チェルノブイリ

【お知らせ】超教派の集い:「子どもたちの未来への責任」 放射線被曝による健康被害と、再稼働問題に対して、宗教者がすべきことは何か? 平和活動と反核運動を通して、私が1979年春に出会った敬愛する中嶌哲演さん(若狭・小浜の […]

続きを読む | Continue reading about 被曝から子どもを守る!【学習会と「経産省への申し入れ」行動のお知らせ】主催:原子力行政を問い直す宗教者の会:1月8日、日本聖公会東京教区聖アンデレ教会。翌9日は日本聖公会東京教区神田キリスト教会にて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 安保隆(再稼働阻止・反TPP・脱依存) ‏@AmboTakashi 【不審】栃木県大田原市の中学生の5人に1人が「高血圧」と判明:http://alcyone-sappo […]

続きを読む | Continue reading about 栃木県大田原市・高血圧中学生5人に1人【ヤブロコフの研究報告群】セシウム摂取で傷つくのは心筋だけではない。放射線によって血管が傷つけられ、弾力性を失って硬直肥大化する。中枢神経の発達にも悪影響(→知能低下)。若年者にして動脈硬化の症状(→高血圧)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 原発というのは、『原爆の代替品』 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 『原発は使える核兵器』 テロリストが暴走させたり、直下で地震起こしたら、それまで。 原爆落とす […]

続きを読む | Continue reading about 原発は『原爆のかわり』【使える地雷型核兵器】原爆は非人道的と「批難」されるので落とせないが、原発が爆発したといえば「災難」で済む。テロで破壊・暴走させたり、直下で地震が起きたら、それまで。2010/03/24(新) 日本の黒い霧 311前年の警告!・・・原発事故は自爆テロ・再稼働はその準備!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ アメリカ西海岸で福島原発後、1万4千人の過剰死が起きたとの学術誌で発表。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ チェルノブイリ原発事故後、様々な疾病に […]

続きを読む | Continue reading about 子供の甲状腺検査【5.1mm以上の結節26/3765=150人に1人】再検査2年後では癌が何百倍の増殖後で手遅れになるケースでは?20mm以上の嚢胞1,117/3765=3.5人に1人。アメリカ西海岸で福島原発後1万4千人の過剰死が起きたとの学術誌で発表。免疫力低下が起こり、感染症の重症化が起こる。2/28エビデンスに基づく考察より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 放射性セシウムが人体に与える医学的生物学的影響(2) ― チェルノブイリ原発事故被曝の病理データ/ユーリ.I.バンダジェフスキー/合同出版/2011年 言葉の体験記 2012/1 […]

続きを読む | Continue reading about チェルノブイリ原発事故被曝【突然死したゴメリ州の患者の99%に心筋異常】心臓中の137Cs濃度は136.8±33Bq/㎏・・・チェルノブイリ原発事故被曝の病理データ/ユーリ.I.バンダジェフスキー/合同出版/2011年 1/19言葉の体験記より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆必要な情報はすべてベラルーシにある ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ zuttimo さんが 2011/07/06 […]

続きを読む | Continue reading about 【動画:必要な情報はベラルーシにある】チェルノブイリ後の肢体不自由児の増加を IAEA,OECD,WHO,ICRP,UNSCEARは無視。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ チェルノブイリ、そして福島で今起こっていること ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ sachi011522 […]

続きを読む | Continue reading about 【動画:チェルノブイリ、そして福島で今起こっていること】オーストラリアの小児科医・医学博士ヘレン・カルディコットさんのカナダでの講演

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆     その日のあとで ~フクシマとチェルノブイリの今~ (1)- (4) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Luna […]

続きを読む | Continue reading about 【動画:その日のあとで~フクシマとチェルノブイリの今~】2011/6/26 漏れ続けている、目に見えない放射能とともに、どう生きるのか