大気・電離層の相関関係:地震予知の可能性】 M9の地震の前に、震源地・上部の電離層の全電子量が劇的に増加し、地震が襲った最大3日前まで最大に達した。