冤罪・共謀罪・監視法

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【TPP導入で、米国流「強きを助け、弱気をくじく」凶暴な強奪司法がなだれ込む。】 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆ For iPad,iP […]

続きを読む | Continue reading about 再掲載【動画:#TPP導入で、米国流強奪司法がなだれ込む】日本政府、企業、個人が、米国巨大企業に訴えられ、米国で裁かれる。11/5 山崎淑子 @真相JAPAN・第四回勉強会「TPPによる日本再占領と崩壊する世界秩序に立ち向かう知恵」より+安部芳裕氏「TPP 22の真実」【初掲載2011/11/8 00:34】

~~~~~~~~~~~~~~~~ 【代表Column】 秘密保全法批判 まとめ 処罰範囲を不明確かつ広範にする、曖昧かつ広範な「特別秘密」の概念が、ジャーナリズムを縛る。 福島原発事故直後、放射性物質の飛散情報を隠し、多 […]

続きを読む | Continue reading about 言論弾圧【共謀罪を先取り?】国民が知るべき情報が隠されてしまう『秘密保全法』・・・取材及び報道に対する萎縮効果が極めて大。漏洩行為や、「特定取得行為」と称する秘密探知行為についても独立教唆、扇動行為、共謀行為を処罰しようとしている。1/11 日弁連会長声明 より・・・曖昧かつ広範な「特別秘密」の概念が、ジャーナリズムを縛る。

◆100304 指宿信 教授「冤罪防止・誤判原因究明」   ◆100304 村岡啓一 教授「取調の問題+弁護過誤」   ◆100304 ひとこと=杉山・桜井・菅谷・指宿 Tweet

続きを読む | Continue reading about 2010/3/4 日弁連 「冤罪・誤判の防止」

2005年、都内に住む一人の日本人女性が突然、自宅で検察官に拘束され、東京拘置所に収監された。
身に覚えのない容疑に、彼女は拘置所から無実を訴えたが、アメリカ政府に引き渡された。
日本の法務省、検察庁、そして東京高裁は、アメリカ政府の言い分を検証しようともせず、彼女を「逃亡犯罪人」として引き渡した疑いが浮上した。

続きを読む | Continue reading about 動画【911被災者の冤罪引き渡し事件・検証報道】『私は無罪!』=『弁護士との共謀罪』で米国へ送られた日本人の悲劇 2009/4/26放送

~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「共謀罪」を国際公約 政府が5月まで法整備を伝達。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~ prisonopera 【野田政権がTPP、増税に続いて『共謀罪』を国際社会に公約!これは大変だ […]

続きを読む | Continue reading about 【野田が進める共謀罪とは?】「国にとって都合の悪い人物を、国の好きなように逮捕・拘束する」ことが可能であり、それが目的なのである。この共謀罪を適用することにより、市民運動や抗議運動をしようとする人々を、正当に合法に逮捕することができてしまう。「すべては気づき」さんのサイト記事より、全文転載。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【代表Column】 ■    911冤罪被災者の日米冤罪引き渡し事件・memo   911後、ウサマ・ビン=ラディンが指導したイ […]

続きを読む | Continue reading about 竹原信一氏10/30講演「国家は民主主義を嫌う」…【国家は国家側の犯罪者を守る】公務員は国家の命令で国民を拘束し、縛り上げ、投獄して処刑する。本人の人間性など関係ない、公務員は国家に逆らう国民を処刑してしまう身分 – 竹原信一氏の10/14.16のtweets より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Yamashita_yさんの TweetDeck より http://www.tweetdeck.com/twitter/crusing21/~ […]

続きを読む | Continue reading about 覚えておこう【サイバー冤罪の可能性】(ネットで「倒れ公妨」も可能?)第三者のパソコンにウイルスを仕掛けて遠隔操作し、そのパソコン経由で不正アクセス。=八千代銀行(東京)のネットバンク詐欺事件「通販会社の銀行口座から無断で現金が送金された」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Sarah Yamasaki 山崎淑子 prisonopera の 2011年10月17日(月) の tweets より http://twilo […]

続きを読む | Continue reading about 【米政府による外国人“拉致”事件は現代も続いている!】911後の世界各地で起こっている米国による外国人(秘密基地への)“拉致・不当逮捕・拘束”事件とは?=【対テロ戦争rendition「令状なしの拘束」の不条理】を著述した元共同通信ワシントン支局長の春名幹男氏(CIA『秘密のファイル』著者):「米軍キャノン機関による、鹿地亘氏の拘束と解放」について→神宮外苑の路上を散歩して、戦後GHQによる占領時代を思う-10/17山崎淑子のtweetsより